*

光コラボ

光コラボはお得って聞くけど何かデメリットはないの?

投稿日:

光コラボにはメリットとデメリットの両方がある

インターネット回線が全世帯に普及している現状では多くの過程で更にオトクな
インターネット回線に注目が集まっています。

そして一番普及していると思われるフレッツ光を安く使うことが出来る方法として
光コラボレーションという商品に多くの人が注目しているようです。

簡単に説明すると光コラボとはフレッツ光回線とプロバイダをセットにした料金設定で
月額料金を安くすることができるサービスです。

今までフレッツ光の月額料金をNTTに、プロバイダ料金を別々に支払っていたのですが
それをまとめてお得にできるサービスと言われています。

光コラボを提供している業者も多くなり、独自のサービスや特典を利用することができる
新しいタイプの光回線契約方法としても期待されています。

こう見るととてもいいことしか無いように思えるのですが光コラボにはデメリットは
全く無いのでしょうか?

調べてみると光コラボにもデメリットが有ることがわかりました。
今回は光コラボのデメリットについて解説していきましょう。

簡単に光コラボのメリットを確認

まず簡単に光コラボに帰るメリットを確認しておきます。
一番のメリットは月額料金がフレッツ光よりも安くなる可能性が高いこと。

フレッツ光の月額料金は戸建の場合6,000円くらい。
これにプロバイダ料金がかかりますが大手なら月額1,000円程度。

毎月7,000円くらいの月額料金が必要だった光回線の料金が光コラボにすると
月額5,500円以下になります。

ちなみに大手の携帯キャリアドコモが行っている光コラボなら戸建てプランは
月額5,200円が最安値なのでどれだけ安くなるかはわかると思います。

後は光コラボ独自のキャンペーン特典があり、携帯の月額料金割引など
更にお得になる可能性があること。

ドコモ光なら当然ドコモのスマホの月額料金割引があります。
ソフトバンク光ならソフトバンク端末が安くなります。

それに光回線の支払いが一つになるのでわかりやすくなるというのも
小さいですがメリットの1つだと思います。

光コラボにする場合のデメリット

では次に光コラボにする場合のデメリットについて確認してみましょう。
こちらの場合は必ず実感するというものではない、というのが特徴になります。

つまり人によってデメリットと感じる、または状況によって発生する事がほとんどで
メリットのようにすべてのユーザーが実感するわけではありません。

光コラボからフレッツ光に転用できない

すでにフレッツ光に加入している人が光コラボにする場合、使っているフレッツ光を
そのまま使って光コラボにする「転用」という方法が使えます。

基本的には特別な工事が必要なく、事務手数料だけで光コラボになるのですが
これをもとに戻すのはちょっと大変です。

つまり光コラボを転用してフレッツ光に戻すことが出来ないのです。
フレッツ光に戻したい時には光コラボを解約して新しくフレッツ光の契約をします。

まあ結局回線はそのまま使うということになるので、工事費などはあまりかからない
と思いますが手続きがとても面倒なことになります。

光コラボにすると手軽にもとに戻せない、というのはデメリットに感じました。

料金が絶対に安くなるわけではない

光コラボにすると安くなる、というのがメリットのはずですが状況によっては
月額料金が高くなる場合もあるのです。

例えば大きな集合住宅で16軒以上の契約戸数があるようなマンションなら
フレッツ光の月額料金は2,500円以下になります。

これに格安のプロバイダを契約していると月額500円程度なので光回線のコストは
月額3,000円位になります。

でも光コラボにすると最安値クラスでも月額3,600円程度なので状況によっては
光コラボにしたほうが高くなってしまうのです。

まあこれは単純に光回線の月額料金を比べただけなので携帯端末の割引まで考えれば
安くなる可能性はありますが。

代理店にいらない有料オプションを大量につけられている場合

もう一つ、光コラボの加入代理店を使った場合に余分なオプションを大量につけられて
契約しているという場合もあります。

加入代理店は契約内容によってバックマージンが変わるので有料オプションを大量に
勧めてくることも多いです。

また加入代理店独自のキャンペーンを受け取るために有料オプション加入が条件
という場合も。

この有料オプションが多くなるとせっかく安くなった月額料金が元の金額よりも
高くなってしまうこともあるのです。

オプリョンの加入と料金確認はしっかりとしておきましょう。

通信速度が遅くなる可能性

使っている回線はフレッツ光で変わらないのですが光コラボにしたことでプロバイダを
変更したときに通信速度が変わってくる可能性があります。

確かに速くなることもあるのですが、口コミを見ると遅くなったという書き込みも多く
大手プロバイダにしたら夜間の速度がとても遅くなったという意見も。

光コラボにすることで格安のプロバイダが使えなくなり大手プロバイダに乗り換えると
回線が混雑してしまうという状況になりやすいです。

絶対に遅くなるわけではないのですが速度が変わるのがデメリットと捉える人は多く
ちょっと気になるところではあります。

選べるプロバイダの選択肢が狭い

基本的に光コラボの場合、プロバイダなどが提供しているサービスも多いので
選ぶことが出来るプロバイダは少なくなります。

ドコモ光の場合は20社以上のプロバイダから選んで契約が出来ますが、それでも
以前使っていたプロバイダが選べないという場合も。

逆に@niftyが行っている光コラボなら@nifty以外のプロバイダは選べません。
ソフトバンク光もプロバイダはYahoo! BBしか選ぶことが出来ません。

今まで使っていたプロバイダが選べない、ということはプロバイダの乗り換えが必要で
その場合に解約違約金が発生する可能性はあります。

ちなみに今まで使っていたプロバイダをそのまま光コラボでも使える場合には
乗り換えの必要もなく解約違約金は発生しません。

光コラボにすると電話番号が変わってしまう?

基本的に今使っている電話番号を光コラボで使えるようになるIP電話で使うことは
出来るようになります。

電話番号をデジタル回線に移すことは出来るので光コラボにする時には問題なく
電話番号を変えずに使うことが出来ます。

ただし現在フレッツ光のひかり電話を使っている場合、光コラボを止めるときに
注意が必要になります。

アナログ電話をIP電話の電話番号にして使うことは出来るのですがIP電話の番号を
他のIP電話の番号にすることは出来ないのです。

例えばYahoo! BBでIP電話サービスの契約をしたときにもらった番号を光コラボで
フレッツ光のひかり電話の番号にする、ということは出来ません。

現在の電話番号がどこからもらったものかで光コラボにした場合の電話番号が
使えなくなる場合もあるのです。

電話加入権を持っている場合は使い続けることが出来る

ただし電話加入権を持っている電話番号の場合は光コラボでも解約しても同じ番号を
使い続けることができます。

電話加入権を持っていればデジタル回線対応にした電話番号をもう一度アナログ電話の
番号に変えることが出来るようになります。

つまり一度IP電話の番号に変更した番号をもう一度普通のアナログ電話の番号に
戻すことが出来るのです。

これを使えば現在IP電話として登録している電話番号をアナログ回線の電話に戻し
IP電話を解約して新しいIP電話サービスに加入します。

この新しいIP電話サービスに戻したアナログ回線の電話番号をMNPすれば
電話番号が変わらずに使い続けることが出来るのです。

注意点としてはIP電話を解約する前にアナログ電話に番号を戻すこと。
アナログに戻す場合に手数料が最大7,000円位かかる場合もあること。

電話加入権を持っている場合にはこの様な方法も使えるので、電話番号を変えたくない
という人には電話加入権の購入をおすすめします。

電話勧誘によるトラブルも多いのが光コラボ

光コラボが始まって多くなっているのが電話勧誘によるトラブルです。
基本的に契約代理店が電話での契約を求めるのですが、これのトラブルが本当に多いです。

説明不足や勝手なオプション契約も多いのですが契約すると行った後に解約ができない
という強引な契約方法も問題視されています。

現在では政府からも代理店に対して注意勧告がされているので多少落ち着いていますが
それでも多くのトラブルが報告されています。

インターネット回線の「安くなる」という電話勧誘には十分に注意しましょう。
NTTやその子会社を名乗って勧誘をしてくる代理店も多いのでここも注意です。

基本的にNTTは光コラボの勧誘を電話で行うことはありません。
NTT関連会社を名乗ってもそれは全く別の会社です。

では間違いに気がついて光コラボへの転用をキャンセルしたい、という場合には
どうすれば良いのか。

そもそも転用のキャンセルが出来るのかを確認してみましょう。

クーリングオフができるし転用認証番号の再発行も可能

電話勧誘で契約する、といった後に考え直してキャンセルしたいと思ったら
まずは契約する代理店か光コラボの業者に連絡してみましょう。

連絡が取れてキャンセルが出来ればそれで良いのですが、代理店の場合は
キャンセルが出来ないという可能性も高いです。

でもインターネット回線の契約は初期契約解除制度が利用できます。
まあクーリングオフと同じ様な制度です。

契約書の発行から8日目以内に解約の意思を書面で申告することで契約を
解除することが出来る、という制度です。

これをプロバイダ、場合によってはNTTに送ることで契約をキャンセルする
ということが出来るようになります。

ただしそれまでにかかった費用の払い戻しもなく、書面や機材の配送料は全て
ユーザー負担になります。

ちょっとした力技になりますが、転用をキャンセルする場合には転用認証番号を
再発行するという方法もあります。

現在フレッツ光を使っていて光コラボに転用する場合はNTTからこの認証番号を
貰う必要があります。

そして転用認証番号には有効期限があり、有効期限内に手続きをする必要があります。
代理店もこの転用認証番号をもらって転用手続きを進めています。

そこで代理店に知らせずに転用認証番号を再発行してしまえば手続きを続けることが
できなくなります。

番号を代理店に教えなければ手続きがストップし、後は番号の有効期限が切れるまで
待っていればいいだけ。

ちなみに有効期限は15日間です。
それと番号の再取得には以前の番号も必要になるので事前にメモなど残しましょう。

みんなが気になる光コラボのデメリットは?

一般の質問コーナーで質問している人とその回答を見てみました。
やはり光コラボに変更する場合のデメリットについては多くの人が気にしています。

実際に質問をしている人の内容と、その回答をそれぞれ確認してみましょう。

光コラボにしている人が周りにないけどデメリットが多い?

最大のデメリットは一度転用するとフレッツ光に戻せないこと。
月額料金のメリットを感じないなら現状維持でも問題なし。

電話で安くなるって聞いたけど本当?

安くなるかはその家の状況によって違う。
わからないまま契約するとほとんどの場合公開するのでわからなければ契約しない。

ドコモ光って安くなる?

携帯端末をドコモで使っていて、家族にもドコモのスマホユーザーが居るなら
安くなる可能性はある。

ただし光回線が割引になるわけではないので注意。

基本的に光コラボのデメリットは元に戻せないことと回線速度が使ってみないと
わからないということです。

安くなるかはその人の契約状況によって変わるので自分で判断しましょう。
ただし電話での契約には十分に注意すること、基本的に電話勧誘は受けないのがおすすめ。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-光コラボ

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.