*

WIFIの知識

マルチSSIDとは一体何のこと?

投稿日:

1つの親機で複数のアクセスポイントを使えるのがマルチSSID

Wi-Fiルーターを購入した時に、複数のSSIDがあるのを見ると思います。
基本的には本体や説明書にもアクセスポイントとして明記されています。

でもこの複数のアクセスポイント、どこを使えば良いのかわからないという人も
多いのではないでしょうか?

そもそもなぜ1つのWi-Fiルーターに複数のアクセスポイントがあるのでしょうか。
これは単純にメリットが有るためなのですが・・・

この複数のアクセスポイントのことをマルチSSIDといいます。
アクセスポイントの名前でもあるSSIDを複数(マルチに)使えるためです。

ではこのマルチSSIDのルーターが多くなっている理由を考えてみましょう。

マルチSSIDならセキュリティを分けることが出来る

複数のSSIDがあるということはルーターに接続できるネットワークが複数ある
ということでもあります。

では複数のネットワークを1つのWi-Fiルーターに持たせることの意味は?
ネットワークごとにセキュリティを変えることが出来るというメリットがあります。

Wi-Fiのネットワークでは通信を暗号化して外部から接続できないようにしますが
その方法をそれぞれのネットワークで選ぶことが出来るのです。

暗号化の方法によってセキュリティレベルが違う

Wi-Fiとは無線LAN規格のひとつなのでルーターを通して接続していれば他の
端末の情報を入手することが出来てしまいます。

まあ最近のルーターには他の端末の情報にアクセスできないように設定することも
出来るのですが、知識があればルーター内のセキュリティは簡単に突破できます。

そして電波を使った無線LANでは他の全く知らない人が電波を受信してネットワークに
アクセスしてしまうという自体も考えられます。

そこで電波を暗号化して、許可した人以外にわからないようにするセキュリティが
施されているのです。

以前はWEPという暗号化の方法を使って今しがた、暗号化に使う文字が少なく
買得が簡単なことからあまりセキュリティレベルが高くない方法となっています。

現在はAESという方式が一番セキュリティレベルの高い方法と言われていますが
これらは子機、いわゆるパソコンやスマホなどの端末が対応していないと使えません。

特に携帯ゲーム機などは今でもWEPにしか対応していない、という端末も多いので
ルーターもそれに合わせる必要ができてしまうのです。

マルチSSIDでアクセスポイントごとにセキュリティを変えれば安心

この様に同じアクセスポイントで複数の端末を接続している時、高いセキュリティが
必要なパソコンに合わせると携帯ゲーム機がネット接続できなくなります。

でも携帯ゲーム機にセキュリティを合わせるとパソコンにあるデータが心配です。
こんな時に便利なのがマルチSSIDというわけです。

複数のSSIDを使えれば接続するアクセスポイントを変えることでセキュリティレベルを
違う設定にできるのです。

パソコンを繋いでいるアクセスポイントはAESでの暗号化、携帯ゲーム機をつなぐ
SSIDではWEPでの暗号化と分けて使うことが出来ます。

複数のネットワークを使い分けることが出来る、というのがマルチSSIDの
大きなメリットだと思います。

もっと具体的なマルチSSIDの使い方

ではもっと具体的にマルチSSIDを使う場合の方法について調べてみます。
マルチSSIDの場合、基本的にメインで使うアクセスポイントとサブを作ります。

メインで使うアクセスポイントはWi-Fiルーターでもプライマリやオーナーと
名前がついているアクセスポイントです。

基本的にこちらには高いレベルの暗号化セキュリティを使います。
できれば家族や自分以外に接続させないようにするべきだと思います。

そして別のアクセスポイントはセカンダリやゲストと言われるSSIDです。
こちらは比較的セキュリティレベルが低くなっていることが多いです。

商品によってゲストSSIDは暗号化がWEPのみ、というものもあるので
こちらをメインに使うのは止めましょう。

ちなみに設定画面でもゲストSSIDのセキュリティをWPAやWPA2に変更が
できなくなっているという商品は多いです。

そしてゲストやセカンダリのSSIDではルーター内のネットワークに参加できない
という設定が最初からされています。

インターネットアクセスのみ許可されている回線なので家族以外の人に
使わせるのはこちらのSSIDにしましょう。

商品によってはWEP専用SSIDも

マルチSSID対応のWi-Fiルーターの中にはWEP専用SSIDを搭載している
という商品もあります。

NECのAtermシリーズには携帯ゲーム機などに接続しやすいWEP専用の
SSIDを使うことができる商品があります。

SSIDもわかりやすく末尾がgwになっています。

通常のSSIDはaterm-XXXX-gなのですが、この末尾がgwになっているのは
WEP専用のSSIDです。

まあ商品によってはセカンダリSSIDがこれに設定されているものもありますが。
ちなみにセカンダリSSIDは設定でもWEP以外を選べません

アクセス制限解除など限定されている設定解除ができないので通常はプライマリの
SSIDにアクセスするほうが良いと思います。

SSIDのステルス化は必要か?

マルチSSIDを使っていると周囲に自分のWi-FiルーターのSSIDをばらまいている
という印象を持つ人も多いとか。

確かにWi-Fiルーターは子機と接続をするために自分のSSIDを周囲に知らせる
ブロードキャストと言われる機能を使っています。

実際にスマホなどでWi-Fi設定をしてみると、自分の周りに多くのアクセスポイントが
あることがわかると思います。

まあ実際にはアクセスポイントのパスワードがわからないので接続はできないのですが。
ただWEPの場合は解析が1分程度と言われているのですぐに解除されてしまいます。

そこで最初からSSIDを周囲に知らせないようにする、ステルス化という機能が
あるのですがこれを使ったほうが良いのか?という疑問を持つ方もいるようです。

Wi-FiのセキュリティのためにSSIDのステルス化は効果的なのか。
ちょっと調べてみることにしました。

根本的なセキュリティにはなりにくい

確かにSSIDがわからなければ勝手に接続することができなくなりますが
それは自分にとっても同じことです。

Wi-FiルーターからSSIDのブロードキャストがされていない場合には
子機を使って自分でSSIDを入力してネットワークに接続する必要があります。

まあ一度普通に接続してから自動接続の設定をしてステルス化すれば良いという
話なのですが。

ただステルス化をしても完全にSSIDを隠すことは出来ません。
端末を使ってブロードキャストの要求をすればSSIDを知らせてくれるからです。

はっきり言うと自分が使っているWi-Fiルーターの種類が周囲にわかりにくくなるだけで
完全なセキュリティになる方法とは思えません。

無線LANのセキュリティレベルを高くするにはやはり暗号化を高いレベルで行う。
これが一番の方法だと思います。

マルチSSIDを使っていると通信速度は遅くなる?

マルチSSIDに限らず気になるのはインターネットの通信速度です。
特にマルチSSIDを使っていると通信速度は遅くなってしまうのでしょうか?

単純に使う機器によって接続するアクセスポイントを変更するだけなら通信速度には
大きな影響を与えることはありません。

例えばノートPCを使っていて、それを終了してから携帯ゲーム機で遊んでいた場合
使っているアクセスポイントが違う端末を使っていても通信速度の低下は起きないはず。

まあ接続に使うWi-Fi規格の違いによって最高速度が違うので厳密にノートPCと
携帯ゲーム機の通信速度が違うと言われるとそうなのですが。

ただしこの様な使い方をしていてもそれぞれの端末の通信速度がいきなり遅くなった
と感じることはないはずです。

問題はマルチSSIDを同時に使っている場合です。

2つのアクセスポイントを同時に使えば通信速度は遅くなる

上の場合とは違い、一人がノートPCで仕事をしているときに別の人が
携帯ゲーム機を使ってネットゲームをしているとどうでしょうか。

この場合はそれぞれの端末のアクセスポイントは違いますが使っている回線自体は
同じものです。

つまり2個の端末が同時にインターネット回線にアクセスしているので通信速度が
遅くなる可能性は高いと思います。

アクセスポイントを別にしても同じ海鮮を使っている場合、他の回線が大きな通信を
してしまえば他の回線速度に影響が出る可能性はとても高いです。

まあインターネット回線はマルチSSIDに限らず複数で使ってしまえば通信速度は
遅くなることが多いので注意しましょう。

ルーターによっては設定しなければマルチSSIDを使えない

最近のWi-Fiルーターなら標準装備されていることが多いマルチSSIDですが
ルーターによっては自分で設定をする必要があります。

つまり工場出荷状態ではセカンダリSSIDが無効化されているので、それを有効化して
設定を変更しなければ使えないという場合もあります。

購入する商品ではあまり設定で変更する必要はないのですが、プロバイダからの
レンタルルーターを使う場合には設定変更が必要になることも。

設定画面はルーターの機種によっても変わりますので、まずはしっかりと説明書を読んで
確認してから設定をするようにしましょう。

ルーターのアクセス制限を解除すればVLANの設定が出来る場合も

基本的にゲストSSIDではルーター経由のネットワーク参加ができないという設定が
多いのですが設定画面ではこれを変更することが出来る場合も。

例えばセカンダリSSIDでもルーター無いネットワークに参加できるようにすれば
Wi-Fiルーターを仲介したLAN構築が可能になります。

更にマルチSSIDで、それぞれのアクセスポイントごとのネットワークのみ接続可能
という設定にすればアクセスポイントごとの仮想ネットワークが出来ることに。

この仮想ローカルエリアネットワーク、VLANがマルチSSIDを使えば出来るのです。
ただしWi-Fiルーターの性能や設定出来る機能にもよりますが。

Wi-Fiルーターでネットワーク構築がしてみたいという方にはマルチSSIDの利用は
かなりおすすめです。

マルチSSIDについての質問

初心者の方たちがどんな疑問を持っているのか、特にマルチSSIDについて
よくわからないという方の質問を探してみました。

回答も合わせて調べたので、困った時の参考にしてください。

パソコンで調べたら接続可能な回線が2つある

どちらも同じWi-Fiルーターからの信号なので問題なし。

マルチSSIDって何が違うの?

基本的にはメインで使うネットワークとサブネットワーク。
端末が多くなければ一つの利用で問題なし。

プライマリとセカンダリ、どっちを使えばいい?

基本はプライマリ、ただし最近のルーターはプライマリの電波が5GHz。
端末が5GHzに対応していないなら設定変更かセカンダリを使う。

プライマリの電波が弱いのはなぜ?

多くのルーターはプライマリが5GHzなので障害物に近いところに置くと
電波が安定しなくなる。

ルーターの設置場所を変えてみる、端末を近いところで使うなどの工夫を
してみると改善の可能性も。

マルチSSIDはそれほど難しいことではないのですが、使い方がわからないと
困ってしまう場合も多いようで。

端末のセキュリティレベルを考えて使えばいいと思います。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.