*

WIFIの知識

Wi-Fiルーターのパスワードを忘れてしまった時はどうすればいい?

更新日:

Wi-Fiルーターのパスワードを確認する方法はこちら

スマホの機種変更、新しく購入したパソコンでネット接続を始める時に自宅で固定回線に
つなげようと思ったらWi-Fiルーターへの接続をしていると思います。

無線LANを使ったネットワークはとても便利で手軽ですが、設定方法はちょっと難しく
よくわかっていないという方も多いと聞いています。

そして新しくネットワークに参加する場合、Wi-Fiルーターへの接続にはSSIDと
パスワードを要求されます。

ネットワークに詳しくない人ならここでちょっと驚いてしまうことも。
特にパスワードを忘れてしまうというのはよくあることです。

というかWi-Fiルーターのパスワードってかなり複雑な文字列を使っているので
覚えておくのはとても難しいと思います。

しかも自分でパスワードを変更して、それを忘れてしまったらWi-Fiルーターに
接続することができなくなってしまいます。

こんな状況でも慌てず、パスワードを確認してネットワークに参加しましょう。
パスワードを確認する方法はちゃんとあるのですから。

ネットワーク名とパスワードはメーカーによって呼び方が違う

最初に、Wi-Fiルーターのパスワードはメーカーによって呼び方が違います。
しかもパスワードだけではなくネットワーク名も呼び方が違います。

例えば大手の周辺機器メーカー、BUFFALOではWi-Fiネットワーク名をSSID
パスワードのことを暗号キーとよんでいます。

そしてこれがパソコンでも更に名前が変わってくるのです。
Windowsではネットワーク名はそのまま、パスワードはセキュリティキーです。

これがiPhoneになるとネットワークIDとパスワードに。
AndroidではネットワークSSIDとパスワードになります。

これが初心者にWi-Fiネットワークをわかりにくくしている原因の1つだと
私は思います。

名前が違っても意味は同じ

例えばAndroid端末で新しく購入したWi-Fiルーターを使おうとした時に端末では
ネットワークSSIDを選べ、と言われます。

そしてルーターの名前を選んでパスワードを入れようとするとルーターの説明には
暗号化キーなど書かれているのでパスワードが分からないという状況に。

とりあえず無線LANの参加するネットワークはSSIDやネットワークと言われています。
これはどんな呼び名になっていても一緒のことなのであまり気にしないようにします。

そしてパスワードはどんな呼び方をされているのか、ある程度覚えておきましょう。
「SSID」「暗号化キー」「Key」「WEPキー」大体この様な呼び方をされています。

これさえ覚えておけばネットワークとパスワードの確認は簡単に出来ると思います。

パスワードを忘れた時の確認方法

では実際にパスワードを確認する方法を調べてみます。
基本的にはWi-Fiルーターの本体に書かれているはずです。

BUFFALOのルーターなら本体の側面、またはスタンドの裏にシールがあって
そこにSSIDと暗号化キーが書かれています。

また一部のメーカーではセットアップカード、無線LAN設定情報シートという
ネットワーク名とパスワードだけが書かれたカードが付属しています。

説明書や箱を保管しているならそれを確認してみましょう。

モバイルWi-Fiルーターでも基本は一緒

自宅で使うWi-Fiルーターの他に持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターという
端末もありますが、こちらも基本的には一緒です。

端末によって記載されている場所は違いますが、本体にネットワーク名と
パスワードが記入されているはずです。

ただレンタル品の場合は本体のシールを剥がしている場合があります。
その時には最初にもらう初期設定の方法などの説明書を確認しましょう。

またモバイルWi-Fiルーターの場合はバッテリーカバーの裏にシールがある
という端末もあるようです。

まあネットワークに気軽に参加されても困るので基本的には隠している
と思ったほうがいいのかもしれませんが。

そしてこれらのパスワードは工場出荷時のものです。
自分でパスワードを変更している場合はこの方法ではわかりません。

パソコンやスマホを使ってWi-Fiルーターのパスワードを確認する

ネットワーク名は変更できないのですがパスワードは自分で設定することが
出来るというWi-Fiルーターは多くあります。

今までの方法は工場出荷時、つまりパスワードを変更していない場合の確認方法で
変更している場合は違う方法で確認する必要があります。

必要になるのはすでにネットワークに接続しているパソコンかスマホです。
ネットワーク参加の設定が終わっていてすぐにWi-Fi接続できる端末ということです。

これらの端末の設定を見てパスワードを確認することができます。

Wi-Fiルーターの設定画面からパスワードを確認する

ネットワークのパスワードはWi-Fiルーターの設定画面から確認ができます。
では設定画面はどうすれば見られるのか。

多くの商品ではインターネットに接続しなくても設定が出来るようにブラウザに
アドレスを手動で入れると設定画面が開くようになっています。

つまりネットワークに参加しているスマホやパソコンでWi-Fiルーターの
設定画面に行けばネットワーク接続状態での設定を確認できるのです。

設定画面の開き方はWi-Fiルーターのメーカーによって違いますので説明書を
読んで画面の開き方を確認しましょう。

設定画面に入るにはユーザー名とパスワードが必要で、これも説明書に
書かれているはずです。

設定画面に入れたら、すでにネットワーク接続されている端末なら無線LANという
項目に接続状況がでていると思います。

それを見れば参加しているネットワーク名とパスワードが表示されます。
ここで確認をする事が出来ます。

スマホのアプリで簡単に設定画面を見ることが出来る

新しいタイプのWi-Fiルーターでは設定をするのにパソコンが必要ない商品も多く
スマホに専用アプリを入れることで設定画面を開くことができる様になっています。

最初にこのアプリを使って設定をして、接続したままになっていればアプリを
起動させるだけで簡単に設定画面を確認できます。

BUFFALOのエアステーション設定ツールというソフトはパソコンでも使えるので
これを導入しておくというのもいざという時には安心できると思います。

ネットワークの接続設定からパスワードを確認する

ノートPCなどですでにWi-Fiルーターのネットワークに接続しているパソコンがあれば
ネットワークの接続設定からパスワードの確認ができます。

こちらはパソコンのOS、WindowsとMacでちょっと違うのでそれぞれの確認方法を
見てみることにしましょう。

Windowsの場合

ネットワークと共有センター、という項目から接続設定を確認します。
タスクバーに無線LANが表示されていればそこからすぐに行くことができます。

他にもコントロールパネルのプルダウンメニューからでも行けます。
ネットワークと共有センターを開いたらネットワークのプロパティを開きます。

プロパティではアクティブなネットワークの表示、があるはずなのでこの中の
「接続」されているSSIDを選びます。

これで今使っているワイヤレスネットワークの状態が見られるので、その中の
ワイヤレスのプロパティを開きます。

ワイヤレスのプロパティにはセキュリティというタブがあるので切り替えて
確認するとセキュリティの種類とパスワードがあります。

この状態ではパスワードがマスク、

という状態で表示されているので
パスワードの表示を選ぶとちゃんとした文字列で表示されます。

これはWindows10の場合ですが、他のバージョンでも似たような感じです。

Mac OSの場合

Mac OSでは標準装備されているパスワード管理ツールのキーチェーンアクセスを
使ってパスワードを確認します。

アプリケーション内にあるキーチェーンアクセスを起動します。
起動するとネットワークの一覧が出るのでパスワードを調べたいネットワークを選びます。

ダブルクリックすればネットワークの状態がわかるので、その中のパスワードの表示を
選んで表示させるようにします。

この時にキーチェーンアクセスのパスワード、Mac OSのユーザーアカウントにしている
パスワードが求められます。

それを入れればキーチェーンアクセスでネットワークのパスワードが表示されるので
確認することが出来るようになります。

スマホの場合

スマホの場合はネットワーク名の確認やパスワードの変更をすることはできます。
でも現在のパスワードを確認することは出来ません。

これはAndroidとiPhoneどちらも同じで、基本的にはパソコンを使って見るのと
ほとんど同じようにして設定画面に行くことはできます。

でもパスワードの表示がされないので確認ができません。
一応パスワードの表示というチェックが出来るのですが・・・

基本的に接続している端末の設定からパスワードを確認するのはパソコンのみ
と覚えておいたほうがいいと思います。

Wi-Fiルーターのパスワードについての質問

初心者にはわかりにくいWi-Fiルーターの接続設定ですが、やはり多くの人が
パスワードに関しては悩んでいるようです。

質問コーナーを見てみると、Wi-Fiルーターのネットワーク接続のパスワードが
わからないという人が多いようです。

基本的にはWi-Fiルーターや説明書に記載されているので、それを見ればわかりますが
どれがパスワードなのかがわからないという方も多いようで。

まあメーカーごとにパスワードの呼び方も違うので、やはり説明書をキチンと読んで
設定をするほうがいいと思います。

新品を購入すれば絶対に説明書はついてくるはずですし、最近ではネットからの
説明書閲覧も簡単に出来る様になっています。

初心者でWi-Fiルーターについてよくわからないのに安いからと行って中古品を
購入するのは危険なので止めましょう。

それと人の家で勝手にSSIDとパスワードを見て、勝手にネットワークに参加しても
問題ないか?と質問している人がいました。

一応人が契約している海鮮を無断で使うことは犯罪です。
しかもルーターのログを見れば何の端末で接続しているかはすぐに分かります。

バレずにネットが出来ると思っているなら間違いです。
勝手に人の契約した回線に接続するのは止めましょう。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.