*

光回線の知識

回線速度を向上させるために出来ることはどんな事?

投稿日:

回線速度が遅いと感じた時には原因を確かめて解決策を取る

インターネットを使っていて、通信速度が遅くなったと感じることはありませんか?
こんな時には回線速度が遅くなる原因があると考えられます。

まあ単純にどこかが故障しているという場合ならそこを直せば通信速度は元通りに
回復するはずなのですが・・・

実際にインターネット回線が遅くなる原因を確かめるのは実は大変です。
ある程度の知識なども必要になりますし・・・

でも手軽に確認ができて通信速度向上にも期待できるという方法もあります。
とりあえず遅いと感じた時に出来る方法を考えてみましょう。

回線速度が遅くなる原因は色々と考えられますが、一番簡単な方法から
まずは試してみましょう。

回線関係の周辺機器の電源を切ってみる

まず考えられるのは通信関係の周辺機器がなにかおかしくなっている場合。
これを直すためには電源を切ってリセットしてみるのがおすすめです。

例えば光回線を使っているならデータを変換するための回線終端装置、ONUが
設置されているはずですがたまに設定がおかしくなる場合もあります。

またスマホなどを使っている場合は固定回線に接続させるためにWi-Fiルーターを
設置していると思いますが、これもたまに設定がおかしくなることがあります。

それらのちょっとした不具合なら電源を切って一度リセットすることで元通りになる
という場合も多いのです。

機種によっては電源を抜いてから数秒、長いものなら60秒ほど放置する必要があります。
これをまずは試してみることにしましょう。

回線速度が回復すれば問題なし、戻らない場合は別の原因があるということ。
次に確かめるための方法を考えてみます。

Wi-Fiルーターと有線LAN接続してみる

次に考えるのは設置している機材自体が故障をしている可能性です。
ONUやWi-Fiルーターがどこか悪くなっている可能性も考えられます。

ONUが故障していれば電源を切ってリセットした後にランプで知らせてくれるはず。
以上を示すインジケーターならレンタルしているところに連絡をしてみましょう。

ONUが正常なら今度はWi-Fiルーターを確認します。
まずはWi-Fi機能がおかしくないか、有線LANで直接ルーターとパソコンを繋ぎます。

この状態で遅く感じない場合はWi-Fi機能がおかしくなっている可能性があります。
ここでもやはり遅いと感じるなら今度はONUとパソコンを直接つないでみます。

ONUから直にパソコンに繋いで快適にネットが出来るならWi-Fiルーター自体が
おかしいということになります。

それなら買い替えを考えてみる、というのはいかがでしょうか。
それに古くから使っているWi-Fiルーターでは通信速度に対応しきれない場合も。

最近では光回線の通信速度も下り最速1Gbpsというのが普通になりつつあります。
これに対応するにはWi-Fiルーターもある程度性能が求められるようになります。

高速通信に対応できるようにファームウェアを変えてみる、本体自体を変えてみる
というのはかなりおすすめできる方法です。

実際に最新のWi-Fiルーターに変更したら通信速度が速くなったという場合もあります。
古い周辺機器の買い替えも考えてみてはいかがでしょうか。

LANケーブルの買い替えでも速くなる可能性は高い

ONUやWi-Fiルーターを接続しているLANケーブルも実は速度低下の原因になっている
という可能性があるのです。

やはり通信速度が速くなり、LANケーブルの対応速度が追いついていない可能性も。
LANケーブルのカテゴリーを確認してみましょう。

LANケーブルには種類があり、カテゴリーという分類分けがされています。
光回線が普及し始めた頃はカテゴリー5が一般的なLANケーブルでした。

でもカテゴリー5は対応速度が100Mbpsなのでギガ海鮮を使っている場合はケーブルが
速度低下の原因になってしまう場合もあるのです。

現在はカテゴリー7まで販売されていますが、これは研究所などで使われるクラスなので
その下のカテゴリー6や6Aなどでも十分だと思います。

特にLANケーブルは光回線契約から一度も交換していないという人も多いようです。
単価も高くないのでまずはLANケーブルを交換してみるというのもおすすめです。

モジュラージャックからONUまでの距離も問題になる

ケーブル関係でもう一つ、回線終端装置と壁のモジュラージャックまでの長さも
回線速度を遅くする原因になる場合があるようです。

これは主に集合住宅でVDSL方式の分配をしている光回線での話ですが、集合住宅では
建物に配線された光回線を入居者全員で分配して使っています。

回線を分配する方式にも色々あるのですが多く使われているのが元からある
電話回線を使って光回線を分配するVDSLという方式です。

この方式の場合は壁にある電話線のモジュラージャックからONUにつないで
それをさらに電話回線とインターネット回線に分配するということになります。

そしてこの壁からONUまでの距離が長くなってしまうと電話回線を使っている
距離が長くなるので通信ノイズが入りやすくなり、速度が遅くなるのです。

壁からONUをあまり離さずに使えば良いのですが、パソコンの位置との関係から
それも難しいというならモジュラーケーブルの代わりにLANケーブルを使う方法も。

モジュラージャックとLANコネクタの変換器を購入して接続、ONUとLANケーブルで
接続すれば通信ノイズが入りにくくなるので通信速度向上が出来る可能性があります。

まあ効果が全く無い場合もあるのでかなり博打要素の強い方法ではありますが・・・
集合住宅の場合にはこんな原因も考えられます。

パソコンなど端末の性能が悪い場合

ONUとパソコンを直接つないでも通信速度が遅いと感じるならパソコンなどの端末が
速度低下の原因になっている可能性も。

単純にパソコンの性能、通信機器の性能を上げるだけで通信速度が上るかもしれません。
それとパソコンで使っているOSが古いとやはり通信速度は遅くなります。

OSとはオペレーティングシステム、つまりパソコンを動かすためのプログラムです。
パソコンの根本のプログラムが高速通信に対応していないなら通信速度は上がりません。

確認するためには新しい本体を今の回線でつないでみるということが必要ですが・・・
友達などからノートPCを借りてつないでみて、快適だったらパソコンが原因です。

OSをアップデートせずに回線速度向上をする方法

パソコンやOSが古いことが速度低下の原因だったとして、OSのアップデートや
本体買い換えをせずに速度向上をさせる方法も一桜あります。

ただしそれはプログラムからパソコンの設定を変更するためにそれなりの知識が必要で
最悪の場合まともにパソコンが動かなくなる可能性もあります。

一応説明をするとWindows7の場合ならコマンドプロンプトからプログラムを入れて
回線速度のリミットを外すという設定変更で通信速度を上げることができます。

ただし通信速度のリミットを外すためにパソコンが情報処理をする負担が大きくなります。
CPUの性能によっては処理が間に合わずに逆に遅く感じる可能性もあります。

Windows8ではIPv6の設定を変更するという方法も

同じ様にWindows8でもコマンドプロンプトから設定変更をして速度向上が出来る
という可能性もあります。

ただやはり同じ様にある程度の知識が必要で、Windows8の場合はタブレットPCなど
元々Wi-Fi接続がメインの本体で導入されているOSです。

そのためにルーターの設定などでも通信速度が遅くなっているということもあり
更に設定が難しくなります。

特にIPv6が使い始められた頃のOSなので初期設定でIPv6がIPv4より優先的に
使われる設定になっています。

対応しているサイトが少ないならIPv6を使う意味がないので、この初期設定を
変更するだけでもある程度の通信速度向上が期待できるのですが・・・

コマンドプロンプトにプログラムを打ち込むという知識が必要な方法なので
私は基本的におすすめしません。

PS4の通信速度を向上させる方法

インターネット回線を使う本体としてパソコンの他に家庭用ゲーム機でネットを
使っているという方も多いと思います。

多人数参加型の対戦ゲームをする場合、やはり通信回線の速度はとても重要です。
そこでPS4を使う場合の通信速度向上手段を考えてみましょう。

やはりちょっとおすすめしにくいのですが、PS4のインターネット接続設定で
DNSを手動設定するという方法があります。

DNSとは簡単に言うとネット上で情報を集めるために使う中継サーバーです。
これを指定することで通信速度が向上する可能性があるのです。

使うのはフリーのDNSサーバーとして開放されているGoogleのDNSサーバー。
ここを使うようにPS4の設定を変更します。

LANケーブルを使って接続、カスタムで設定をします。
IPアドレスは自動、DHCPホスト名は指定しないとしてDNSだけ手動で記入。

プライマリDNSを8.8.8.8としてセカンダリDNSを8.8.4.4に変更します。
これでGoogleのDNSを使えるようになります。

前提としてWi-Fi接続ではなくLANケーブルを使った有線接続にすること。
通信速度が変わらないと思ったらもとの設定に戻すようにしましょう。

プロバイダや回線自体が遅い原因

パソコン本体も通信速度が遅くなる原因ではないというならあと考えられるのは
プロバイダや光回線が遅い原因ということです。

単純に光回線のメンテナンスや通信障害という一時的なものなら回線業者などに
確認をとって待っているだけでいいです。

でもプロバイダの混雑、集合住宅で同じ建物内で回線独占をするほどの
ヘビーユーザーがいるという場合には自分で改善するのはほとんど不可能です。

特にプロバイダはユーザーが多くなれば設備投資もしやすくなるのですが
その反面、ユーザーが集まる時間帯には混雑が原因で通信速度はとても遅いです。

大手プロバイダの中には混雑解消のために特定の時間帯には全ユーザーに
通信速度制限をかけるという措置をとっているところもあります。

プロバイダが速度制限をしているならユーザーが出来る解決方法は一つだけです。
プロバイダを変更すること。

地域によっては大手プロバイダでもそれほど混雑しない場合もあるので
プロバイダの変更だけでもかなり快適になる可能性は高いと思います。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式に対応しているプロバイダにする

現状プロバイダが原因だったとしてもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信に対応しているプロバイダならこちらを使ってみるという方法も。

プロバイダとインターネット回線の混雑を回避できる通信方法として
注目されているのがこちらの接続方法です。

IPv6オプションやv6プラスなど色々なサービスの名称がありますがどれも同じ
通信方法のサービスです。

簡単に説明すると独自の混雑回避ルートを使ってインターネット接続をするので
大手プロバイダでも問題なく通信速度向上に期待ができる接続方式です。

プロバイダによっては有料オプションで月額料金が必要になりますが月額500円程度と
それほど大きな負担にはならないはずです。

通信速度はどれ位になれば快適と言える?

インターネット回線はどれ位の速度なら快適なのでしょうか。
遅いと感じる速度をどこまで向上できれば成功なのでしょうか。

まあはっきり言うとその人によって快適と感じる通信速度は違います。
ライトユーザーなら多分20Mbps程度の通信速度でも快適なはず。

有名動画配信サイトで通常サイズの動画を見る場合、必要と言われる通信速度は
5Mbps程度、高画質でも10Mbpsあれば十分だそうです。

スマホのLTEでも10Mbps程度は出るので、固定回線を使っているならその倍の
20Mbps程度あれば快適と言えるかと思います。

ただこれはライトユーザーの場合でネットゲームをしているヘビーユーザーなら
下り100Mbpsでも遅いという人は多いと思います。

特にパソコンを使って大人数で同時対戦をするようなゲームをしている人なら
400Mbps出るような高速通信ができて、やっと快適という感じでしょうか。

PS4等の場合は通信速度よりもPing値のほうが重要

ちなみにPS4の場合、通信速度自体は5Mbps程度あれば十分快適にゲームを
楽しむことが出来ると言われています。

まあこの通信速度ではダウンロードに時間がかかるのでゲームは良いけど
DLCやアップデートがとても遅いという感じになってしまいますが。

それにPS4やパソコンのゲームの場合、通信速度よりもPing値という数値のほうが
重要と言われています。

Ping値とは半の速度のようなものでボタンを押してからサーバーに情報が届いて
それが画面に反映されるまでの時間を表しています。

つまりPing値が小さいほど反応がよく、ゲームによってはとても有利になることも。
数値的には20msあればズレを感じること無くゲームができるそうです。

これが一桁になればかなり反応速度が良い回線ということに。
逆に100msを超えるようなら遅延を感じるのでまともにプレイが出来ないとか。

これらの数値はある程度の目安ですが、一応参考にすると回線やプロバイダを選びやすい
と思います。

通信速度向上についての質問と回答

多くのユーザーが悩んでいる回線速度の向上方法の質問とその回答も集めてみました。

家庭用ゲーム機で通信速度を向上させる方法は?

基本的にルーターと本体を有線接続すること。
ゲーム機本体の接続設定もLAN接続に変更が必要。

ギガ海鮮を使っているならルーターもギガ回線対応のものがベスト。
使うLANケーブルなども注意すれば少しは速度向上が期待できる。

通信契約をハイスピードにしたが回線速度が速くならない

回線契約をギガプランにしたならパソコンの周辺機器なども対応したものに。
後はプロバイダの問題も考えてみる。

以前のプロバイダと変えて通信速度が遅くなったならプロバイダが原因の場合も。

パソコンやルーターの設定を変更して通信速度の向上をさせたい

設定変更はある程度の知識が必要で意味もわからずに変更しても成功する確率は
とても低い。

回線速度があまりに遅いと感じた場合、まずは回線提供業者に連絡を。
回線に問題がなければ周辺機器の交換も無償で対応してくれるはず。

どんな状況でもまずは回線速度が遅い原因を確かめてから対応するほうが
速度向上のためには確実。

-光回線の知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.