*

WIFIの知識

SSIDに2.4GHzと5GHzがあるけどどっちを使えばいい?

投稿日:

Wi-Fiの2.4GHzと5GHzは特徴の違う電波で通信をする

スマホやタブレットPC、携帯ゲーム機などを固定回線で使うときにはWi-Fiルーターを
中継していると思います。

ノートPCを昔から使っている人はよく知っていると思いますが、最近の商品には
対応している周波数帯が書かれているものが多くなっています。

実際にWi-Fiルーターを見てみるとSSIDが2種類あることに気がつくかと。
これはそれぞれの周波数帯でネットワークを作ることが出来る、ということなのです。

詳しくWi-Fiルーターを見てみると2.4GHzと5GHzのSSIDが表示してあります。
つまりこの2種類の周波数帯の電波を使ってネットワークを作ることが出来るのです。

でもわざわざ2種類のネットワークを作る必要はあるのでしょうか?
そもそもどちらを使えば快適にインターネットが出来るのでしょうか?

一応5GHzのSSIDを使ったほうが快適にネットが出来る状況は多いと思います。
でも場合によっては5GHzが使いにくいという可能性も。

Wi-Fiの2つのSSIDはその人の状況によって使い分けるのがおすすめです。
ではどんな時に使えばいいのか、ちょっと確認してみることにしましょう。

それぞれの周波数帯の電波の特徴

まずはそれぞれの電波の特徴を詳しく確認してみることにしましょう。
私がとりあえず5GHzをおすすめする理由も底にあります。

ただ昔のWi-Fiルーターの場合、5GHzに対応していないという場合もあります。
その場合は2.4GHzで使うしか無いということは覚えておきましょう。

2.4GHzの電波の特徴

以前から無線LANで使われている周波数帯の電波です。
Wi-Fiの規格でいうとIEEE802.11bや11gで使われていた周波数帯です。

新しい11nや11acでも対応していますが11aでは対応していません。

特徴としては多くの家電で使われているので混戦しやすいこと。
周りの電化製品に鑑賞してしまい、電波が安定しないという状況になりやすいです。

通信速度が5GHzに比べるとちょっと遅くなっています。
ただし遠くまで届いて障害物にも強いという特徴があります。

例えば一戸建てで1階にWi-Fiルーターがある場合、2.4GHzなら2階の部屋でも
電波が届く可能性が高いです。

ただし電子レンジのそばで通信しようとすると全く電波が届かないという状況も。
隣が工場で興行機会が動いているときにも影響を受けやすいです。

5GHzの電波の特徴

新しく使われるようになった周波数帯の電波です。
Wi-Fiなら11aが5GHz専用で11nと11acは両周波数帯の電波が使えます。

大きな特徴としては家電など他の電気製品に干渉を受けにくいこと。
チャンネル数が多いので大量のデータを一度に通信できて速度も速くなります。

チャンネル数が多いのでデータ通信中に他の電波を受けても余裕があります。
そのために運んでいるデータの損傷が少なく、通信速度が速くなるのです。

ただし電波自体は余り遠くに飛ばず、障害物にも弱いという特徴があります。
周囲の状況によっては隣の部屋でも電波が届きにくい場合もあります。

それと対応していない端末も多く、古いスマホやゲーム機では5GHzに対応している
端末はかなり少ないです。

使える端末が限られてしまう、というのが大きな特徴に思えました。

周波数帯の切り替え方法

2つの周波数帯の電波が使えるWi-Fiルーターを購入した場合、周波数帯の切り替えは
どうすれば良いのでしょうか。

一応最近のWi-Fiルーターなら2つの周波数帯の電波を同時に使うことが出来ます。
つまり受信する方で使い分ければいいというわけです。

もっと簡単に言うとSSIDが別れているので、端末でそれぞれの周波数帯のSSIDを
選んでネットワークに参加すればいいだけです。

実際の状況を説明しながら設定方法を解説してみます。

ルーターのSSIDを確認

最近のWi-Fiルーターなら本体の裏側などにSSIDと暗号化キーが書いてあると思います。
それを見ればどちらの周波数帯がなんてSSIDかはすぐに分かります。

まあ端末でWi-Fiルーターの電波を受信すれば同じ様なSSIDが2つ見つかるはず。
それがそれぞれの周波数帯のネットワークになっています。

ちなみにBUFFALOのルーターの場合、SSIDにもBUFFALOという文字列が使われる
ということも多いです。

NECの場合は商品名でもあるAtarmが使われることが多いです。
そしてこのSSIDでも周波数帯の区別をつけることができます。

SSID文字列をよく見てみる

例えばBUFFALOの場合、SSIDがBaffalo-G-○○○○という物が多いのですが
途中にある「G」が「A」になっている場合もあります。

この途中の文字が周波数帯の違いになっています。
Aの場合は5GHzの電波でGが2.4GHzの周波数帯電波になります。

そしてこのSSIDに使われている文字は多くのルーターのメーカーで統一されています。
つまりどのメーカーでもGを含んだSSIDは大体2.4GHzの電波のネットワークです。

大文字と小文字の違い、SSIDの途中にあるか最後にあるかなどの違いはあるのですが
Aなら5GHzでGなら2.4GHzというのは変わりません。

接続先のネットワークを選ぶ時に覚えておくと便利です。

とりあえず5GHzをおすすめする理由

では私がなぜ「とりあえず」5GHzの周波数帯をおすすめするのかを説明します。
これは電波の特徴でもあるように周囲の状況に影響されにくいから。

特にモバイル通信など電波でデータの遣り取りをする場合、通信しているデータが
周囲からの電波干渉を受けると破損してしまいます。

破損したデータは送信し直しになるので一つのデータを完全に送信するまでに
電波干渉を受けやすい場合はとても時間がかかってしまうのです。

その意味では5GHzの周波数帯電波なら周囲の影響を受けにくく、電波干渉も
あまり受けないので通信速度が高くなりやすいです。

それにそもそも5GHzの電波のほうが理論的な最高速度は速くなっています。
IEEE802.11acでは通信速度が最高6.9Gbpsとなっています。

2.4GHzしか対応していない11gの場合は最速54Mbpsです。
まあこれはWi-Fiの規格の違いということになるのですが。

電波の特徴から言っても5GHzの電波は空いているチャンネルを束ねて使えるので
データ通信速度を上げやすいという特徴もあります。

安定して速いので「とりあえず」5GHzがおすすめというわけです。

5GHzの電波を使えない状況もある

では「とりあえず」という理由も説明します。
それは5GHzの電波が使えないという状況も多く考えられるからです。

5GHzの電波は通信速度が速い半面、届く範囲が狭いという欠点もあります。
それに障害物にも弱いので電波が届かない可能性もあります。

回線の場所とルーターの設置位置によっては家の部屋の全てに電波が届かない
という状況も出来ると思います。

そんな時には使えない5GHzよりも2.4GHzを使いましょう。
こちらの方が届く範囲が広く、障害物にも強いので届く可能性は高いです。

状況に応じて使い分けるほうがより快適にネット接続が出来るかと。
電波状況の良い方に接続するというアプリもあるので周波数に拘る必要はないかと。

5GHzに対応していない端末も多い

それにもう一つ、ゲーム機などには5GHzに対応していないものも多いので必然的に
2.4GHzを使うことになります。

家庭用ゲーム機のWiiやPS3などは5GHzの周波数には対応していません。
これでネットゲームをする場合には2.4GHzを使うしか無いのです。

まあネットゲームをするのに無線LANを使うのはあまりおすすめできませんが・・・
無線LANの場合はラグが出やすいので注意しましょう。

昔のスマホも5GHzに対応していないものもあります。
端末によって使い分ける必要もあると思います。

2.4GHzと5GHzの同時接続について

では次に実際に電波を使う状況についての疑問も確認してみましょう。
ルーターが両方の電波に対応している場合に、どちらも同時に使えるのでしょうか。

まあこれもルーターの性能によるのですが、現在販売されている商品なら大体は
同時に使うことが出来るはずです。

基本的に両方の電波を切り替えも必要なく発信できるので、それを同時にキャッチして
ネットワークに参加することはできます。

ただしWi-Fiルーターは基本的に一つの回線を無線LANを使って分配しているので
同時に複数の端末を使えば回線は混雑することになります。

つまり誰か他の人が5GHz周波数帯の電波を使っている時に2.4GHzのネットワークに
参加してインターネットに接続した場合、通信速度は遅くなる可能性が高いです。

中継機はどちらかの電波しか繋げないという商品が多い

両方の電波を同時に使えない状況としては、中継機を使った場合があります。
電波を強くするために中継機を置いた場合はどちらかの電波のみ使えます。

そもそも中継機が5GHzと2.4GHzを両方同時に中継できないので最初に
どちらの電波を中継するのか選ぶことになります。

中継機をつけるほどの場所にある親機の電波が届くとは思えないので
その場合使えるのは中継機で選んだ電波のみとなります。

iPhoneで5GHzの電波に繋がらなくなった場合

スマホでもiPhoneの場合、OSのアップデートによって不具合が出るという
報告がありました。

その1つに5GHzの周波数帯電波に接続ができなくなる、というものです。
いつも使っていたルーターのネットワークに入れなくなったという人が多くいました。

はっきり言うと原因のわからない謎現象のようですが、実際に多くの方がiOSの
アップデートでこの状況になったと報告しています。

一応今の所iPhoneのみの症状のようですが、解消方法を確認してみましょう。

Wi-FiネットワークのON/OFF切り替えで対応

とりあえずの暫定的な対処方法としては位置情報のWi-Fiネットワークを
一度OFFにしてから再度ONにすれば直るという報告がありました。

一応、最初に2.4GHzのネットワークに接続してから5GHzのネットワークに入る
という方法でもつながるようですがこちらは二度手間になります。

ネットワークのON/OFF切り替えならそれだけでもとに戻ったという報告も多いので
こちらの方がやりやすいと思います。

あとはiPhoneのネットワーク設定の初期化、Appleの推奨設定にするなどの方法も
効果があったという報告がありました。

基本的にiPhoneだけではなくiPadでも起きているのでiOSの不具合だと思います。
症状が出た時にはこれらの対処方法を試してみましょう。

家電との電波干渉を防ぐなら5GHzの電波を使うべき

パソコン初心者の質問を見てみるとWi-Fiルーターを買ったのは良いけれど
どちらのネットワークに繋げば良いのかわからないという人も多いようです。

基本的には5GHzがおすすめなのですが、状況によっては大きく変わってきます。
ただし家電が多い場合には確実に5GHzの電波がおすすめです。

特に最近ではBluetoothなどが多くなり、これと2.4GHzの電波が鑑賞しやすいので
知らない間に電波干渉が怒っていることも多くあります。

それを防ぐためにはやはり電波干渉の少ない方を使うことがおすすめです。

ただしゲーム機や昔のパソコン、スマホなど5GHzに対応していない端末を使っている
という人も多くいます。

その場合は素直に買い替えをするか、2.4GHzの電波を使いましょう。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.