*

WIFIの知識

Wi-Fiルーターで持ち運びが出来るものはどんな人が使いやすい?

投稿日:

持ち運びができるWi-Fiルーターは利用者をかなり選ぶ端末

スマホが普及している現在、自宅以外でもインターネットを楽しんでいるという人は
かなり多くなっていると思います。

屋外でネットが出来る端末もスマホ以外にノートPCやタブレットPCなど多くなり
色々と利用できるようになりました。

ただし屋外でも使えるインターネット回線、ということになるとちょっと大変です。
まず固定回線は持ち運んで使えないので、別の回線を用意する必要があります。

スマホを使ったテザリングという方法もありますが、これはスマホにかなり大きな
負担を掛けるのであまりおすすめしません。

屋外でネットを使いたいなら持ち運びができるWi-Fiルーターのモバイルルーターを
使うことをおすすめします。

最近では多くの提供先があり、色々と選んで使うことができる様になって
とても使いやすいのですが・・・

実はサービス内容がとても豊富で、サービスの種類を選ばないとお得にならない
という特徴的な回線でもあるのです。

そこで持ち運びができるWi-Fiルーターのサービスの特徴を調べて、どんな人に
おすすめできるのかを詳しく確認してみたいと思います。

持ち運びができるWi-Fiルーターのサービスとは?

まずは持ち運びができるWi-Fiルーターのサービスとはどんなものなのかを
確認してみることにしましょう。

基本的にWi-Fiルーターといえば固定回線に接続する分配器のことで、無線LANの
規格の1つのWi-Fiを使っているルーターのことです。

Wi-Fi規格とは提供する会社が違っても通信が可能になる規格の事で、今の日本では
無線LANといえばWi-Fiというくらいに普及しています。

つまり固定回線をWi-Fiで分配することで有線接続をせずにスマホやタブレットPCを
固定回線で使えるようになるという機材のことです。

これを持ち運ぶ場合、使うのは固定回線ではなくスマホなどでも使われている
モバイル通信を使うことになります。

つまりルーター自身がモバイル通信を受けてそれを複数の端末にWi-Fiで分配する
という形になります。

この分配元のモバイル通信をどこの会社の電波で使うのか?ということでサービスを
提供する企業が変わってくるということです。

まあ簡単にサービス内容をまとめると「モバイル通信を使って複数の端末を
屋外でもネット接続させるための機材」が持ち運べるWi-Fiルーターです。

大きく分けると2種類の電波を使うサービスがある

使っている電波の種類は大きく分けて2種類、スマホでも使われているLTEと
独自回線を使ったサービスが提供されています。

ちなみにこのサービスはポケットWiFiという名称を聞いたことが多いと思いますが
ポケットWiFiはY! mobileの登録商標、つまり個別のサービスを意味しています。

ポケットWiFi自体はイーモバイルとソフトバンクのLTE回線を使ったサービスを
提供している端末です。

独自回線を使ったサービスがWiMAX2+といい、この様なサービスは正式には
モバイルWi-Fiルーター、モバイルルーターと言われています。

モバイルルーターのサービスを最初に開始したのがポケットWiFiなので
モバイルルーターは全てポケットWiFiだと思っている人が多いだけです。

まあ今でもゲームのことを「ファミコン」と呼ぶ人がいる、という状況と
同じようなものでしょうか・・・

説明が紛らわしいので今回は持ち運べるWi-Fiルーターサービスのことは
モバイルルーターで統一したいと思います。

それぞれのサービスの特徴を確認してみる

ではLTEとWiMAX2+のそれぞれの回線を使ったサービスにはどんなものが
あるのか確認してみることにしましょう。

まずLTEを使ったモバイルルーターはポケットWiFiの他にもドコモと
ソフトバンクがそれぞれ自社の回線を使ったサービスを提供しています。

選べるサービス内容等もちょっとずつ違うので個別に確認してみましょう。

ポケットWiFiのサービス内容

元々はイーモバイルが提供していましたがソフトバンクの系列会社になり
会社名もY! mobileと変更されました。

サービス自体は変わらずポケットWiFiで提供されていますが、ソフトバンクの
系列会社になったことでソフトバンクのLTE回線も使えるようになりました。

イーモバイルとソフトバンクの両方の回線が使えることで全国でもかなりの地域が
対応地域になっています。

現在契約できるのはプラン2とプラン2ライトの2種類。
プラン2は上限7GBですがアドバンスオプションをつけると月間の上限なしになります。

ただしアドバンスオプションは月額684円、しかも対応しているのはAXGPエリアだけと
かなり限定された地域のみのサービスです。

プラン2自体は月額3,696円、プラン2ライトは2,480円とそれなりに安い料金で
使えるという魅力はあるのですが。

ただプラン2ライトは月間データ通信容量上限が5GBなので注意しましょう。

ちなみに同じソフトバンクの系列会社、Yahoo! WiFiからもポケットWiFiのサービスは
提供されています。

利用している回線は同じですが、独自サービスの展開をしているので人によっては
こちらの方がお得になる可能性も。

ソフトバンクのモバイルルーターサービス

提供されているモバイルルーターの料金プランは3種類ありますが、実はこれ
使っている回線の違いだけで選ぶことが出来るプランではありません。

購入する端末によって受信できる電波が違うのでそれに応じたプランを出しているだけで
基本的には端末に対応したプランしか選ぶことが出来ません。

ちなみにプランの中身も一緒でデータ容量上限7GBのデータ通信専用プランです。
月額料金は3,696円というのも同じです。

つまりソフトバンクでモバイルルーターを利用するならこのプランしか選べないのです。
まあスマホとデータ容量を共有するというプランもありますが・・・

そちらの場合はソフトバンクの端末を持っていることが条件で、モバイルルーターで
使ったパケット通信容量はスマホのデータ定額パックから消費されます。

モバイルルーターのサービスとしては選べるプランは1つだけというかなり寂しい
状況でした。

ドコモのモバイルルーターサービス

ドコモの場合はデータ通信専用プランとして提供されている料金プランを使います。
データ通信用基本料金プランにプロバイダ料金、データ定額パックを契約する形です。

他の所のようにモバイルルーター用のセットプランがないので、スマホ同様にかなり
わかりにくい料金体系になっています。

まずデータ通信用基本料金プランが月額1,200円、これにプロバイダ料金が200円。
最後はデータ定額パックですがこれはスマホと同じものが使えます。

ベーシックパックなら使った分だけ料金が発生することになります。
1GBまでのデータ通信なら2,900円が月額料金になります。

その後3GBまでが4,000円、5GBまでが5,000円、20GBまでが7,000円です。
これを加算すると最低でも4,300円が月額料金として必要です。

でもこの金額で使えるのは月間1GB上限です。
これではモバイルルーターとしてまともに使えないと思います。

定額プランは20GB上限が6,000円で30GBでは8,000円のデータ定額パックがあります。
これを使った場合は20GB上限で月額7,400円というかなりの料金になります。

ドコモのLTEは利用可能地域の広さがとても魅力的ですがモバイルルーターとしては
かなり高額の月額料金が必要になるのでとても使いにくい印象です。

WiMAX2+のサービス内容

WiMAX2+は独自回線を使ったモバイル通信サービスです。
LTEとは違った高周波数帯の電波、2.4GHzの周波数帯電波を使っています。

この独自電波を使ったモバイルルーターのサービスは多くのプロバイダから
提供されているという特徴があります。

BIGLOBEや@nifty、So-netやGMOとくとくBBからサービス提供がされていて
それぞれのプロバイダでちょっとずつサービスの内容が違っています。

一番大きな違いは月額料金で、キャンペーンの適応期間なども合わせると
月額料金が1,000円位違うというプロバイダもあります。

まあ大体キャンペーン期間が終わればほとんどのプロバイダが似たような
料金設定になるのですが。

7GB上限のプランが大体月額3,600円位の料金で利用することが出来ます。
ただWiMAX2+の特徴はギガ放題という月間データ通信容量上限なしプランです。

毎月のデータ通信総量の上限がないのでほとんどパケット通信量を気にせずに
インターネットへの接続ができるという魅力があります。

ただし直近3日間で10GB以上の通信をすると速度制限がかかるので
完全無制限ではないというのがちょっと残念なところです。

まあ制限されたとしても他の回線のように下り最速128Kbpsという低速ではなく
下り最速5Mbpsくらいの速度までなので一応普通にネットが出来るのですが。

この月間データ容量上限なしプランが月額4,300円くらいで利用できます。
キャンペーンやキャッシュバックを使えばもう少し安く使えると思います。

WiMAX2+の電波の特性について注意をする

サービスの内容を見るとかなり良さそうな回線に思えるWiMAX2+ですが
実は電波の特性がとても現れやすいという特徴もあります。

上記の通りWiMAX2+は高周波数帯の電波を使った通信サービスを提供していますが
この高周波数帯電波の特性とは障害物に反射しやすいのです。

LTEで使っている周波数帯の電波は障害物にあたっても、それを避けて直進しようとする
いわゆる直進性の高い電波という特徴があります。

つまり部屋の中や高層ビルの間でも電波が届きやすいのです。
でも高周波数帯の電波は障害物で反射しやすいという特徴があります。

特に周囲を壁や天井で囲まれている室内では電波が乱反射してしまうので電波が
とても届きにくいということに。

それに2.4GHzという周波数は他の電化製品や工業機械でもよく使われる周波数なので
干渉しやすいというデメリットもあります。

総合するとWiMAX2+の電波は地域や周りの状況によって影響を受けやすいので
通信速度が安定しないという特徴もあるのです。

レンタルやキャリア回線のプロバイダも確認

これまでもかなり多くの種類のモバイルルーターサービスを見てきましたが
更に細かくサービス提供元を分けてみるとレンタルやキャリア回線のプロバイダも。

WiMAX2+のようにキャリア回線を提供するプロバイダ的なモバイルルーター提供の
スマモバやネクストモバイルというサービスがあります。

それにモバイルルーター自体をレンタルして利用するという方法も。
こちらも契約期間は数日から1年単位で借りることもできます。

これらのサービスの内容も確認してみることにしましょう。

大手キャリア回線を使ったモバイルルーターサービスの内容

回線自体は大手キャリアのドコモとソフトバンクの海鮮を使っていますが
サービスの提供は別のプロバイダが行っているというサービスがあります。

スマモバの場合はドコモ回線を使ったMVNOサービスで、SIMフリーの
モバイルルーター端末を使ったサービスを提供しています。

特徴としてはWiMAX2+と同じで月間データ通信容量上限なしプランが
契約できるということ。

ただしスマモバの場合は端末料金が0円ではなく本体購入が必要です。
分割にすれば毎月1,000円分の割引がありますが、500円は自己負担です。

しかも分割の支払いは36回、つまり3年間なので2年で解約すると残りの
端末代金を一括支払いする必要があります。

更に無制限プランでもやはり3日間の通信総量制限があり、2GB以上使うと
速度制限をされてしまいます。

通常の通信速度も下り最速5Mbps程度とあまり速くないのでモバイルルーター
としての魅力はあまりないというのが正直な感想です。

ドコモ回線を使えるという魅力はあるのですが、それだけで月額3,480円に
端末代金500円を支払うのは高いと思いました。

ソフトバンク回線を使えるのはネクストモバイル

次にソフトバンク回線を使えるモバイルルーターのサービスを見てみます。
こちらはプロバイダとして提供しているネクストモバイルがあります。

こちらは格安SIM提供のMVNOではなくソフトバンク回線提供のプロバイダで
ソフトバンクの大容量定額パックをモバイルルーターで使えるようになっています。

ポケットWiFiとの違いは利用できるのはソフトバンク回線だけということ。
当然AXGPエリアの月間データ通信容量無制限のオプションもありません。

ただし端末代金は0円で選べるのは1種類のみですが、大容量データ定額パックは
20GBと30GB、50GBから選んで契約が出来ます。

月額料金は20GBが2,760円、30GBが3,490円、50GBは4,880円と
普通のソフトバンクのスマホを考えるとかなり安く利用することが出来ます。

まあこれは2年間の月額料金で、3年目からは料金が変わってしまいます。
20GBと30GBは同じ金額の3,695円になります。

50GBの場合は月額5,815円とやはり高額になるので使い続けるメリットが
無いという状況なのですが。

通信速度は最速140Mbps程度で直近3日間の総量制限はありません。
2年間ならコスパもよく使いやすいと思えるサービスでした。

レンタルのモバイルルーターサービスの内容

レンタルの場合は店舗によって選べる端末の種類が違います。
多くの場合、WiMAX2+やポケットWiFiどちらの端末も選んで利用できます。

中にはソフトバンクのモバイルルーターも選べるなどかなり多くの端末から選べる
というところがある一方で1種類のみのレンタルというところもあります。

当然店舗によってレンタル代金も違いますが、大体1日400円から500円程度で
レンタルができる様になっています。

ネットを使った受付の場合は送料がユーザー負担というところも多いです。
大体往復送料が1,080円程度かかると思います。

短期間の利用、ちょっとした旅行や入院、引っ越しが決まっていてそれまでの
ネット接続方法など考えられる利用方法はかなり多いです。

長期間のレンタルなら割引が出来るというところもあるのでとても便利なのですが
問題点としては端末もレンタルなので全て中古品ということ。

しかも多くの場合故障紛失の場合、ユーザー負担で修理や補填が必要になります。
端末全額の支払いになると30,000円位かかってしまいます。

まあ故障の場合の保証をつけられるという所も多いです。
500円程度の加算になりますが、端末修理代金よりはかなり安くなるはず。

利用する期間がわかっているならレンタルのほうが安くなる可能性は高いです。

持ち運べるWi-Fiルーターについての素朴な疑問

モバイルルーターというサービスについてはよくわからないという人も多いようで。
その人達の質問をちょっと調べてみました。

モバイルルーターをよく知らない人はどんな疑問を持っているのか。
その疑問に答えて見ますので疑問解消の参考にしてください。

持ち運びのWi-Fiルーターは365日24時間つけっぱなしで良いのか?

普通のルーターとは違ってスマホのような端末なので充電しないと動かなくなります。
使うときだけ電源を入れましょう。

使えば使うほど料金は高くなる?

基本的には定額プランの契約なので料金は変わらないはず。
2段階定額プランなどを契約すれば一定金額までは料金が上る可能性もあります。

どちらにしても契約した金額以上の料金は発生しません。

モバイルルーターが勝手に休止モードになっている

本体設定で省電力モードになっている可能性が高いです。
説明書を見ながら自動省電力設定を変更してみましょう。

月額料金がかからないモバイルルーターってある?

無い。

持ち運びができるWi-Fiルーターという言葉だけで自宅のWi-Fiルーターと
同じ様に考えてしまう人も多いようです。

基本的にモバイルルーターはスマホと同じ契約が必要な通信機器です。
通信回線を使うために月額料金が発生することを忘れないようにしましょう。

-WIFIの知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.