*

楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンドの評価は?プロバイダとして使いやすい?

投稿日:

安いけどプロバイダとしての評価は微妙なのが楽天ブロードバンド

インターネットが各家庭に普及して、今では一人に1つ必ずインターネット回線がある
という状況になっています。

自宅で固定回線を使っている人も多いと思いますが、インターネット接続のための業者
プロバイダはどこを選んでいますか?

インターネットには個人で勝手に接続することが出来ず、国による許可が必要です。
個人で許可を取ることも出来るのですがとても難しいし面倒です。

そこで国から許可をもらっている接続業者、プロバイダと契約をしてインターネットに
接続をするという方法が一般的です。

では快適にインターネットをするためにはどんなプロバイダを選べば良いのでしょうか?
例えば安く使えると注目の楽天ブロードバンドは使いやすいプロバイダなのでしょうか?

ちょっと調べてみると楽天ブロードバンドの評判はかなり微妙な感じ。
安いけど通信速度が安定しないという口コミがかなり多く見られました。

では本当に楽天ブロードバンドは使いにくいのか?
サービス内容等含めてちょっと詳しく調べてみることにしました。

楽天ブロードバンドの提供サービス

まずは現在提供されている楽天ブロードバンドのサービス内容について。
普通のプロバイダですが意外に提供されているサービスは多いです。

今は主流になっている光回線、フレッツ光プロバイダサービスを始め
ADSLの提供も行われていました。

それにモバイル通信の1つ、モバイルルーターを提供するプロバイダとしても
楽天ブロードバンドは営業しています。

WiMAX2+のサービス提供をしていて、こちらの契約もできました。

現状取り扱っているサービス内容としてはプロバイダでも多いほうだと思います。
中にはフレッツ光のみというプロバイダもあるのですから・・・

それにフレッツ光の光コラボモデルとしても楽天コミュニケーションズ光という
サービスの提供をしています。

こちらは楽天ブロードバンドをプロバイダとしたフレッツ光のセット商品です。
プロバイダと回線料金をセットにしてお得に支払いができるようにしています。

現在提供されているサービスは以上のようになっていました。

魅力は月額料金の安さ

ではなぜ楽天ブロードバンドが注目されているのかを確認しましょう。
やはりメリットとして感じられるのは月額料金の安さです。

プロバイダ単体として契約する場合、一般的な大手プロバイダは大体月額1,000円くらい。
高いところでは1,500円を超えるくらいの月額料金です。

でも楽天ブロードバンドでは月額500円というかなり安い料金で利用出来るプランが
提供されていました。

光コラボモデルでもファミリープラン4,800円、マンションプラン3,800円と
他のサービスよりも安い月額料金で契約が出来る様になっていました。

通信コストはスマホなども合わせるとかなり高額になりがちです。
それを抑えるためにも楽天ブロードバンドは魅力的に見えるようです。

楽天ブロードバンドのデメリット

では次にデメリットについても調べてみることにしましょう。
楽天ブロードバンドと契約することで何か不利になることがあるのでしょうか?

一番気になるのは上記の月額500円というサービスです。
実はこれ24ヶ月だけのサービスで25ヶ月目からは月額料金が変わってしまうのです。

通常料金はファミリープラン950円、マンションプラン900円という月額料金です。
ほとんど安くないというのが正直な感想です。

しかも500円にする場合は最低契約期間が決められていて、3年間使い続けることが
必要になります。

3年以内に解約した場合は違約金の支払いが必要なので、実際に安くなるかがとても微妙。
実はあまり安くならないというのが大きなデメリットです。

通信速度が安定しない

こちらは確実にデメリット、とは言いにくいのですが通信速度についての意見も
多く見られるのが楽天ブロードバンドの特徴です。

一般的にもインターネット回線の評価は通信速度と大きく関係しています。
特にネット回線の速度はプロバイダと関係しているところが大きいのです。

つまり楽天ブロードバンドにしたらネットの通信速度が遅くなった、という意見が
見られるのがデメリットと思います。

ただこれは単純に遅くなるだけではなく、速くなったという意見も見られます。
つまり通信速度がどう変わるのかは使ってみなければわからない。

一応通信速度に関係する相談窓口もあるのですが、相談したからといって
通信速度が改善できるわけでもないので・・・

通信速度に関しては評価の分かれるところでもあります。

遅い時はADSL以下、速い時は100Mbps近く

ちなみにどれくらいの通信速度なのか、口コミで速度の計測結果を上げている人の
評価を集めてみました。

確かに混雑する時間帯にはかなり通信速度が遅くなっているようで、速度計測の結果
下りが0.5Mbpsという画像を確認することが出来ました。

後は文字情報だけですが下り400Kbpsという本当に遅い通信速度になってしまう
という意見もありました。

ただし快適に使えているという意見もあるのが事実です。
そちらの通信速度は下り100Mbps近くになっているものもありました。

平均して70Mbps程度はでているという意見もありました。
実際に80Mbps程度の速度結果を画像でも確認できました。

地域や時間帯によって元々通信速度は大きく変わるのが一般的です。
楽天ブロードバンドでもその傾向はあるようです。

まあ気になるのは楽天ブロードバンドからOCNに変えたら通史速度が上がった
という口コミもあることです。

混雑するはずのOCNよりも速度が出ない、というのはやはり接続機材自体が
弱いということなのでしょうか・・・

かなり不安定という印象が残りました。

モバイル通信のサービス内容

固定回線だけではなくモバイル通信のサービス内容も確認してみましょう。
楽天ブロードバンドでWiMAX2+を契約した場合を調べてみました。

WiMAX2+はBIGLOBEや@niftyなど大手プロバイダはどこでも提供している
モバイルルーターのサービスの1つです。

提供エリアがLTEよりも少し狭いのが欠点ですが、プランによっては月間データ通信容量
制限なしというサービスを選べるのが魅力です。

これを楽天ブロードバンドで契約した場合、月額料金がどう変わるのでしょうか?

WiMAX2+の一般的なサービス、月間7GB上限プランの場合は月額3,696円
月間の上限なし、ギガ放題プランの場合は月額4,380円です。

他のプロバイダと比べて特別安いというわけでもなく、普通の月額料金です。
契約期間もWiMAX2+では一般的な3年契約です。

特に安くなる特典もなく、普通のプロバイダの契約という印象です。

WiMAX2+の契約にしては特典が少ないのが気になる

WiMAX2+では新規加入特典として多くのキャッシュバックやプレゼントが
利用できるという特徴があります。

以前ほど大きなキャンペーン展開をしているところは少ないのですが、今でも
1万円以上のキャッシュバックが出来るプロバイダはあります。

でも楽天ブロードバンドでは楽天ポイント5,000Pのキャッシュバックです。
それに毎月100Pのプレゼントもありますが・・・

現金キャッシュバックがなく、もらえるポイントもちょっと少ないというのが
気になるところです。

まあ全く還元がない、特典がつかないプロバイダに比べるとお得ですが。
他と比べてしまうとちょっと魅力的に見えないというところもありました。

最新端末を選べるがそれ以外が選べない

もう一つ気になるのが選ぶことが出来る端末の種類です。
現在の最新端末を選べるのは良いのですが、それ以外がありません。

現行の最新端末2種類のみの契約となっていました。
ただし端末代金自体は0円購入が可能です。

まあ他のプロバイダでも端末代金0円というのは多くのところで行っている
新規加入キャンペーンですが、これを楽天ブロードバンドでも使えます。

端末代金に関しては他のプロバイダと同じ様に気にする必要はありません。
ただし選べる端末の種類は少ないです。

6ヶ月目までの解約違約金が高い

一番気になったのは途中解約した場合の違約金が高いことです。
契約期間が3年なので途中で解約した場合に違約金が発生します。

一般的には9,500円くらいの違約金なのですが、楽天ブロードバンドでは
半年までに解約した場合には32,240円の違約金が発生します。

ちなみに7ヶ月目から12ヶ月目までは19,000円、13ヶ月目から24ヶ月で14,000円
25ヶ月目以降は9,500円になります。

複数年契約をして早期に解約してしまうとかなり大きな出費になります。
契約期間と解約のタイミングには十分に注意しましょう。

楽天ブロードバンドが良いと思えるポイント

色々なサービス内容も含めて、口コミなども確認してから改めて楽天ブロードバンドが
良いと思えるところを確認してみることにしましょう。

楽天ポイントが貯まる可能性が高い

楽天グループが提供しているサービスの会社なので基本的に何を契約しても
楽天ポイントが貯まるシーンがとても多いです。

光回線やモバイルルーターの契約でも毎月100Pが加算されます。
当然支払いを楽天カードにすればカード利用のポイントも貯まります。

新規加入で5,000P貰えれば、それを使って楽天市場で普通に買い物ができます。
楽天市場内では厳禁と同じに使えるポイントです。

楽天市場をよく使っていると言うならお得になる状況はとても多いです。

ドコモのスマホが安くなる

楽天ブロードバンドはドコモ光で選ぶことが出来るプロバイダでもあります。
ドコモ光はドコモが提供する光コラボです。

ドコモ光の契約をすればドコモのスマホの月額料金割引が出来ます。
プロバイダは選んで契約できるのでどこでも変わらず割引を受けることができます。

まあ当然ですがドコモ以外の端末では割引はできませんし、スマホのデータパックの
割引なのでガラケーでは意味がありません。

ただドコモの端末を使っている人も多いと思うので、割引は受けやすいと思います。

楽天ブロードバンドを微妙と思うポイント

次に楽天ブロードバンドを選ぶ必然性を感じない、と思えるポイントも確認します。
通信速度が遅くなる、という意見もありますがそれ以外にも何があるかを見てみます。

楽天モバイルの割引がない

楽天グループでは格安SIMの提供も行っていて、業界でも最安値と言われている
格安SIMの楽天モバイルを提供しています。

格安スマホと合わせてお得に購入できるサービス提供があるのですが、これと合わせた
お得なキャンペーン展開などがありません。

ちなみに他の格安SIM提供プロバイダでは月額料金の割引は普通にあります。
BIGLOBEのBIG SIMや@niftyのNifMoなど月額料金が安くなります。

ドコモならドコモ光で安くなるのに楽天モバイルでは何も変わらないのは
ちょっと不思議な感じで残念です。

IPv6方式の通信に対応していない

次世代の通信規格として注目されているのがIPv6方式の通信方法です。
大手プロバイダではこちらの対応したサービスの提供も多くなっています。

BIGLOBEではIPv6オプション、@niftyではv6プラスという名称ですが
それぞれにIPv6方式の通信サービスのことです。

回線速度の向上も期待されるサービスですが楽天ブロードバンドでは現状ではまだ
こちらのサービスに対応していません。

今後はわかりませんが、今利用するメリットが少ないという意味では残念です。

解約手続きがちょっと面倒

契約はインターネット上から出来るのですが、解約をする場合にはネット上の
会員ページではできなくなっています。

楽天ブロードバンドの会員ページで解約できるのはオプション契約のみです。
プロバイダ契約を解約するにはサポートダイヤルに電話をする必要があります。

しかも電話が繋がりにくく、対応が不親切という意見も多く見られるのが
サポートセンターなので底に電話をするというのもちょっと大変です。

まあインターネットやプロバイダのサポートセンターはいつでも混雑しているので
繋がりにくいというのはわかるのですが・・・

解約手続きがこちらだけというのはやはり不親切に感じます。
解約するまでに時間がかかってしまうのは評価が悪いというのも納得できます。

楽天ブロードバンドは説明が足りない?

インターネット上の質問などを見てみると、楽天ブロードバンドに対して
不親切だという意見を持っている人がおお区いるのがわかります。

まあ混雑しているサポートセンターに電話をして、対応が丁寧でなければ
怒る人が多いというのは当然だと思いますが。

そもそも楽天ブロードバンドは基本的に初心者向けに説明をしていないと思えるところが
多く見られます。

光回線の接続に関しても全くわからない人が出来るように図解で説明する、ということは
行っていません。

つまりそれなりに知識のある人が契約する、ということを前提にしている雰囲気が
感じられたのですが・・・

それと楽天ブロードバンドは勧誘が酷い、という意見も多くありました。
基本的に勧誘をするのは契約代理店ですが、その管理監督は行っていないようです。

親切な対応で手取り足取り教えてくれるプロバイダを探している、と言うなら
間違いなく楽天ブロードバンドはおすすめできません。

何もわからないけど安くなると言われたから契約した、では文句が言えないのが
今のインターネット契約なので事前に情報収集はしっかりと行うようにしましょう。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-楽天ブロードバンド

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.