*

光回線の知識

プロバイダを確認するための方法が知りたい!

投稿日:

自分が契約しているプロバイダを確認する方法

最近では回線契約と同時にプロバイダ契約をする、まとめて契約することで
インターネット料金が安くなるプランが提供されています。

フレッツ光の光コラボを始め、色々な契約方法があるのですがここで注意が
必要になるのは契約しているプロバイダについてです。

例えば最初にフレッツ光のセットプランで加入した場合、フレッツ光に
申込みをしたのはいいのですがプロバイダがわからないということも。

自分でこだわって選んだプロバイダならそんなこともないのですが・・・
それに集合住宅の場合はすでにプロバイダに加入しているという場合も。

最初からインターネット回線が使える賃貸住宅の場合、入居当日から
インターネットを使えるように最初からプロバイダ契約も終わっています。

こんな時には自分が契約しているプロバイダがわからないという状況も。
では自分のプロバイダを確認するための方法はあるのでしょうか?

まあインターネットに接続できていれば結構簡単に確認はできます。
ネット接続できない状況でも一応確認する手段はあります。

IPアドレスを確認してプロバイダを割り出す

そもそもプロバイダとは日本語でいうとインターネット接続代行業者です。
つまりインターネットに接続するための業者ということです。

普通一般人はインターネットに直接つなげることが出来ません。
特別な資格が必要なので普通は代行業者のプロバイダと契約をします。

ちなみに個人でもインターネット接続の資格を取れば自分でネット接続は出来ますが
まず許可が降りないと思います。

そしてインターネット接続をするためにはネット内の住所、IPアドレスが必要です。
これは基本的にプロバイダから一時的にレンタルするという形になります。

まあ接続するたびに空いているIPアドレスを割り振られるので通常は動的IPで
固定IPレンタルの契約をすればIPアドレスが変わらなくなります。

このIPアドレスが分かればレンタル元のプロバイダもだいたい分かるのです。
そしてIPアドレスは自分のパソコンからも確認することができます。

やり方はWindowd10の場合、コントロールパネルからネットワーク状態とタスクを
選択してローカルエリア接続の詳細を確認します。

ネットワーク接続詳細の画面がでたらIPv4アドレスという項目を見ればその時の
IPアドレスがわかるようになっています。

ここのプロバイダの名前が入っていることが多く、それが契約しているプロバイダです。
もう少しわかりやすい方法も確認してみましょう。

WEBサイトを利用して契約しているプロバイダを確認する

サイトの中にはパソコンから送られる情報から多くのことがわかるようになっています。
当然IPアドレスなどもわかります。

これらの情報を元にして契約しているプロバイダや使っているブラウザの種類などを
表示するサイトもあります。

確認くん、確認君+などのサイトでは接続するだけでISP、プロバイダがわかります。
まあ他の情報もこちらのサイトには筒抜けになってしまいますが。

昔はこれらパソコンからの情報をいきなり提示して契約したので解約したければ
違約金を払え、といういわゆるワンクリック詐欺なども多くありましたが・・・

一応インターネットに接続できる状況なら簡単にプロバイダを確認することができます。
問題はなにかのトラブルでネット接続が出来ないときです。

契約書類からプロバイダを判断する

プロバイダのトラブルで回線接続ができなくなった時、プロバイダに連絡をしようとして
どこと契約しているかわからないという状況も考えられます。

ネットに接続できればかなり簡単に判別ができるのですが、この場合は契約した時の
書類を探してみましょう。

フレッツ光のセットパックで契約したプロバイダだとしてもフレッツ光の契約書には
プロバイダの表記もあるはずです。

契約書類にはプロバイダのサイトにアクセスするためのIDやPASSも書かれているので
普通は大事に保管しているはずです。

まあ最近ではプロバイダのメールなども使わないのでプロバイダのサイトに一度も
アクセスしたことがないという方もいるようですが。

それにインターネット無料など最初から契約が完了している集合住宅では自分で
契約をしないのでそもそも契約書類がありません。

こんな場合には支払明細を見るというのも一つの方法です。

支払先がプロバイダ名になっている可能性も

カード支払いの場合はカードの利用明細、口座振替ならそのまま通帳記入などで
プロバイダ料金の支払先が分かる場合もあります。

フレッツ光のプロバイダセットの場合でもフレッツ光の回線料金とプロバイダ料金は
別に取り扱われるので支払いも別になっているはず。

カードの支払明細や銀行の支払いにプロバイダ名が記載されているはずです。
まあWEB明細の場合はネットに接続できなければ確認できませんが・・・

それにやはりインターネット料金が管理費に含まれているアパートなどの場合も
支払明細にプロバイダ名が記載されません。

というかインターネット無料の賃貸物件は基本的に入居者がプロバイダを知るためには
管理人などに聞く必要があると思います。

管理会社などに確認をする

賃貸契約の場合は入居の時の契約書や説明書などにインターネット関係の説明と
契約内容が記載されていると思います。

ただそれをキチンと読んで把握している人はかなり少ないかと。
私自身も自分の賃貸契約書を完璧に把握しているわけではないので。

まあ管理人のいるようなマンションなら普通に聞いてみれば教えてもらえるはずですし
管理会社に問い合わせをすればすぐに分かると思います。

アパートなら多分大家さんが知っていると思います。
この場合は自分で調べるのではなく聞いてしまうほうが簡単で確実です。

メールアドレスでもプロバイダが確認できる可能性がある

一応最近ではあまり使われなくなっているプロバイダのメールアドレスですが
これでもプロバイダの確認をすることが出来る可能性があります。

まあ自分のメアドを覚えている人は少ないと思うのでスマホなどに登録しているか
友達から自分のメアドを聞くなどの手段は必要になります。

このメアドのドメイン部分、@から先の部分にプロバイダの情報がある場合も。
例えば@niftyなら○○△△@nifty.comなどのメアドになっているはずです。

この場合なら当然プロバイダは@niftyとすぐにわかりやすいですよね。
ちなみにybbになっていればYahoo! BBです。

メアドがわかっている場合はこの様な判断方法もありますが、全てのメアドで
完全にわかるわけではないので注意しましょう。

確認くんも完全にプロバイダがわからない

完全に判断が出来ない、という意味では確認くんというサイトを使う時にも
ちょっと注意が必要です。

確認くんの場合はサイトで集められる情報をそのまま表示するだけです。
そこから判断される情報を掲載してはいません。

つまりIPアドレスはそのまま出るのでアドレスにプロバイダ名がない場合は
それを別のサイトで解析する必要があります。

先程のWindows10でIPアドレスを調べた場合にも単純に数値の羅列だけで
プロバイダ名が含まれていない場合があります。

この場合にはIPドメインSEARCHという別のサイトを使う必要があります。
こちらのサイトではIPアドレスから分かる情報を表示してくれます。

ちょっと詳しくIPドメインSEARCHの使い方を確認してみましょう。

IPドメインSEARCHの使い方

自分で調べたIPアドレスを記入して検索すると、そのIPアドレスを持っている
企業の情報を調べることが出来るのがこちらのサイトです。

IPアドレスからはそれを貸し出している企業の情報が色々と分かるのですが
気にするのは一つだけ、「netname」と記載されているところです。

大体ここが通信事業を行っている部門などの名前になっています。
つまり多くの場合ここにプロバイダ名が入っていることになります。

英語表記なのでわかりにくい所も多いのですが、自分でIPアドレスを調べた場合
ここできちんと調べないとプロバイダがわからないということが多いです。

まあネットに繋がる状態なら確認君+を使うほうがかなり簡単なのですが。
どうしても自分できちんと調べたい、と言うならこちらのサイトも使ってみましょう。

確認君+ならスマホからでも確認可能

私が確認君+をおすすめする理由の1つがスマホからでもプロバイダの確認ができる
というメリットがあるからです。

確認くんでは文字か細かくてスマホで見るにはちょっと難しいのですが、確認君+は
そのままスマホにも対応しています。

つまりパソコンが使えない状態でも自宅のネット回線にWi-Fiルーターを
接続していればそこを中継してスマホから回線の利用ができます。

スマホでWi-Fi接続すればLTEなどを使わずに固定回線を使ってネット接続するので
固定回線のプロバイダがわかるというわけです。

まあ何より接続すればすぐにプロバイダが判明するという手軽さが一番の理由ですが。

プロバイダの確認が必要な状況

プロバイダの確認が必要な場合、というのはどんな時なのか。
実際にプロバイダがわからなくて困った、という人の状況を調べてみました。

プロバイダを乗り換えたが切り替わっているのか心配

光コラボモデルにする場合などプロバイダの切り替えを行ったが以前のプロバイダを
まだ解約していないという状況の時。

プロバイダが切り替わっていれば以前の契約をすぐに解約できるのだけど・・・
という時には今ネット接続しているプロバイダを確認するのが一番の方法です。

光コラボでスマホの料金が安くなるところに乗り換えたい

スマホの月額料金が割引になるネット回線とのセット契約も多くあります。
その時に現在のプロバイダをスマホショップの店員に聞かれる場合もあります。

スマホの乗り換えをする前に自分の回線契約とプロバイダ契約を一度確認しておくと
ショップの割引などが利用できる可能性も高いと思います。

確認くんって無料?

一度でもワンクリック詐欺のサイトを見たことがある人は確認くんのページは
とても怖いと思います。

まあワンクリック詐欺のように情報提示から料金を請求されることはありません。
だけど確認くんのような偽サイトに接続した場合はその限りではありません。

まあ基本的に利用者の了承もなく料金が発生することはありません。
料金がかかる場合は必ず「はい/いいえ」の選択がでます。

つないだだけで料金発生と言われるのは間違いなく詐欺です。
相手にしないか消費生活センター等に相談をしましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.