*

WIFIの知識

Wi-Fiの電波が弱い時には中継機を使えば快適になる?

投稿日:

Wi-Fiの中継機は置き場所と商品選びに注意が必要

スマホのパケット節約やタブレットPCの利用をするためにWi-Fiルーターを使っている
という方も多いと思います。

ただ一戸建てなど部屋数の多い場合、Wi-Fiルーターの電波がすべての部屋に
届かないという状態になってしまっている場合も。

せっかくWi-Fiが使えるなら、どこでも気軽にスマホなどを使いたいですよね?
最近では入浴中にスマホを使うという方も増えていますし・・・

一応Wi-Fiルーターの設置場所や高性能のモデルを選ぶことで電波が強力になり
どこでも快適に使えるようにすることはできます。

でも設置場所を変えることが出来ない、高すぎる高性能Wi-Fiルーターの購入は
ちょっとむずかしいという状況も多くあります。

そこでWi-Fi電波の中継機を購入するという方法はいかがでしょうか。
中継機ならそれなりに安く、ルーターを動かせなくても問題ありません。

ただ、中継機にも多くの種類があり、ちゃんと対応商品を選ぶことが必要です。
しかも設置場所を考えないと中継機の意味がなくなってしまうことも。

Wi-Fiの中継機の置き場所とどんな商品を選んだら良いのかをちょっと詳しく
説明してみたいと思います。

中継機とはWi-Fi電波を中継して遠くまで飛ばすための機材

まずは簡単に中継器について確認してみます。
Wi-Fiルーターの電波を中継して更に遠くまで飛ばすために使われるのが中継器です。

つまり基本的には設置してある親機の電波が使われるので親機の電波回線以上の
通信速度を出すことは出来ません。

そして現状ではWi-Fiルーターの最高速度を超える通信速度が出せる中継機は
発売されていません。

まあハイエンドモデルではなくエントリーモデルくらいの通信速度なら十分に
中継機の最高速度でも出せるのですが。

電源は基本的にはコンセントから直接供給する形、ACアダプターを利用せずに
そのままコンセントに設置するか電源ケーブルを使います。

そのために中継機を利用する場合はコンセントの近くになるということです。
設置場所を考える必要がある理由の1つがこの電源の問題です。

性能などによってかなり多くの種類から選ぶことが出来る

中継機は単純にWi-Fiルーターの電波を中継している機材なのですが、他にも色々な
機能が搭載されている商品も多くあります。

例えば中継機ですがWi-Fiの他に有線接続が出来るようにLANポートがあるもの。
アンテナを内蔵せずに可動式にして電波の方向性を決められるもの。

性能でいうとWi-Fiで使っている2種類の周波数帯の電波を両方使えるもの。
更に同時に2種類の電波を受信して送信できるという商品も最近出来ました。

現在Wi-Fiでは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯の電波を使っています。
中継機はこの内1種類の電波のみを中継するという機材でした。

でも最近では2種類の電波を中継することが出来るようになり、更に同時に
2種類の電波を中継して使うことが出来るという商品も販売されました。

当然商品価格は高くなるのですが、親機のWi-Fiルーターの性能をあまり落とさずに
中継できるというのはとても魅力的に感じました。

どんな性能が欲しくて中継機を使うのか、をよく考える

では次に多くの商品が取り扱われている中継機をどうやって選べば良いのか。
単純に考えると何がしたくて中継機を購入するのか、で選べばいいと思います。

まあ普通は親機の電波が届きにくいところで快適にスマホなどの端末を使いたい
という理由だと思いますが。

単純にそれだけでいいのなら他に機能がなく、純粋に中継機としての機能だけを
使える商品を選ぶというのがおすすめです。

中継機は安いものだと3,000円程度が実売価格です。
それなりの通信速度で電波中継の最大数も少なくていいならかなり安く購入できます。

中継電波が1種類で通信速度がそれなりの中継機なら3,000円以下の金額で購入できる
という商品もあります。

他には1階にある親機のWi-Fiルーターの電波を階段で中継して2階の全部の部屋で
使えるようにしたいならそれなりに強力な中継機が必要になります。

デュアルバンド対応中継機ならほぼ親機と同じ感覚で使える

Wi-Fiで使われている電波の2.4GHzと5GHzにはそれぞれ特徴があります。
そして無線LANの規格IEEE802.11では使っている電波で更に規格が変わります。

古いWi-Fi規格のIEEE802.11bでは2.4GHzの電波しか使っていませんが
新しい規格の11acでは2.4GHzと5GHzの両方の電波が利用されています。

通信規格が新しくなれば通信速度も速くなり快適に使えるのですが5GHzの電波は
特徴として障害物に弱いという欠点があります。

ただし他の電化製品であまり使われない周波数帯なので電波の干渉が少なく
通信速度が安定しやすいという利点もあります。

中継機を使った場合でもこの両方の電波が使えるほうがより安定してネットに
接続することが出来るという魅力があります。

ただデュアルバンド対応で同時接続可能という中継機はかなり新しいので
選択肢が少なく価格も高くなっています。

中継機の設置場所はかなり注意が必要

中継機を選んで購入した後、どこに設置するのか。
これが実は一番悩むところだと思います。

電源供給の問題としてまずコンセントの近くでなければいけない。
ちなみにコンセントに直に挿すタイプは他のコンセントが使えなくなる可能性も。

そして親機の電波を補助するためには親機からある程度離して設置する必要があり
あまり距離が開くと親機の電波を受信できないという状況にもなります。

色々考えて置きたいところにコンセントがない、ということが多くあるのです・・・
まあ延長コードなどを使えば良いのですが。

更に中継機の設置場所にはちょっとした注意点もあります。
もっと詳しく確認してみましょう。

他の電化製品の近くに設置していないか?

Wi-Fiは電波を使ってネットワークをつないでいる無線LANの一つです。
つまり電波が届かなければネットワークに参加することが出来ません。

そして電波は他の電波と干渉することが多く、特に同じ周波数帯の電波とは
大きく干渉して電波が届かなくなってしまうこともあるのです。

よく言われているのはWi-Fiルーターのそばで電子レンジを使うとWi-Fiが
繋がらなくなるということ。

これは電子レンジを動かしていると2.4GHzの電波が出るのでそれとWi-Fiが
干渉してしまうという状態です。

これを防ぐためには5GHzの電波を使うか、そばに電子レンジを置かないかです。
最近では冷蔵庫やテレビなども電波でネットワークに接続できるのでこれも注意です。

後はBluetoothのスピーカーも2.4GHzの周波数帯電波を使っています。
中継機の周りにはこれらの電化製品がないことが安定した通信のために必要です。

水槽が近いと電波が通りにくくなる

もう一つ、電波は障害物にちょっと弱いところがありますが電波を通さないものの
近くに中継機を置かないことも必要になります。

特に5GHzの電波は障害物に弱いので中継機を使うことも多いのですが、その中継機の
そばに水槽があると電波が通りにくくなってしまいます。

水は電波を通しにくく、水槽があるとそこに壁があるのと同じ状態になります。
光を通すので気にしない方も多いのですが電波は通しにくいのが水なのです。

熱帯魚などの水槽の近くに中継機を置くと性能を十分に引き出せない可能性が高いので
設置場所には十分に気をつけましょう。

中継機の設定にはスマホやノートPCなどを使う

中継機を購入して設置、実際に使う時には中継機に親機の電波を受信させて
それを中継する設定が必要になります。

ちなみにこの設定をしておけば中継機の位置を変えてもそのまま使えます。
まあ一度電源を切って再起動させるので接続可能になるまで時間はかかりますが。

中継機の設定もWi-Fiルーターと同じ様にパソコンやスマホで行います。
接続手順がちょっとややこしいので確認してみましょう。

接続設定は親機のWi-Fiルーターの近くで行う

まず接続設定自体は親機として使うWi-Fiルーターの近くで行いましょう。
親機の電波を受信できる状況にして設定しなくてはいけないからです。

中継機の設定をするにはスマホなどの端末にWi-Fi接続しておく必要があります。
中継機の電波をWi-Fi設定などで接続状態にします。

ただこの状態ではWi-Fiネットワークにつながっているだけで中継機は
親機のインターネット回線につながっていません。

次にスマホのブラウザから中継機の設定画面のアドレスを入れます。
これは設定管理画面に行くだけなのでネット接続の必要がありません。

中継機の管理画面では現在接続できるWi-Fiネットワークが表示されています。
ここから親機にするWi-Fiルーターの電波を選べばいい、というわけです。

この接続設定ができれば中継機から親機につながって、そこからインターネット回線に
接続ができる様になるはずです。

AOSSやかんたん設定などがあればボタン一つで設定可能

Wi-Fiルーターには接続設定を簡単に出来るような機能が搭載されている機種もあります。
メーカーによってAOSSなど名前が違うのですが、これを中継機でも使えます。

当然親機になるWi-Fiルーターと中継機の両方が同じ接続設定の規格に対応している
という条件がありますが。

手動での設定と違ってこちらの場合は決められた手順でボタンを操作するだけ。
押したり押し続けたりするだけで設定が完了します。

接続設定が面倒くさい、という人は対応している商品をおすすめします。

現在売れている中継機を紹介

実際に小売店でよく販売されている中継機を紹介していきます。
価格は実売価格ではなくメーカー希望小売価格なのでもっと安くなる可能性はあります。

ついでに私がおすすめできる商品も合わせて紹介したいと思います。

BUFFALO WHR-1166DHP2/N 9,800円

デュアルバンド対応で11acと11nでの接続可能な中継器です。
同時接続台数も多く、複数の端末を同時に使うことが多い人にはおすすめです。

ただ機能が充実している分だけ価格は高く、Wi-Fiルーターがもう1台買えるという
金額を高いと見るか安いと見るか。

ちなみにBUFFALO製品なのでAOSSに対応していて設定はとても楽です。

エレコム WRC-N300NF 1,962円

コスパがとても良くエントリーモデルとしてはとても人気がある商品です。
接続設定も専用アプリを入れればスマホで簡単に出来るのも魅力的です。

性能的には通信速度が最速100Mbpsとあまり良くないのですが、有線LANの
ポートが4基あるなど機能的には充実しています。

価格も安く、とりあえず中継機がどんなものなのか使ってみたい、という方には
おすすめできる商品です。

BUFFALO WEX-733D 3,479円

こちらはコンセント直挿しのモデルです。
コンパクトながら性能的には問題なく価格も普通なので私のおすすめ中継器です。

デュアルバンドに対応した上位機種もあるのですが、こちらは11acのみの対応。
ただ11acがあれば最近のスマホやタブレットPCは問題なく使えると思います。

コンパクトな本体ですが有線LAN接続も可能なので使い勝手もよく、何より
購入しやすい価格なのが嬉しいところです。

IOデータ WN-G300EXP 2,471円

コンパクトサイズの本体が魅力の中継器です。
電源タップなどコンセントが並んでいる状態でも他の差込口を圧迫しません。

小さい本体なので性能的にはちょっと微妙で11n対応、2.4GHzのみの中継。
ただボタン一つで設定できるなど使い勝手は悪くないと思います。

NEC Aterm W1200EX 4,980円

本体はWi-Fiルーターと同じくらいのサイズで11acに対応している中継器です。
通信速度も速く性能的には問題ないと思います。

ただ口コミでは安定性にかけるという意見も多く、Wi-Fiルーターに対して
あまりおすすめしやすいという印象はありませんでした。

確かに独自開発したアンテナは高性能でWi-Fiルーターの時には安定していたのですが。
設置場所を選ぶ必要があるのはちょっと厳しいところです。

中継機の質問をまとめてみる

実際に中継機を使おうとすると色々と疑問もでてくるようです。
そんな疑問と回答をまとめてみました。

中継機から有線接続は出来る?

LAN端子がある中継機なら可能。
ただしそれは本当の有線接続にはならない、中継機まで電波を使っているから。

中継機から中継機の接続って出来る?

機種によっては可能、ただし条件がかなり厳しくなる。
例えば同じ機種のみ、同じ会社の同じ中継器のみなど。

現状では多段中継ができる商品の数は本当に少ない。

中継機がAOSSに対応していないけど使える?

手動で設定すれば大丈夫、ただしそれなりに接続設定の知識は必要。
後は中継機が親機に対応しているかの確認、別メーカーだと対応していないことも。

基本的にはどんなメーカーの中継機もどんなWi-Fiルーターで使えるが一応確認。

中継機を2台、同じ場所に置けばWi-Fiは強くなる?

ならない。
電波干渉を起こすだけだからおすすめしない。

設定にちょっと面倒なところはあるけどそれなりに使いやすい商品も多くあります。
自宅のWi-Fi環境が悪いと思っているなら中継機の導入もおすすめできます。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.