*

光回線の知識

光回線の通信速度ってどれくらい出れば快適になる?

投稿日:

快適に使える光回線の通信速度はどれくらい?

現在、インターネット回線のサービスを提供しているところはかなり多くなっています。
回線の種類自体も増えていて、固定回線だけでもかなり選べるようになりました。

その中でも最近では光回線がインターネットの固定回線の主流になっています。
光回線とはインターネット通信に専用の光ファイバーケーブルを使う通信回線です。

以前はNTTが提供するフレッツ光しかありませんでしたが今ではNURO光やauひかり
という別の会社が提供する光回線も増えてきました。

ではなぜ光回線がインターネットの固定回線の主流になっているのか。
それは安定性が高く高速通信が出来るからだと考えられます。

インターネット専用の光回線では回線にノイズが入りにくく、データ通信が高速で
できるようになるので通信速度がとても速くなるというメリットがあります。

では快適にインターネットが出来る通信速度とはどれくらいなのか。
現在は一応下り20Mbps程度の通信速度があれば快適と言われています。

ただ実際に光回線を使っている場合にどれくらいの通信速度が出せるのか?
快適に使える通信速度にするためにはどうすればいいのか?

光回線の通信速度についてちょっと考えてみることにしました。

宣伝されている通信速度はベストエフォート

まずはインターネットの通信速度についてちょっと注意点を。
広告などで見る通信速度とは実際に使っている時の速度ではありません。

例えばフレッツ光ネクストの場合、下り最速1Gbpsという通信速度が広告などでも
見ることが出来ますがこれはベストエフォート、性能の上限数値です。

ベスト(最大限)のエフォート(努力)で出せる通信速度なのです。
つまりカタログスペックの最高速度、実際の通信速度ではありません。

色々な条件が重なってその数値に近い速度が出せることはありますが・・・
毎回その通信速度を期待するのはちょっと間違っているので注意しましょう。

通信速度を知るためには実際に測ってみるのが一番

では実際の通信速度を知るためにはどうすればいいのか。
自分が使っている光回線なら自分で計測してみればいいのです。

インターネットの通信速度はデータをやり取りするのにかかる時間です。
つまりダミーデータをサーバーとパソコンの間でやり取りをすれば通信速度はでます。

この様な通信速度を測るためのサイトというのが結構あります。
底を使って実際に計測してみればどれくらいの通信速度があるのかはすぐに分かります。

ちなみに速度計測サイトの中には情報共有が出来るサイトもあって、特定地域で
計測した人の平均速度などを見ることが出来るというサイトもあります。

計測サイトは単純に速度を測るだけではなく、どんな環境でネット接続をすれば
通信速度が上がるのかを確認するためにも使うことが出来るのです。

おすすめの計測サイトはこちら

色々な計測サイトがありますが多くの方が使っている、使いやすいと思われるサイトを
紹介したいと思います。

私がおすすめしたい、使いやすかったサイトも紹介します。

Radish Network Speed Testing

処理速度が速く、上記の特定地域での測定結果を調べることが出来るサイトがこちら。
当然非公開にすることも出来るので安心です。

基本的には回線のタイプ(戸建てやマンション)を選んで上りと下り、両方の速度から
選んで計測するというカスタマイズが色々と出来る計測サイトです。

ただし現在javaアプレットを利用して計測しているのでブラウザによっては
使うことが出来ません。

Google Chromeも対応が遅れているのか使えませんでした。
まあその場合はjavaスクリプトで計測も出来るのですが。

USENスピードテスト

名前の通りUSENが行っているスピードテストです。
計測も手軽でFlash Playerだけで簡単に測定ができます。

サイト内に多くの広告があるのはUSENのサイトだからなのでしょうがないかと。
ただ測定時間が速いのですが下り速度以外何もわかりません。

手軽に速度計測をしたい、という方にはおすすめですが詳しい情報が知りたい
という場合はかなり物足りないと思います。

BNRスピードテスト

速度計測サイトとしてはかなりの老舗で、こちらもFlash Playerだけで測定が出来る
手軽な計測サイトです。

こちらの特徴は下り、上りが別々に計測できること。
別れている分だけそれぞれの計測時間が短く手軽に使えます。

ちなみに携帯版のサイトにいけるQRコードもあるので携帯端末の通信速度も気になる
という方にはこちらがおすすめです。

BROADBAND speedtest

こちらもスマホなど携帯端末の速度計測ができるサイトです。
ただ携帯版はアプリのダウンロードが必要になります。

私はパソコンでこちらのサイトを使うのがおすすめです。
パソコンなら画面表示をしてクリックするだけで計測ができるので。

計測も上り下りとPing値を同時に計測することができます。
Ping値とは反応速度のようなもので数値が少ないほど反応がいいということになります。

ワンクリックでこの全てが計測できて、スピードメーターを真似した計測中の画面も
ちょっと気に入っています。

speedtest

海外サイトですが日本国内でも問題なく使えます。
使い方も画面真ん中にある「GO」の文字をクリックするだけ。

こちらも上り下りの通信速度とPing値を同時に計測してくれます。
問題点は海外サイトなので計測サーバーが日本ではない場合も多いこと。

自分で計測サーバーを選ぶことが出来るので、なるべく近いところを選んで計測する
というちょっと手間がかかるのが気になりました。

NURO光

NURO光の公式サイトでも速度計測ができる様になっています。
ただ私が使っているChromeではjavaが実装されていないとでて計測できませんでした。

IEなどを使えば使えると思うのですが・・・
ちなみにNURO光に加入していない、フレッツ光回線でも計測はできます。

速度.jp

Speedtestの日本語版というところでしょうか。
基本的に同じ計測ができる様になっています。

まあ日本からアクセスすればspeedtestでも日本語で表示されるのでこだわって
日本語サイトを使う意味はあまりないと思いますが・・・

快適と感じる通信速度はどれくらい?

実際の光回線の通信速度を測ることが出来るとわかったところで、使っていて
快適と感じる通信速度はどれくらいなのかを確認してみましょう。

確かに光回線の最高速度は現在下り2Gbpsという速度です。
当然ベストエフォートですが性能上ではここまでの通信速度が出せるはずなのです。

でも光回線は通常その最高速度が出ることはありません。
それならばどれ位の通信速度が出れば快適にできていると感じられるのでしょうか。

これも人によって感じ方が変わるのである程度の目安、ということになりますが・・・
一応一般的に言われている通信速度を調べてみることにしました。

通常の使い方をするなら下り10Mbpsもあれば十分

基本的にインターネットを使う場合、サイトを見るなどインターネット上から
情報を自分の端末にダウンロードするのが一般的な使い方です。

そこで快適に感じる通信速度は下り速度で見てみることにしました。

まず普通にインターネットを使うという場合、特定のサイトやブログを見る
ということになると思います。

あまり大きな動画などを使わなければ写真を見るくらい、それならば通信速度は
それほど高くなくても十分快適と感じるはずです。

ちなみに下り10Mbpsあれば通常画質の動画なら問題なく見ることが出来ます。
途中で読み込みも起こらずに動画を見るためには10Mbpsが最低ラインだと思います。

光回線の平均速度は60Mbpsくらい

光回線の平均速度くらいは欲しい、というのが快適な通信速度という考え方も。
その場合は大体60Mbpsから150Mbpsというところでしょうか。

光回線にも種類があるのでそれなりに平均速度に幅ができます。
100M回線なら40Mbpsから60Mbps程度が平均速度になるかと。

大体契約している回線の最高速度の4割から6割程度が普通、と言われています。
ただ最近はギガ回線も多くなっていて、こちらではもう少し平均値が低くなります。

ギガ回線なら170Mbpsから400Mbps程度が平均、というか地域によって変わりますが
だいたいこの辺りの速度が出る、と言われる平均速度です。

まあ普通はギガ回線の契約をする人は早い通信速度が好みのはずなので、そこで
通信速度が10Mbpsなら快適とは言えないと思います。

ギガ回線の契約をするなら150Mbps以上の通信速度が欲しいところでしょうか。

ネットゲームをする人は100Mbpsでも遅いと感じる

特殊な例、と言う訳ではないのですがネットゲームをする人の場合はその多くが
100Mbps平均でも遅いという方が多いです。

特にゲーム内の反応速度がゲームの結果に直結するようなもの場合、どれほど速くても
満足できないというプレイヤーが多いようで。

ちなみに通常の対戦格闘ゲームくらいなら下り5MbpsでPing値が20mgあれば問題なく
プレイをする事が出来ます。

ただFPSをやっているプレイヤーはこの通信速度ではまともなプレイが出来ない
と怒り出すと思います。

快適な通信速度というのはその人の環境や利用方法によっても大きく変わるので
平均値を出すのはちょっと難しいと思います。

NURO光は通信速度も速くおすすめできる回線?

では実際にどんな光回線が快適に使えるのでしょうか。
口コミを見てみると多くの方が評価しているのがNURO光です。

NTTのフレッツ光とは別の光回線を使ったサービスで、下り最高2Gbpsという
高速通信が出来るという大きな魅力のある回線です。

実際に使っている人の口コミを見ると、混雑する時間帯でも下り400Mbpsという
かなりの高速通信が出来ているという地域もありました。

実際にフレッツ光と比べても登録ユーザー数がまだ少ないので混雑する時間帯でも
ユーザーが多くないという大きなメリットがあります。

更に最高速度も2Gbpsとかなりの高速通信可能な回線なので現状では実測数値も
かなり高い通信速度になっているようです。

携帯端末の割引などもあるので加入キャンペーンとしてもお得なのですが
問題点があるのがちょっと残念です。

対応地域がとても狭いのがNURO光

フレッツ光はほぼ全国で展開されていて、どこでも契約することが出来るという
大きなメリットがあります。

一方NURO光は現在対応地域がかなり限定されてしまいます。
以前は首都圏中心に一部地域のみの対応となっていました。

東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城のみが対応地域でした。
一応その後対応地域は増えたのですがまだまだ全国には遠いという印象です。

大阪、京都、兵庫、奈良、三重、滋賀、岐阜、愛知、静岡も対応地域になりました。
東海と一部関西地方が対応になったということです。

この地域の方で現在の光回線の通信速度に不満がある、という場合には
乗り換えも考えてみてはいかがでしょうか。

通信速度が遅くなった原因を解消してみる

通信速度が急に遅くなった場合は通信機器のトラブルも考えられます。
また通信機器を見直すことで通信速度が上る可能性も。

光回線を変更する前に自宅でできることがあればそれを試してみるというのも
いい方法だと思います。

通信速度が遅くなる原因を確かめて改善方法も考えてみましょう。

通信機材に問題がある場合

とりあえず一番考えられるのは通信に使っているLANケーブルが悪いこと。
ギガ回線を使っているのにLANケーブルの最高速度が遅いという場合があります。

LANケーブルには種類があって、カテゴリーと言われるランクがあるのです。
現状カテゴリー7が最高ですがこれはあまり一般的ではありません。

まあ市販もされているのですが、普通はカテゴリー6くらいでも十分です。
これがカテゴリー5になると多分通信速度低下の原因になります。

カテゴリー5の通信速度は100Mbpsなのでギガ回線の契約をしている場合には
速度が対応速度を超えてしまうので上がりにくくなってしまうのです。

一応100Mbpsを超えた通信速度が出せるのですが、素直にカテゴリー6にしたほうが
簡単に通信速度が上る可能性が高いと思います。

後は回線分配に使っているWi-FiルーターやHUBの故障、古くなって対応速度が
回線に追いついていないということも考えられます。

精密機器ですし、通信速度に関しては最新機器のほうが上がりやすいのは確実です。
パソコンも古ければ通信速度が上がらないので機材の買い替えも考えてみましょう。

ONUが故障している場合

光回線は専用回線なのでそれをそのままパソコンに接続することが出来ません。
光回線をLANに変換する端末が必要になります。

それがONU、回線終端装置と言われる機材で通常回線業者からレンタルしています。
ひかり電話を使っているならホームゲートウェイという商品になっているはず。

これが故障していれば当然ですが通信速度は上がりません。
ただこの場合、自分で交換ができないので回線業者に連絡をしましょう。

経年劣化による故障の場合は無償交換が出来るはずです。
まあぶつけて壊したというなら修理か交換費用が必要になるのですが。

ONUが壊れると回線接続もできないので簡単にわかると思います。
ランプなども確認して故障ならすぐに交換してもらいましょう。

回線混雑やプロバイダの通信障害

インターネット回線がそもそも混雑しているなら通信速度は上がりません。
特に集合住宅の場合、同じ建物内で回線を共有するので混雑も激しい可能性が。

後はプロバイダや回線業者のメンテナンスなどで通信がつながっていない。
通信障害が起こっていて回線がつながらないなどの状況もあります。

これらの場合は自分でなんとかできるものでもないので諦めるか、回線乗り換え
という方法になると思いますが・・・

これ以外の理由で遅くなっているなら自分で回復できる可能性は十分にあります。
まずは回線が遅い原因を考えてみることにしましょう。

光回線の通信速度についての質問

ユーザーの質問を調べてみても光回線の通信速度については多くのユーザーが
色々な疑問や解決方法を探しているようです。

特に通信速度が遅くて解消方法を探しているという方も多いようです。
やはり考えられるのはプロバイダや回線の混雑なのですが・・・

現状インターネットを使っているユーザーはとても多く、その人が集まる時間帯は
どんな場所でも回線が混雑して遅くなることが多いと思います。

それを解消するなら混雑していない回線を使う、混雑の少ないプロバイダを探す
そもそも回線を使わないなどの方法が考えられるかと。

今なら新しいインターネット接続方法のIPv6方式に対応しているプロバイダも
多くなっています。

これらの方法を使うことで光回線の通信速度はまだ早くなる可能性があります。
色々な方法を考えて自分にできる解決方法を探してみましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.