*

WIFIの知識

ルーターのパスワードを忘れてしまったらどうする?

投稿日:

ルーターのパスワードは調べることができる

固定回線のインターネット使う場合、パソコンなど有線接続が出来るものなら
パソコンにプロバイダ接続のパスワードを入れておけばすぐにネット接続できます。

でも今はスマホでインターネットをする人も多く、この場合は固定回線に直接
接続ができないのでWi-Fiルーターを使うことになります。

スマホだけではなくタブレットPCやノートPCなども接続できるのでWi-Fiルーターは
かなり便利なのですが・・・

接続するためのパスワードを忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

Wi-Fiルーターは電波を使ってLAN接続をするために周囲に広く電波を出しています。
それを拾うことができれば誰でもネット接続できてしまうということに。

そこで防犯なども含めてWi-Fiルーターに接続するためにはパスワオードを
入れる必要があるのですが・・・

万が一、そのパスワードを忘れてしまった場合にはどうすればいいのか。
実はWi-Fiルーターのパスワードは意外に簡単に調べることが出来るのです。

まずは本体を確認してみる

今回のパスワードの調べ方は他人のWi-Fiネットワークに参加するための方法
ではなく、自分の購入したWi-Fiルーターのパスワードを忘れてしまった場合です。

外出先で他人のWi-Fiネットワークに入る方法ではないので間違えないように。
まずは自分がいつも使っているWi-Fiルーターの本体を確認してみることです。

基本的に購入したWi-Fiルーターの場合は本体のどこかにネットワークに
接続するためのSSIDとパスワードが記載されているはずです。

商品によってはパスワードではなく暗号化キーやKey、ネットワークKeyなどの
名前になっている場合もあります。

そしてWi-Fiルーターの本体側面や底面、スタンドの裏やスイッチ類のカバーの裏など
色々なところに記載があります。

基本的には目立たないところにシールなどで貼られているはずです。
それを見ればネットワークに参加するためのパスワードはすぐに分かります。

説明書やセットアップカードで確認する

もう一つ、簡単なパスワードの調べ方としては説明書を見るという方法があります。
基本的に説明書にはネットワーク参加のためのパスワードが記載されているはず。

説明書になければ別にセットアップカードがついています。
こちらにSSIDとパスワードが記入されています。

セットアップカードとは本体などに挿入してあるネットワーク関係のセキュリティが
書かれているカードのことです。

BUFFALOやエレコムなどの一部の商品には本体にこのカードが挿してあって
そこにSSIDとパスワード、暗号化キーなどの表記で書かれています。

本体にシールだと誰かが盗み見ることが出来るのですがセットアップカードなら
簡単に見られることもありません。

まあ他人の家に行ってWi-Fiルーターのパスワードを覚えて帰るという人が
それほど多くいるとは思えませんが・・・

メーカーによってはこの様なカードでわかるという場合もあります。

すでにWi-Fi接続している端末を使ってパスワードを確認する

長い間使っていてすでにシールに何が書いてあるかわからない状態になった。
レンタルのWi-Fiルーターなので本体にSSIDとKeyのシールがない。

説明書も見当たらないという場合、今度は別の方法でパスワードを確認することが
必要になってきます。

こんな状況の場合はすでにWi-Fi接続している端末を使ってパスワードを
確認するという方法を取ります。

ちなみにWi-Fi接続しているというのは自動接続の設定がしてあって、電源をいれれば
パスワードの入力などが必要なくネットワークに参加できる端末のことです。

更にスマホでも同じ様な設定をしている人は多いと思いますが、スマホの場合は
パスワードの表示が出来ないので調べることが出来ません。

必要なのはすでにネットワークに参加しているノートPCなどの端末です。

Windowsパソコンでパスワードを調べる場合

まずはWindowsパソコンで調べる方法を確認してみます。
OSのバージョンによって多少違うのですが、基本的な方法は同じです。

まずはネットワークと共有センターを開きます。
これはネットワーク接続していればタスクバーにアイコンがでているはず。

ネットワークアイコンを開けばすぐにネットワークと共有センターがわかるのですが
コントロールパネルなどからも開けます。

そしてWi-Fiでネットワークに接続しているならアクティブなネットワークの表示で
調べたいWi-FiルーターのSSIDが表示されているはずです。

そのSSIDをクリックするとワイヤレスネットワーク接続の状態というウインドウが
開くのでその中にあるワイヤレスのプロパティをクリックします。

ワイヤレスネットワークのプロパティが開いたらセキュリティのタブに移動して
ネットワークセキュリティキーを見ます。

現状では

など隠されているはずなのでパスワードの文字を表示するの
チェックボックスをクリックすれば文字列が見られるようになります。

これはWindows10の場合の用語で説明しましたが、他のバージョンのOSでも
だいたい似たような感じになっているはずです。

Mac OSのパソコンでパスワードを調べる場合

Mac OSの場合は標準装備されているソフトを使ってパスワードを調べます。
パスワード管理ソフトのキーチェーンアクセスを使います。

こちらはかなり簡単でソフトのキーチェーンアクセスを立ち上げて、調べたい
ネットワークを探して表示させます。

後はパソコンのユーザーアカウントに使っているパスワードを入力して
ソフトをアクティブにすればネットワークのパスワードが表示されます。

まあMac OSのユーザーアカウントを忘れてしまうと使えないのですが・・・
基本的にはパスワードを忘れないように気をつけておきましょう。

ルーターの設定画面でパスワードを確認する

最後にWi-Fiルーターの設定画面に入ってパスワードを確認するという方法も。
先程のパソコンを使う方法とこちらは自分で設定したパスワードもわかります。

基本的にSSIDとパスワードは自分で設定したものを使っているという人が多いのですが
セキュリティを考えるとパスワードを変更したほうが安心ではあります。

ただしパスワードを変更した場合は本体などに記載されている暗号化キーや
パスワードを使って新しくネットワークに参加させることができなくなります。

パスワードがわからなくなった場合のリスクも高くなるので注意が必要です。
まあ一応Wi-Fiルーターの設定画面などで変更したパスワードも確認できるのですが。

BUFFALOのWi-Fiルーターの場合

今回は大手周辺機器メーカーの1つ、BUFFALOのWi-Fiルーターのパスワードを
設定画面で確認する方法を調べてみました。

基本的に他のメーカーでも大体似たような方法で確認ができます。

まずはブラウザを使ってルーターのIPアドレスを入力します。
BUFFALOの場合は192.168.11.1です。

これでログイン画面になるのでユーザー名とパスワードを入れます。
工場出荷時の設定ではadminとpasswordです。

ただし機種によってもユーザー名とパスワードは違いますので説明書で
確認をしてから入力しましょう。

アクセスができれば設定画面になるので、ここから無線LAN設定に入り
暗号化キーを確認します。

BUFFALOの場合は暗号化キーがSSIDへのアクセスのパスワードです。

ちなみに専用ソフトを使って設定画面に入ることができる機種もあります。
スマホのアプリで対応できる場合もあるのでもっと簡単に出来るメーカーもあります。

AirMacで確認する場合

Apple社製のWi-Fiルーター、AirMacの場合はブラウザではなく専用アプリの
AirMacユーティリティを使います。

専用アプリですぐに設定画面になるので、そこからベースステーションの
パスワードの表示を選ぶだけです。

これだけでWi-Fi接続のパスワードを簡単に表示させることができます。

ルーターの設定画面のアクセスパスワードは変えたほうがいいのか?

ルーターの設定画面に入ることができればすぐにでもアクセスキーが
わかるようになっています。

パスワードを忘れたときには便利なのですが、セキュリティのことを考えると
これはかなり危険なことという印象でもあります。

BUFFALOの場合を見てもらえばわかりやすいのですが、工場出荷時の設定では
誰でも簡単に設定画面に入ることが出来るのです。

まあWi-Fiネットワークに接続している状態が他人にできるか?と言われると
難しいところではありますが・・・

SSID接続のパスワードを変更するのはちょっと怖い、という場合でも
ルーターの設定画面へのパスワードは変更しておいたほうが安心です。

ただしそのパスワードを忘れないようにしなければいけない、という別の
責任が大きくなるのですが。

インターネット接続の安全性を高めるためにはルーターのセキュリティも
高めることをおすすめします。

ルーターの設定時にはプロバイダのIDとパスワードも必要

ユーザーの質問コーナーを見てみるとやはりルーターのパスワードを忘れた時に
どうすればいいかという質問が多く見られました。

ほとんどは上記の方法で解決すると思うのですが、中にはルーターの初期設定の
プロバイダのIDとパスワードが分からないという質問も。

Wi-Fiルーターを使う場合、ブリッジモードにする場合でもネットワークアクセスの
必要があるのでプロバイダのアクセスキーが必要になります。

つまりユーザーIDとパスワードをルーターに記憶させる必要があるのです。
さすがにこれは他の方法で調べることが出来ません。

わからなくなった場合にはプロバイダに連絡して書類の再発行をしてもらう
という必要があります。

ちなみに電話で聞く、口頭で教えてもらうということは出来ません。
必ず書類で郵送になるので時間がかかります。

プロバイダからの書類は後に必要になる場合も多いのでできればきちんと保管して
なくさないようにしましょう。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.