*

WIFIの知識

SSIDとは一体何?何をする時に使うの?

投稿日:

SSIDとは無線LANのアクセスポイントを識別するための名前のこと

無線LANを使っている人は多いと思いますが、実はよくわかっていない
という人も多いのでは?

最近ではWi-Fiルーターに簡単にセットアップが出来るような機能を搭載している
という商品が多くなっています。

あまりWi-Fiや無線LANに詳しくないという人でも簡単に初期設定をする事が
出来るという大きな魅力があるのですが・・・

よくわからない状態でもセットアップが出来てしまうのでなにか不具合が出た時に
対処することが出来ないということも。

特に自動設定してしまった人はSSIDや暗号化キーなどの説明をされてもその意味が
わからないので再設定ができなくなってしまうということも。

無線LANのネットワーク設定でよく聞く言葉の1つ、SSIDとは一体何のことで
どんな時に使うのでしょうか?

とりあえず簡単に説明するとWi-Fiルーターを使って作るネットワークの名前が
SSIDで、それに参加するために必要なのが暗号化キー、WEPキーと言われるものです。

このSSIDについてもう少し詳しく説明をしていきましょう。

IEEE802.11シリーズのアクセスポイント識別子がSSID

SSIDとは頭文字を取ってつなげたいわゆる略称です。
正式にはService Set Identifierといい、その頭文字をつなげたものです。

無線LAN規格の1つWi-Fi、正式名称IEEE802.11シリーズの無線LANでは
アクセスポイントを使ってネットワークに接続させます。

アクセスポイントとはそのままネットワークに接続するための場所、つまり
Wi-Fiルーター本体のことです。

そしてWi-Fiの電波はある程度遠くまで届くのでネットワークに参加しようとした
子機、スマホなどの端末から見ると多くのアクセスポイントがあるように見えます。

その中から自分が参加したいアクセスポイントがわかりやすいように名前をつけます。
それが識別子、つまりSSIDなのです。

基本はルーターの商品名やわかり易い名前

実際にスマホでWi-Fi接続を試してみればわかりますが、SSIDはかなり多く
表示されていますが多くの場合はルーターの商品名などわかりやすいものです。

カフェなどの無料アクセスポイントなら店舗名が表示される場合も。
それぞれにかなりわかりやすくなっています。

一応名前を自由につけることも出来るのですが、決まりはあります。
英数半角文字で最大32文字まで、大文字小文字の区別もされます。

一応日本語も使えるようですが、基本的には英数字にされているようです。
理由は子機、スマホなどの端末が日本語のSSIDに対応していないことが多いため。

ネットワークによって名前がつけられるのでWi-Fiルーターの周波数が違っても
SSIDは変わっています。

ちなみに2.4GHzの場合はSSIDの中に「G」が含まれている場合が多く
5GHzの場合は「A」が含まれていることが多いです。

SSIDは基本的に自動発信されている

ではなぜスマホなどでWi-Fiの検索をすると多くのSSIDを見つけることが
出来るのでしょうか?

これはアクセスポイントから定期的にSSIDを発信しているためです。
Wi-Fiは無線接続なので子機にSSIDを知らせないと接続ができないからです。

ネットワークの名前を定期的に周囲に流してもセキュリティ的に問題は無いのか
と考える人もいるかと思いますが、そのためにパスワードがかけられています。

基本的に個人で購入したWi-Fiルーターや企業のWi-Fiネットワークには
参加するためのパスワードが必要です。

SSIDとパスワードが分かって初めてそのネットワークに参加できるのです。
当然パスワードは知らせませんのでセキュリティ的には問題ないかと。

自分が参加したいネットワーク名がわからない

自分で購入したWi-Fiルーターなら商品名などがわかっているのでSSIDが多い
という状況でもどこに接続すればいいのかはわかりやすいと思います。

でもプロバイダなどからWi-Fiルーターをレンタルした場合にはどのSSIDに
接続すればいいのかわからない、という状況になる場合も。

説明書などがあればいいのですが、トラブル解決のページを見つけるのも大変です。
そんな時にはWi-Fiルーターの本体を確認してみましょう。

Wi-Fiルーター本体にはそのルーターで使えるアクセスポイントの名前、つまり
SSIDとそれに接続するためのパスワードがシールなどで記載されています。

まあ商品によっては本体の足の裏、カバーを外したところなどわかりにくいところに
記載されている機種もあるのですが。

本体に記載されているSSID、ネットワークIDなどの名前を確認すれば参加する
ネットワーク名がわかると思います。

ちなみにパスワードはメーカーによって呼び方がかなり変わってきます。
暗号化キー、WEPキー、Key、セキュリティキーなどと呼ばれています。

基本的にこれらはすべて同じもの、SSID接続のためのパスワードのことです。
スマホやWindowsなど端末でも呼び方が違うので混乱しないようにしましょう。

SSIDを告知しないように設定もできる

ちなみに一度ネットワーク設定をしてしまえば基本的に自動接続ができます。
つまり周囲にSSIDを告知する必要はないのです。

そこでSSIDのブロードキャスト、つまり周囲へのSSID名の発信を止める
という設定をすることもできます。

SSIDのステルス化と言われているセキュリティ方法の1つですが、実際には
子機からの要求でSSIDの発信は簡単に行われてしまいます。

つまりあまり意味がない、という人もいるようで・・・
まあ一応隠すことが出来る、というのは覚えておくといいかもしれません。

SSIDの変更が出来る

セキュリティを高める、という意味ではSSIDの変更がおすすめです。
基本的にSSIDは工場出荷時の設定はとてもわかり易いものになっています。

どんなメーカーのどんな機種を使っているのかがSSIDだけでわかるほどです。
基本的にはこの状態でも大きな問題はないと思うのですが・・・

特定の機種でセキュリティの脆弱性がわかったときなど、SSIDがわかってしまえば
そこを狙われる可能性もあるということです。

それを防ぐためには工場出荷時のSSIDのままで使うよりも自分で設定したほうが
Wi-Fiルーターの特定はできなくなるのでセキュリティ的にはいいかと。

パソコンなどでWi-Fiルーターの設定画面から変更可能

では実際にSSIDを変更する方法を確認してみます。
パソコンなどブラウザを使える端末が必要です。

ブラウザにWi-Fiルーター設定画面のアドレスを入力します。
IPアドレスでもいいので設定画面をブラウザで開きます。

IDとパスワードを使って設定画面にアクセスしたら無線LANの設定を開いて
現在のSSIDを表示させます。

一般的にはこの状態でもSSIDの表示が変更できるウインドウになっているので
そのまま好きな文字列を入れて適応させます。

SSIDの変更自体はこれで終了ですが、SSIDを変更することでネットワークの
設定などが変わっています。

スマホやノートPCなどのネットワーク接続設定をもう一度確認します。

ちなみに設定変更は有線接続をしておく必要があります。
無線接続ではSSIDの設定変更が出来ないので注意しましょう。

パスワードなしのSSIDもある

通常SSIDは他の人がネットワークに参加しないようにセキュリティをかけていて
パスワード無しでは参加できないようになっています。

でもパスワード無しで参加できるSSIDもあります。
それが公衆無線LANスポットと言われるところです。

最近では駅のホームや公共施設、役所などで開放されています。
誰でも接続するだけでネットワークに参加してインターネット接続ができます。

SSIDにはFREEなどの文字列が使われていることも多く、自由に使える
インターネット回線として広く普及し始めています。

公衆無線LANスポットに接続するにはSSIDを選んで接続を選択するだけ。
パスワードの要求がされずにそのままネット接続が出来るはずです。

公衆無線LANスポットの場合はSSIDの一覧で電波状況のマークの横に
鍵がかけられているようなアイコンがありません。

暗号化されていない通信、ということでこちらでも確認ができるかと。

公衆無線LANスポットを使う時の注意

誰でも使える公衆無線LANスポットはたしかに便利なのですが、セキュリティ
という意味ではかなり危険でもあります。

誰でも使えて暗号化されていない通信をするので、悪意ある人がここにアクセスして
周囲の同じアクセスポイントに接続している人の端末を除くことがあります。

個人情報の盗み見、クレジットカードの利用情報を見られてしまえばそこから
カードを利用されてしまうという状況も考えられます。

フリーのWi-Fiは暗号化もされていない、これをわかっていないとかなり危険です。
できればVPNなどが利用できるセキュリティソフトを使いましょう。

ネットワークに参加してインターネットへ接続する方法

SSIDとはアクセスポイントの名前、そこに接続することでインターネット回線への
接続ができるようになる事がわかったと思います。

では実際にSSIDを選んでネットワークからインターネットを使うための方法を
改めて確認してみましょう。

基本的には同じやり方でスマホもパソコンもネットワークに参加できます。
Wi-Fiルーターをインターネット回線につないでいればすぐにインターネットができます。

SSIDを選んでパスワードを入力するだけ

基本的にはSSID一覧から名前を選んで、対応しているパスワードを入れます。
パスワードがあっていればアクセスポイントのネットワークに参加できます。

スマホの場合、設定からWi-FiやWi-Fi設定を選ぶと現在アクセス可能な
SSIDの一覧が表示されるはずです。

当然ですがWi-Fi接続をONにする必要があります。
後は正しくパスワードを入力するだけです。

ちなみにスマホでテザリングをする場合、SSIDはほとんどの場合その端末の
名前がデフォルトで設定されています。

セキュリティの問題からSSIDの名前を変える時にはなるべく日本語を
使わないように注意しましょう。

特にiPhoneのテザリングで日本語のSSIDを設定すると文字化けをして
正常に接続できないということが多いです。

SSIDの一覧に正しく表示されるように変更しましょう。

SSIDが複数表示されることについて

初心者の方が多く悩むのは同じようなSSIDが何個か並んでいること。
特にWi-Fiルーターの場合、新しいものでは2つのSSIDが表示されることです。

最近のWi-Fiルーターは2.4GHzと5GHzの周波数帯の電波が使えるので
そのどちらのアクセスポイントを使うか、選ぶことが出来る様になっています。

これをわからずに「A」と「G」がある、と悩んでしまう人が多いようです。
基本的には同じWi-Fiルーターの周波数の違う電波のネットワークです。

後は聞きかじりでしょうかSSIDを変更しないとセキュリティに問題がある
と考える人もいるようです。

でも下手にSSIDを変更すると今度はインターネットにアクセスできないという
状況になる可能性もあります。

ネットワーク関係やWi-Fiに詳しくない、というならSSIDや暗号化キーを
変更せずに使うほうがいいと思います。

変更したことでインターネットに接続できなくなった場合、詳しくなければ
もとに戻すことも難しいからです。

それと設定などに関しては説明書に詳しく書かれています。
まずは説明書をきちんと読んでみましょう。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.