*

WIFIの知識

Wi-Fi Directって何?どんなことが出来るの?

投稿日:

Wi-Fi Directを使えばルーターを使わずにWi-Fi対応端末をつなげる

Wi-Fiはスマホを始め多くの端末で使われている機能で、今ではこれがないと
ネットワークに接続するのも大変と言われています。

実際にスマホなら家庭内のインターネット回線だけではなく、カフェなどに設定してある
公衆無線LANスポットなどを使うのにも利用しているはず。

ただWi-Fiの機能を全て使いこなしている、と言える人は少ないと思います。
Wi-Fiにもあまり知られていない機能がいくつもあるのです。

その1つがWi-Fi Directという機能ですが、これを使っている人はいるのでしょうか。
聞いたこともない、という人は・・・まあいるかも知れませんが。

聞いたことがあっても、実際にどんな機能なのかは知らないという方も多いのが
このWi-Fi Directという機能です。

簡単に説明すると端末同士を直接Wi-Fiで接続できる機能、ということになります。
ではその機能を使ってどんなことが出来るのか、詳しく説明していきます。

Wi-Fiルーターを中継せずに端末同士を接続できるのがWiFi Direct

Wi-Fi Directを簡単に説明すればWi-Fi対応端末同士を直接接続できる機能
ということになります。

そもそもWi-Fiというのは無線LAN規格のひとつなので対応端末同士を
LAN接続することが出来る、というのは基本的な機能です。

でもWi-Fiで無線LANを構築するためにはWi-Fiルーターを中心にして
ルーターに繋がった端末同士がネットワークを作る、という構図になっています。

つまり端末同士をつなげるためには一度ルーター、Wi-Fi中継機を経由している
という状況なのです。

でもWi-Fi Directならこの中継機を使わずに端末同士で直接つながることが出来る
ということになります。

Wi-Fiルーターがない状態でも端末同士をつないで直接データのやり取りができる
それがWi-Fi Directという機能なのです。

どんな時にWi-Fi Directが便利なのか

ではどんな時にWi-Fi Directを使えばいいのか。
便利だと感じるのはどんなときなのかも考えてみます。

単純に考えるなら屋外でデータのやり取りが必要になった時。
画像程度なら赤外線でも通信できますが、もっと大きなデータでは難しいです。

ノートPCやタブレットPCのデータを安全にやり取りするために便利です。
ちなみにBluetoothよりもWi-Fiのほうが転送速度が速く多少の距離が開いても大丈夫。

それにネットワークに参加していない端末からプリンターを使いたい場合など
ネットワークに参加させずにプリンターだけを使うこともできます。

大きなデータのやり取りができる、というのは意外に便利だと思うのですが。

Wi-Fi Direct対応端末が1台あれば使える

では実際にWi-Fi Directを使う場合にどうすればいいのか。
使い方を見てみることにしましょう。

まずは当然ですがWi-Fi Direct対応の端末が必要です。
ただどちらの端末も対応している必要はありません。

Wi-Fi Direct対応端末が1台あれば、もう一つの端末は単にWi-Fi機能が
ついていれば問題ありません。

スマホの中にある写真をプリントアウトする時にスマホにWi-Fi Directがなく
プリンターにWi-Fi Directの機能があれば問題なく使えます。

Wi-Fiを使って一時的なネットワークを作るのですが、そのどちらかに
Wi-Fi Direct機能があれば使えるという手軽な機能なのです。

現在Wi-Fi Directは1対1が基本ですが、複数の端末を接続できるものもあります。
その場合でも中継点代わりなる1台があればいいので全てが対応する必要が無いのです。

Wi-Fiの接続設定から使う

Wi-Fi Directを使って接続する方法ですが、基本的にはWi-Fi設定から行います。
対応している端末ならメニューからWi-Fi Directが選べるはずです。

これで接続できる機器が表示されるので、それを選べばいいのですが接続先の端末で
認証をする必要があります。

Wi-Fi Directでの接続を選んだ時にSSIDと暗号キー、パスワードが表示されるはず。
これを接続先の端末に入力することが必要です。

一度入力してしまえばその後は自動接続できるものも多いのですが。
ただWi-Fi Directの場合、接続のたびに暗号キーが変わる商品もあります。

正しくSSIDとパスワードを入れればすぐに接続が出来るようになります。
接続方法もWi-Fiルーターと変わらないのでわかりやすいと思います。

Wi-Fi Directのメリットとデメリット

ではWi-Fi Directのメリットとデメリットはどんなことがあるのでしょうか。
まずメリットとしてはかなり手軽にデータのやり取りができます。

無線LANを使ったデータ通信の方法としては以前にもアドホックという方法が
あったのですが、こちらはとても難しいものでした。

それに比べるとWi-Fiルーターと同じ様な設定ですぐに端末同士で通信ができる
というのはとても魅力的に感じます。

そしてBluetoothよりも大容量のデータ通信ができるのも魅力的です。
同じく無線LAN規格の1つ、Bluetoothは短距離の通信に特化した規格です。

今ではヘッドホンやスピーカー、マウスやキーボードなどに多く使われていますが
通信できる距離が短くデータ容量の少ないものが主流です。

これよりも安定して大容量のデータ通信ができるので一時的な接続にはとても便利で
使いやすいのがWi-Fi Directです。

Wi-Fiルーターがあれば必要ない?

一時的な1対1のデータ通信をするには便利なのですが、別の考え方をすると
Wi-Fiルーターのネットワークの一部を切り取っているだけという状況でもあります。

つまり現状Wi-Fiルーターでネットワークが出来ているならわざわざWi-Fi Directを
使う必要がないということ。

外部の端末をネットワーク参加させたくない、という場合でも最近のWi-Fiルーターは
ゲスト用のSSIDを使える商品が多くあります。

そこでお互いに接続してしまえば元のネットワークに参加させずにWi-Fi接続する
ということはできる様になっています。

つまりWi-Fiルーターがない、という状況以外ではあまり使う機会の少ない技術
という印象も強いです。

対応商品がひと目でわからない

ちょっとした不便なことなのですが、Wi-Fi Directの対応商品はパッケージからでは
わからないというのがちょっと不便です。

例えばWi-Fi規格の適応商品はパッケージ等にもWi-Fiマークが入っています。
最近では対応しているWi-Fi規格もわかるようになりました。

このように適応規格ならパッケージ等ですぐに確認ができる様になっているのですが
Wi-Fi Directではその表記がありません。

つまり使ってみないとわからない。
一応Androidならバージョン4.0以降は標準装備されているはずですが。

まあ現状では多分一番使うのがプリンターなので、こちらの対応は購入前に
確認をしておくほうがいいと思います。

アプリを使ってWi-Fi Directを使う

あまり複雑な手順を必要としないWi-Fi Directですが、もっと簡単にデータ転送を
したいというならアプリの利用という方法もあります。

最近のスマホアプリではWi-Fi Directのような電波を使ったデータ通信を纏めてできる
転送アプリが多くなっています。

これを使えばパスワードの入力がQRコードの読み込みでできるようになるので
スマホ同士のデータのやり取りが更に簡単になります。

ただしアプリの場合はアプリが使える環境が必要です。
つまりパソコンやスマホ以外と通信するときには使えないということ。

プリンターにアプリを入れることが出来ないのでこちらでは使えないということに。
テレビにもWi-Fi対応機種はありますが、これも使えません。

スマホで撮った写真をパソコンに移したいと言う時には便利ですが・・・
利用できる状況がかなり限られるアプリという印象です。

プリンターは専用のアプリがある

ただプリンターの場合はメーカーがスマホ用に簡単に設定ができるアプリを
提供している場合もあります。

こちらはプリンター専用のアプリで、Wi-Fi Directに対応しているプリンターの
接続設定をかなり自動的に行なってくれるものです。

元々Wi-Fi Directがよくわからない、という方はプリンター専用のアプリを使えば
とても簡単に接続設定ができます。

プリントアウトのためだけにアプリを入れるということになりますが、どうしても
Wi-Fi Directの設定がうまくいかないと言うならこちらのアプリもおすすめです。

アドホックとWi-Fi Directの違い

限定された通信、ということでアドホック通信との違いについても説明します。
アドホック通信も端末同士を直接通信する方法の一つです。

アドホック通信自体はWi-Fi Directより前にあった技術で、今でも一部の
携帯ゲーム機では使われています。

無線を使った接続方法という意味では同じなのですがアドホック通信の場合P2P技術を
使っているので相手のIPアドレスを直接入力する必要があります。

一応自動的に入力する事もできるのですが、こちらはお互いの端末がそれぞれ
アドホック通信に対応していることが条件になります。

でもWi-Fi Directでは本体内に仮想アクセスポイントを作るので、どちらかの端末が
対応していれば後はWi-Fi接続させるだけでいいのです。

端末を選ばない手軽さ、という意味ではかなり使いやすくなったのがWi-Fi Directです。

Wi-Fi Directを利用中はネット接続が出来ない

Wi-Fi Directの質問を見てみると、接続方法などで悩んでいる人がおおくいました。
仮想アクセスポイントへの接続がわかっていないという人も多いようで・・・

Wi-Fi DirectはWi-Fi対応端末同士を直接接続できるのですが、方法として端末内に
仮想ルーターを作るという方法を行っています。

つまりつなげる方は仮想アクセスポイントへの接続が必要で、勝手につながるわけでは
無いのです。

当然Wi-Fiルーターと同じようにパスワード、暗号化キーなどが必要です。
その入力もしっかりと行いましょう。

それとWi-Fi Directはテザリングと同じものと勘違いしている人もいました。
テザリングのように仮想Wi-Fiルーターのようにはなりません。

Wi-Fiを使って端末同士の通信をしているので、インターネット接続ができなくなります。
Wi-Fi Directを使っている時にネットへの接続は切断されています。

まあWi-Fiルーターに接続していた電波で端末同士の通信をしていたので当然ですが。
ネットに繋ぐ時にはアクセスポイントの接続し直しが必要です。

それとプリンターなどのファームウェアは最新版を使わないとWi-Fi Directが正常に
動かなくなる場合もあるようです。

そちらの確認も忘れずに行いましょう。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.