*

WIFIの知識

MU-MINO対応の無線LANルーターを使えばiPhoneは快適に使える?

投稿日:

現在iPhoneシリーズはMU-MIMOに対応していない

自宅でパケット節約のために固定回線にWi-Fiルーターを使ってスマホを接続している
という方は多いはず。

でも実家で夜にネットをしていると遅くると感じることはありませんか?
これは単純に回線の混雑だけではなく、ルーターの性能も関係しているのです。

インターネット回線に接続する業者のプロバイダは同時に接続しようとする
ユーザーが多くなることで処理しきれなくなり、通信速度が遅くなってしまいます。

夜間の人が集まる時間帯にインターネット回線が遅くなるのはこれが理由です。
でもそれ以前に自宅の無線LANルーターも同じことが起きているのです。

家族がいない、一人暮らしという場合でもスマホ以外にBDレコーダーや
家庭用ゲーム機などがWi-Fi接続されていればルーターが混雑してしまいます。

それを解消することが出来る技術としてMU-MIMOという機能が無線LANルーターに
搭載されるようになりました。

これを使えば複数の機材を同時にネット接続しても通信速度が落ちにくいという
メリットが有るのですが・・・

実はiPhoneシリーズは現在MU-MIMOに対応していません。
つまり通信速度の低下が起きる可能性は回避できないのです。

そもそもMU-MIMOって何?

まずはこの新しい技術、MU-MIMOについて。
そもそもMU-MIMOってなんなのでしょうか?

これは英単語の頭文字を並べたもので、正式名称はかなり長いです。
マルチユーザー、マルチインプットマルチアウトプットという名前です。

まあ単純に機能を並べただけなのですが、要約すると複数の端末に別々の
アンテナを使って情報の出し入れをすることが出きる技術ということです。

無線LANルーターの商品パッケージにアンテナ数4x4などと書かれているのを
見たことはないでしょうか?

これがインプット用とアウトプット用のアンテナ数で、それぞれ別のアンテナを
使って情報のやり取りができるルーターということになります。

この別のアンテナで情報の遣り取りをする技術をMIMOといいます。
このMIMOを複数(マルチユーザー)で行える技術、というわけです。

MIMO対応のiPhoneはある

別々のアンテナを使って情報の送受信をするので、ルーターだけではなく
接続する端末もこのMIMOに対応していなければ使えません。

そしてiPhoneシリーズはこのMIMOには対応している機種があります。
技術自体は結構古いのでiPhone6以降はすべて対応しています。

確かに複数のアンテナを使い分けて情報の遣り取りをするのでルーターと
端末の間の通信速度を上げるという意味ではとても効果的です。

このMIMO自体はWi-Fi規格なら11nから取り入れられた技術なので
それに対応している端末ならだいたい使えると思います。

そしてMU-MIMOになると最新のWi-Fi規格11acで導入された技術になります。
つまり11ac対応の端末以外では使えないという状況なのです。

現在MU-MIMOに対応しているスマホはある?

かなり新しい技術のために無線LANルーターでも最新機種以外で対応している
という商品は少ないです。

当然ですが対応している子機もまだまだ少ない状態です。
スマホなら本当に一部の端末以外では対応していません。

現状ではiPhoneはまだ、SHARPの一部最新端末と富士通の一部端末が
MU-MIMOに対応しているスマホということに。

ただし今後はMU-MIMOに対応した端末も増えてくると思われます。
つまり現在無線LANルーターの買い替えをするなら対応機種がおすすめできます。

MU-MIMOにはビームフォーミングが必要

ちょっと技術的な問題になりますが、MU-MIMOを使う場合にはビームフォーミング
という技術も同時に必要になります。

複数の端末でMIMOを行う場合、どこの端末からの情報が来ているのかを
確実に識別する必要があります。

そこで通信するための電波は子機に向けてきちんと送る必要があります。
この子機に向けて電波を飛ばす技術がビームフォーミングです。

子機を狙い撃ちする技術、といえばわかりやすいでしょうか。
これがないと情報がどこに行くのかわからなくなってしまうのです。

ちなみにiPhoneシリーズはビームフォーミングには対応しています。
まあMIMOに対応しているのだから当然といえば当然ですが。

MU-MIMOのメリットとデメリットについて

では実際にMU-MIMOが使えるという場合にはどんなメリットがあり
どの様なデメリットが考えられるのかを調べてみます。

メリットに関しては考えやすく、無線LANルーターの宣伝を見ればわかります。
一度に複数の端末を同時接続できるので通信の遅延が少ないということになります。

MIMOを使っていても複数の端末が同時に無線LANルーターに接続されていれば
それぞれの端末と情報の遣り取りをするので少しはタイムラグができます。

つまり回線を切り替えながらネット接続しているのでどうしても一つずつの端末の
通信速度は遅くなってしまうのです。

他の端末がネット接続している時にはこちらの端末は接続していないということなので
それが重なれば体感できる遅延になる場合も。

でもMU-MIMOを使って同時にネット接続が出来るようになれば遅延が無くなり
スムーズにネットが出来るという感覚になります。

家族がいる状況で無線LANルーターからネット接続するならやはりほしい機能
だと思います。

MU-MIMOのデメリットとは

ではMU-MIMOのデメリットはなにかあるのでしょうか。
現状で言うなら対応している端末がとても少ないことがデメリットと感じます。

確かに魅力的な技術なのですが、子機もMU-MIMOに対応していなければ
使うことが出来ません。

日本国内でもかなりの販売数でユーザーも多いiPhoneシリーズで使えないのは
ちょっともったいないという気もします。

この状況で無線LANルーターを買い換える場合、今後MU-MIMOに対応する
端末が増えない可能性というリスクも考える必要ができてしまいます。

ルーター買い替えを悩む原因になるというのはデメリットとしては考えすぎでしょうか。

5GHz周波数帯の電波のみ対応なので電波の特性がデメリットになる

もう一つ、MU-MIMOは5GHzの周波数帯電波のみで利用できる技術です。
つまりこちらの電波の特徴がそのままMU-MIMOの特徴にもなります。

5GHzの電波の特徴としては電波干渉を起こす可能性が低いけど障害物に弱く
遮蔽物があると電波が届きにくくなる。

つまりルーターの設置場所を考えなければ電波が弱くなり、通信速度が遅くなりやすい
という特徴があるのです。

更に従来の無線LAN電波に比べると利用可能範囲が狭いという特徴もあります。
状況によってはちょっと使いにくくなってしまうのです。

MU-MIMO対応の無線LANルーター

では現在販売されている商品でMU-MIMOに対応しているのはどんなものなのか。
それぞれのメーカーの商品を確認してみましょう。

まずは無線LANルーターでは大手といえるBUFFALOの商品から。
現行の商品でMU-MIMOに対応しているのは1種類だけでした。

それがWXR-2533DHP2です。
価格は27,700円というかなりハイエンドモデルでした。

同じ機種のマイナーチェンジ前のルーターでもMU-MIMOには対応しています。
こちらの在庫を探したほうがまだ安く購入できるでしょうか・・・

11ac対応、4x4のアンテナなので最大3台まで同時接続しても通信速度を
落とさずに接続可能という魅力はあります。

ただとても高いという印象で、買い替えでこのルーターを購入するのにはかなりの
勇気が必要という印象でした。

NECのMU-MIMO対応ルーター

次にAtermシリーズを販売しているNECの無線LANルーターを見てみます。
こちらは3機種が対応していました。

Aterm WG2200HPは4x4のアンテナ装備の手頃なルーターです。
4ストリームのスタンダードモデルとして提供されています。

希望小売価格はオープンなのですが、実売価格は9,000円位とそれなりに購入が
しやすい価格帯での販売がされていました。

同じく4x4の4ストリームプレミアムモデルとして販売されているのが
Aterm WG2600HP2です。

希望小売価格は同じくオープン価格で、現状12,800円くらいで販売されています。
ただしこちらは在庫が残り少ないようで取り扱い自体も少ないです。

MU-MIMO対応のハイエンドモデルとして発売されているのは
Aterm WG2600HP3です。

WG2600HP2の純粋後継機のようで現状ではNECでは最高性能のルーターです。
価格は実売価格で14,000円位とやはりそれなりの金額でした。

IOデータのMU-MIMO対応ルーター

もう一つ、IOデータのMU-MIMO対応の無線LANルーターも確認してみます。
こちらも3種類の対応機種がありました。

WN-AX 2033GRがMU-MIMOに対応しているルーターです。
他と同じ様に4x4でビームフォーミングにも対応しています。

希望小売価格は13,100円ですが現在の実売価格は7,000円位とかなり購入しやすい
値段で取り扱われていました。

ただしこれの新型がすでに販売されています。
それがWN-AX 2033GR2です。

純粋後継機のようで基本的な性能自体は大きく変わっていませんでした。
現在の実売価格も9,000円程度と書いやすい価格も変わっていません。

別のシリーズでMU-MIMOに対応しているのがWN-AX 1167GR2です。
こちらは元々がスタンダードモデルなので使いやすい印象です。

通信速度の最高値はちょっと下がりますが、希望小売価格が8,300円と安く
かなり購入しやすい印象です。

ちなみにIOデータではPLANETのWi-Fiルーターも取り扱っていますが
こちらはすべてMU-MIMOに対応していました。

MU-MIMO対応のルーターをiPhoneで使って問題ない?

Wi-Fi接続での通信に遅さを感じる人がMU-MIMO対応ルーターに買い替えたい
と思っているという状況が多く見られます。

知恵袋などを見てもそんな質問が多く見られるのですが、基本的にMU-MIMOを
使う場合には子機、端末もMU-MIMOに対応する必要があります。

つまり現状iPhoneをMU-MIMO対応ルーターで使っても、それは普通の
無線LANルーターを使っているのと同じことです。

現状ではiPhoneがMU-MIMOに対応していないので対応ルーターを買っても
その機能を使うことが出来ないという状況です。

通信速度を速くしたいなら別の方法で見直す必要があります。
まあ出来るなら無線LANではなく有線LANで出来る限りつなぐという感じでしょうか。

ただ現状はiPhoneでも別のスマホにすぐ乗り換える、将来的にはiPhoneも
MU-MIMOに対応すると信じていると言うならルーターの買い替えもおすすめです。

実際に今の実売価格でもMU-MIMO対応ルーターは購入しやすい価格帯の商品も
多くなっています。

それに新しいルーターを購入して無駄になる、という状況もあまりないと思うので
買い替えの時期に来たと思ったらMU-MIMO対応ルーター購入もおすすめです。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.