あれば便利だけど絶対に必要ではないのがホームゲートウェイ

インターネットの主流が光回線になって、多くのユーザーが利用するようになりました。
ただよく仕組みをわからずに使っている、という方も多いのでは?

まあインターネット契約自体は家族が行っていて、自宅でそれを使っているという
ライトユーザーも多いと思いますが。

ただし使われている機材の名前などがわからないと、故障したときなどにちょっと
困ったことになる可能性もあります。

例えばホームゲートウェイという機材を知っていますか?
どこで使っていてどんな働きをするか、故障したらどうなるかわかりますか?

簡単に説明すると「自宅に設置する分配器」ということになるのですが。
使っていないという人もいるので初耳、という場合もあるかもしれません。

ただひかり電話を使っているなら必ず設置してあるはずですし、これが故障すると
インターネット接続が難しくなります。

万が一のときに備えてちょっとでも周辺機器の知識を集めておいてください。
今回はホームゲートウェイについて詳しく説明してみます。

光回線を複数の端末に分配するのがホームゲートウェイ

まずはホームゲートウェイの基本的な知識から。
これはNTTが貸出をしている回線分配器の名前です。

元々は光回線で使うIP電話のひかり電話を使うために自宅に設置した回線を
パソコンとひかり電話端末に分配するために使われていました。

ひかり電話は通常の電話回線ではなく光回線を使って通話をするIP電話です。
そのために電話回線ではなく光回線に接続する必要があります。

そこでパソコンとIP電話機を同時に使えるように回線分配をするために
設置されたのがホームゲートウェイです。

ちなみに「ゲートウェイ」とは違う規格のネットワーク回線を中継するための
機材のことをいいます。

ここで言うと電話回線とインターネット回線ということでしょうか。
これを家に設置するための機材ということでホームゲートウェイといいます。

大きな分類で言えば今使われているWi-Fiルーターもホームゲートウェイの1つ
ということができます。

まあ現状ではホームゲートウェイとWi-Fiルーターは別物と考えられることが
多いのですが、ホームゲートウェイにはWi-Fiルーター機能がついたものもあります。

ホームゲートウェイはレンタル専用機材

Wi-Fiルーターとホームゲートウェイが別物、と考えた場合にホームゲートウェイを
購入することは出来るのでしょうか?

基本的に光回線契約者にレンタルされる分配器をホームゲートウェイとよんでいる
現状ではNTTや回線業者からホームゲートウェイを購入することは出来ません。

使いたい場合は月額料金を払ってレンタルすることになります。
NTTでは西日本、東日本どちらも変わらない機種をレンタルできるようになりました。

他にもauひかりという別の光回線でもホームゲートウェイのレンタルは行われています。
月額料金は機種や機能によってちょっとずつ違うのですが。

例えばNTT西日本ではひかり電話の契約をしているユーザーには無料レンタルが可能で
無線LANの機能を付ける場合に月額100円が加算されます。

NTT東日本では戸建ての対応プランの光回線を契約した場合には無料でレンタルが出来る
という形になっています。

契約内容と自宅の状況によってもレンタル料金が変わるので、まずは契約する前に
月額料金などをきちんと確認しておくようにしましょう。

ホームゲートウェイの機能は様々

次にホームゲートウェイの機能について確認してみましょう。
設置すればどんな事が出来る様になるのでしょうか?

機種によっても色々と機能が違うのですが、基本的には光回線を複数に分配する
ルーター機能が搭載されています。

機種によっては無線LANを使っての分配も出来るのでWi-Fiルーターとして
使うこともできるものがあります。

更に光回線は光回線用の信号をパソコンなどで読み取るためのデジタル信号に
変換するための装置が必要です。

ONUと言われる、回線終端装置を自宅に設置する必要があるのですがこれの機能を
搭載しているホームゲートウェイもあります。

ネット関係に詳しくない人にはわかりにくい機材が多くでてきたので、それぞれの
機材の機能の説明をしておきましょう。

光回線をパソコンで使えるようにするのがONU

光回線を実際に自宅に引いた時に業者が設置したはずの機材、外部から引き込みをした
回線につないだのがONU、回線終端装置です。

光回線を通る時には高速通信に対応したデータにするのですが、そのままでは
パソコンやスマホでそのデータを読み取ることが出来ません。

そこで光回線用のデータを通常のデジタルデータに変換するのが回線終端装置です。
光回線をここにつないで、これとLANケーブルでパソコンを接続します。

これでインターネットに接続ができるようになるので、人によっては従来使われていた
モデムという言葉を使ってインターネットモデムという方もいます。

まあモデムも電話線を通すためにデジタル信号をアナログ信号に変換するための装置
ということなので間違ってはいないと思います。

ただ直接パソコンとONUをつないでしまうと、そのパソコンしかネット接続できない
という状況になります。

そこで普通はONUとパソコンの間にルーター、分配器を接続して複数の端末で
インターネット接続が出来るようにするわけです。

つまりONUの機能がホームゲートウェイについていれば機材が1つ少なくなります。
周辺機器がスッキリとまとまるというメリットが有るのです。

Wi-Fiルーターがあれば無線でネット接続ができる

もう一つ、最近のホームゲートウェイに搭載されている機能が無線LANルーターと
同じ回線分配機能です。

まずは無線LANとWi-Fiの違いについて。
これは日本国内ではほぼ同じ意味で使われています。

まあ正しくは無線LAN規格の1つがWi-Fiなのですが。
基本的に同じ意味だと思って問題ありません。

そしてルーターというのは回線分配装置です。
つまり一つの回線を複数に分けるための機材ということです。

通常のルーターはLANケーブルを使った有線での分配をします。
無線LANの場合はIEEE802.11という規格の無線を使って分配ができます。

無線LANルーターがあれば光回線を有線接続ではなく、無線接続でも
インターネットに接続できるようになります。

スマホやタブレットPCでは有線LAN接続するのが難しいのですが
無線LANなら設定さえすれば簡単にネット接続が出来るようになります。

この機能もホームゲートウェイに搭載されていれば更に機材が少なくなって
とてもスッキリするというわけです。

NTTのホームゲートウェイでは無線LANカードを挿入する

元々は無線LANの機能がついていない機種でもオプションを付けることで
無線LANを使うことができる様になる場合も。

NTTでレンタルしているホームゲートウェイの一つの機種では最初から
無線LAN機能がついていないのですが、オプションでつけることができます。

ホームゲートウェイ本体に専用スロットが合って、そこに無線LANカードを
挿入することで無線LANが使えるようになるのです。

当然無線LANカードも専用なのでNTTからレンタルすることになります。
レンタル料金が更に増えることになるので注意しましょう。

ホームゲートウェイは本当に必要なのか?

色々な機能がついていてとても使いやすい機材がホームゲートウェイということは
よくわかったと思います。

ではホームゲートウェイは光回線を使うすべての人におすすめできるのか?
と言われるとちょっと考えてしまいます。

確かに回線周りに多くの機材があるとかなりごちゃごちゃするので、それがスッキリと
まとまってくれるのはとても嬉しいです。

ただホームゲートウェイのレンタル料金はあまり安いものではありません。
例えばNTT東日本でひかり電話を使わずにレンタルすれば月額750円かかります。

プランによっては最初からホームゲートウェイのレンタル料金が月額料金に含まれる
ギガファミリーなどの契約もあるのですが・・・

ちなみに設置に派遣工事を頼むと更に工事費用が6,000円くらい必要です。
基本的に月額料金が高くなるというデメリットはとても大きいと感じました。

ホームゲートウェイレンタルに向いている人

確かに色々と機材を揃えてそれを個別に接続設定するというのはネット関係に
詳しくない人にとっては大きな問題になります。

欲しい機材もどれを選べばいいのかわからない、そんな人にはレンタル出来る
ホームゲートウェイはとても便利です。

まあひかり電話を使う、IP電話サービスに申し込みをする予定と言うなら
確実に必要になるのがホームゲートウェイなので選択する必要もないのですが。

それにレンタルしてしまえば故障した場合のアフターケアも万全です。
動かなくなった時にサポートセンターに相談できるというのは大きな魅力です。

まとめてみるとおすすめできるのは以下のような人です。
・ IP電話サービスに加入する、またはその予定がある人
・ ネット回線に詳しくなく設定ができない、面倒くさい人
・ 色々な機能を一つにまとめて装置を設置したい人

ホームゲートウェイレンタルに向いていない人

光回線を申し込めばONUはレンタルが必須なので多くの場合無料で貸出を
行ってくれます。

無線LANを使いたい場合でも最近ではそれなりの性能の商品が5,000円程度で
更に安いものなら3,000円ちょっとで購入できるようになりました。

ホームゲートウェイを長い間レンタルするよりも初期費用がかかるだけで
購入したほうが安くなる可能性が高いです。

ネットワーク構築が自分で出来るなら、自分の好きな商品を選んで好きなように
設置したほうがいいと思います。

こちらもまとめるとこんな人はレンタルをおすすめしません。
・ IP電話に加入しない、今後もその予定のない人
・ 自分で家庭内ネットワーク構築が出来る人
・ 故障などに自分で対処できる人

ホームゲートウェイが動かなくなった時の対処方法

ホームゲートウェイが動かくなった場合、IP電話を使っているなら大問題です。
単純にパソコンだけ接続しているならONUと直接つなぐことも出来ますが・・・

精密機器のホームゲートウェイなので故障してしまったら自分で直すことは
ほとんど不可能です。

ただアップデートでの設定ミスやちょっとしたプログラムの間違いで動かないなら
設定をリセットすれば問題なく元に戻すことができます。

やり方も簡単で電源コードを抜いて10秒から1分間放置しておくこと。
その後電源を入れ直せば設定がリセットされるので動く可能性もあります。

明らかな異常の場合はサポートセンターに連絡

ただ電源が入らない、異常を表すインジケーターランプがついているなど
設定ではない故障の場合は自分で直せません。

この場合は素直にサポートセンターに連絡をしましょう。
基本はNTTなどの回線業者ですが光コラボならプロバイダなどに連絡します。

長い期間使っていることの経年劣化での故障なら無償交換出来ますが
それ以外の故障の場合は修理費用、交換費用が必要になります。

多くの機能が搭載されているホームゲートウェイは使っている時には便利ですが
故障した時にすべての機能が使えなくなるというデメリットも。

例えばONUまでついているホームゲートウェイが故障すればインターネットへの
接続もできなくなってしまうのです。

ルーターとして使っている場合はONUとパソコンを直接LANケーブルで繋げば
ネット接続だけは出来るようになります。

ホームゲートウェイを使う場合には故障の時のリスクも考えましょう。

ホームゲートウェイの設置は以外に難しい

ホームゲートウェイをレンタルした場合、設置工事を頼むと6,000円の工事費用がかかる
というコストを考えて自分で設置を選ぶ人が多いようです。

ただインターネット関係の設備設置にはかなり知識が必要になります。
ある程度インターネット回線接続に詳しくなっておく必要があるのです。

単純にホームゲートウェイにどんな機能があるのかを知るだけではなく、それを
どうやって使うのか、そのためにどこに何を接続するのか。

これがわかっていないと説明書を読んでも意味がわからずに設定ができない
という自体になってしまいます。

ホームゲートウェイが正常に機能しないことでインターネット接続だけではなく
IP電話も使えなくなってしまいます。

インターネット回線に詳しくない人は出張工事を頼むことがおすすめです。
インターネットが使えないよりも工事費用がかかるほうがダメージは少ないと思います。