*

セキュリティ

AvastのSafeZone Browserをアンインストールする方法がわからない!

投稿日:

SafeZone Browserは個別でアンインストールが出来ない

Avast製品を使っている人で急にデスクトップにアイコンが増えているという状況に
なったことはありませんか?

以前ちょっとしたバグでAvast製品を使っている人に勝手にブラウザソフトが
インストールされるということが起こりました。

まあインストールされたブラウザソフト自体は普通にサービス提供されている商品で
何も問題のあるソフトではないのですが・・・

普通、いきなりインストールされると何のウイルスかと思いますよね?
しかもそれがウイルス対策ソフトで有名なAvastの商品なのですから・・・

ただちょっとした問題点としてはこのソフト、アンインストールの方法がわかりにくい
ということです。

勝手にインストールされたのですがアンインストールしたくても出来ないという
状況になった人も多いかと。

そこでSafeZone Browserのアンインストール方法を解説したいと思います。
実はこのソフト、単体でコントロールパネルから消去が出来ないのです。

その理由も含めてまずはSafeZone Browserというソフトについて確認してみます。

独特な機能がついたブラウザがSafeZone Browser

まずAvastといえば有名なのはウイルス対策ソフトで、しかも無料で使える
という大きな魅力のあるソフトを提供しています。

インターネットセキュリティという有料のソフトを提供しているのですが
その一部の機能が使えるソフトを無料提供しています。

それが無料アンチウイルスというソフトです。

主な機能はウイルス検出で、他にはほとんど機能がないのですがウイルス対策として
無料で使えるという魅力はとても高いと思います。

そのインターネットセキュリティに付属しているのがSafeZone Browserという
ブラウザソフトなのです。

つまりウイルス対策ソフトの機能の一部として提供されているブラウザソフトです。
このSafeZone Browser単体でインストールすることは普通はできなくなっています。

そしてブラウザソフトとしては珍しい機能も搭載しているので一部の人では
ちょっと有名なソフトでした。

まずは簡単にSafeZone Browserの機能を確認してみます。

多彩な機能があるが拡張ができないブラウザソフト

SafeZone Browserの標準装備の機能として広告ブロック、フィッシング対策があります。
これらの機能が使えるブラウザはありますが、標準装備というのは珍しいかと。

この辺りはさすがセキュリティソフトで有名な会社のブラウザソフトだな、という
印象です。

まあ広告ブロックはやりすぎるとかなり重たくなるというデメリットもありますが。
それに一部サイトでは広告を見ないとサイトに入れないという所もありますし。

後は珍しいところではYoutubeの動画ダウンロード機能があること。
Youtube限定ですが好きな動画をダウンロードして保存できます。

ただしブラウザにFlash Playerがないので別途インストールする必要がありますが。

悪い方の特徴としてはブラウザに拡張性がないこと。
拡張機能のダウンロードが無いので標準装備の機能以外に使えません。

それに他のブラウザソフトに比べるとちょっと重たく感じること。
IEに比べると軽量なのですがGoogle Chromeよりもかなり思いと感じました。

セキュリティの面では確かに高い性能があると思いますが、普段使うブラウザとしては
ちょっと使いにくいかな?という印象です。

SafeZone Browserをアンインストールする方法

では実際にSafeZone Browserをアンインストールする方法を確認してみます。
先程書いたようにこのソフトは普通単体でインストールが出来ません。

そのためにコントロールパネルのアンインストールには表示されません。
ではどうすればいいのか。

Avastのソフトの一部としてインストールするのが普通なのでそちらのソフトの
設定を変更するという形でアンインストールするのです。

多分勝手にインストールされた人も無料アンチウイルスなどを使っていたはずです。
人によっては有料のインターネットセキュリティを使っていたかも。

SafeZone Browserをアンインストールするにはそちらのソフトの設定変更をする
という手順が必要になるのです。

コントロールパネルで「変更」を選ぶ

実際にアンインストールする手順を追ってみましょう。
まずはコントロールパネルでAvastのソフトを見つけます。

無料アンチウイルスやインターネットセキュリティを見つけたら、そのソフトを
「変更」すると選びます。

ボタンがアルバイト右クリックからのプルダウンメニューで選ぶ場合があるかと。
メニューで選ぶ場合には削除を選ばないように注意しましょう。

アンインストールや削除を選ぶとセキュリティソフトごと全部を削除されます。
ここでは変更を選びましょう。

Avastのウィザードでも「変更」を選ぶ

多分これでAvastのアンインストールウィザードが起動していると思います。
そしてここでもメニューがいくつかありますが、選ぶのは「変更」です。

やはりアンインストールを選ぶとセキュリティソフト自体をアンインストールするので
注意が必要です。

変更を選ぶとソフトの機能としてインストールされているプログラムがでます。
ここでインストールするソフトを選ぶことが出来るのです。

つまりこの中からインストールしないソフトを選べばアンインストールができる
ということになります。

多分SafeZone Browserもあると思うので今度はチェックボックスのチェックを外して
最後に変更を選びます。

再起動して終了

変更を選ぶとパソコン本体の再起動がかかります。
これで再起動した時にはSafeZone Browserがなくなっているはず。

OSのバージョンが違う場合はボタンやメニューの言葉が違うかもしれませんが
基本的な方法はこれと同じはずです。

ただ一部の本体ではレジストリの完全消去と復元に失敗するようで、アンインストールが
出来ないという報告もありました。

この場合はレジストリまでの完全生経ができるフリーソフトがあるのでそれを使って
消去を試してみましょう。

Operaを使っている人は注意

普通にアンインストールができる場合でも一部、というかOperaを使っている人は
SafeZone Browserのアンインストールに注意が必要です。

実はOperaとGoogle ChromeとSafeZone Browserは同じオープンソースを使った
ブラウザなのです。

簡単に言うと基本的なプログラムが一緒の兄弟ソフト、というところでしょうか。
そのために一部では同じ認識をしてしまうようです。

つまりSafeZone BrowserをアンインストールするとOperaで使っている
プログラムも一緒に削除されてしまうのです。

当然消されてしまったデータを復旧することは出来ないのでOperaを使うには
再インストールが必要になります。

一応Google Chromeではそんな報告がないのですが、Operaを使っていたユーザーから
その様な報告があったのでアンインストールの時には注意しておきましょう。

現在はSafeZone Browserのダウンロードが出来ない

色々とお騒がせなことをしていたSafeZone Browserですが、現在ではダウンロードが
できないようになっています。

Avast側でも提供を停止していると発表しています。
その理由は単純に次のブラウザソフトが提供されているから。

新しいソフトはSecure Browserというソフトで、こちらは単体のダウンロードにも
対応しています。

単体ソフトとしてインストールされるのでアンインストールも普通に出来るので
ちょっとは安心できると思うのですが・・・

実はこちらのSecure Browserにも色々と問題点がありそうです。
ちょっとそちらも確認してみることにしましょう。

Secure Browserも勝手にインストールされる?

Avast関連の口コミを調べてみるとやはりセキュリティソフトのアップデートで
勝手にブラウザソフトがパソコンにインストールされることがありました。

新しくなったSecure BrowserもSafeZone Browserと同じ様に知らない間に
インストールされたということが起きたようです。

しかもSecure Browserはスタートアップに登録までされるようで、パソコンを
起動すると勝手にブラウザも起動するようになっていました。

まあ普通に考えるとこれ、ウイルスと同じですよねえ・・・
ちなみに無料アンチウイルスを使っている人でもインストールされたようです。

宣伝行動の一つ、ということなのでしょうがAvastにはかなり批判も集まったようで。
ただ英語なので全部はわからないのですが。

一応Secure BrowserはほとんどGoogle Chromeと同じ作りになっていて
追加機能もGoogle Chromeのものが使えるようです。

宣伝方法には疑問が残りますが、ブラウザソフトとしてはそれなりに使いやすいという
評判も聞くことが出来ました。

私自身の感想を言えばあまり使いたくないと思ってしまいますが。

Secure Browserは普通にコントロールパネルから削除可能

アンインストールに関してもSecure Browserはとても簡単です。
単体のソフトとしてインストールできるのでアンインストールも単体でできます。

つまりコントロールパネルからアンインストールができます。
確認メッセージなどが妙に未練たらしいのがちょっと気になりますが。

アンインストールも含めた使いやすさはこちらのほうが高いと思いました。

SafeZone Browserがアンインストールできない

パソコン初心者の方は勝手にインストールされるブラウザに対応ができない
という方も多いようです。

知恵袋などの質問を見てみると同じ様な質問が多く見られました。
それがSafeZone Browserのアンインストールが出来ない、ということ。

まあウイルス対策ソフトを入れたらブラウザが変わった、というのは確かに変な話で
しかもそのブラウザをアンインストールする方法がわかりにくいのですから。

一応基本的にはコントロールパネルの設定変更から削除できるのですが、初心者は
コントロールパネルの使い方もわからないという場合も多いようです。

特に設定変更をしてから再起動、と説明されると変更の確定をせずに再起動してしまう
という人も多くいました。

注意点としてはコントロールパネルの設定を変更したら「変更」などのボタンを押して
変更の確定をすることです。

レジストリをいじるようなソフトの削除ではパソコンが勝手に再起動をかけてくれます。
自分で再起動をする必要がない場合がほとんどです。

そしてアンインストールが終わっていないのに本人だけ削除した気になっていて
アンインストールしてもブラウザが消えない、と言っているのです。

まあ勝手にインストールしてスタートアップやいつも使うブラウザに設定する
というのはあまりいい方法だとは思えませんが。

Avastの無料アンチウイルスのような無料のソフトは基本的に自己責任で使うことが
必要なので初心者にはあまりおすすめできません。

パソコンの取り扱いに自身がなければサポートのしっかりした日本製のソフトを
使うようにしましょう。

-セキュリティ

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.