*

賃貸住宅での光回線

レオネットのWi-Fiは使いやすい?通信速度や安定性を確認してみる

投稿日:

インターネットだけを考えるならレオネットはちょっと使いにくい

一人暮らしをする時にちょっと気になるのがインターネットの環境です。
自宅では誰かの契約した海鮮を使っていたという人も一人暮らしなら自分で契約します。

インターネットに詳しい人なら好きな回線を選べるのでいいと思いますが
詳しくない人には面倒な手続きが増えるだけですよね。

そんな時に便利なのが最初からインターネット回線が設置されている賃貸物件です。
有名なところではレオパレス21では賃貸物件に専用回線が設置されています。

レオネットというサービスに加入することで面倒な手続きも必要なく、入居してから
すぐにインターネットを使うことも出来るのですが・・・

このレオネット、実際に使っている人の評判はそれほど良くありません。
特にWi-Fiを使っていると速度が遅い、勝手に断線するなど不満が多いです。

まあ昔からトラブルも多かったレオネットのサービスですが、今回はWi-Fi接続について
ちょっと詳しく調べてみることにしましょう。

実は新しくなっているレオネット

レオネットを調べてみると以前のサービスとはちょっと違っていました。
以前は専用の端末をテレビと回線につないで使うタイプのサービスでした。

衛星放送のコンバーターのような機材が必要でしたが、2016年からはそれが
Life StickというUSB接続の機材に変更になりました。

大きさはUSBメモリよりも少し大きい程度でしょうか。
機能的にも色々出来るようになりWi-Fi接続もこちらで行います。

契約プランにもよりますがテレビでインターネット接続が出来るので動画配信を
テレビで楽しむことが出来るという大きなメリットがあります。

専用のリモコンを使っての操作になりますが、パソコンを使わずに多くのコンテンツを
楽しむことができる様になっています。

基本料金は2種類

このレオネットを使うためには月額料金が必要です。
選べる料金プランは2種類、スタンダードプランとプレミアムプランです。

スタンダードは月額2,100円、インターネット無料でテレビのコンテンツも
毎月1本は無料で見ることが出来ます。

プレミアムは月額3,000円、有料コンテンツのCSプラスが見放題になります。
当然ネット接続は無料、テレビコンテンツも3本が無料になります。

どちらにも安心設定サポートがついていて初心者でも設定に困ることは無く
有料ですが月額500円で5年間無償保証のリペアサービスもあります。

更にインターネットを使った動画や音楽の配信サイトも使えます。
有料コンテンツになりますが、こちらもプランを選べるようになっています。

レオネットで使えるインターネットコンテンツ

レオネットでは加入するだけで使える無料コンテンツと月額料金が発生する
有料コンテンツがあります。

一応それらのコンテンツもちょっと確認してみましょう。
まずは無料で使えるコンテンツから。

・ Android TVアプリをテレビ内でダウンロード
・ CSベーシックの4チャンネルの視聴
・ 住居の情報(ゴミの日や契約内容の確認)

Android TVで使える簡単なゲームアプリなどを無料でダウンロードできます。
ただし使えるのはテレビ内だけ。

CSチャンネルのベーシックに登録されている4チャンネルなら無料で視聴可能。
CSプラスの番組を見る場合は月額料金が必要です。

ちなみにCSチャンネルの有料放送を見るにはレオネットで購入できるポイントを
使うことで支払いができます。

1ポイント1円で購入できてクレジットカード購入です。
CSプラスを見るには2,057ポイントが必要です。

レオネットの有料コンテンツ

上記のCSチャンネルのCSプラスを始め月額料金が必要ですがレオネットで使える
有料コンテンツは多くありました。

・ CSオンデマンド
・ AT-X
・ レオネットビデオ
・ TSUTAYA movie for LEONET
・ eBook Japan for LEONET
・ 専用オンラインショッピング

CSプラスはプレミアムプランに加入すると無料で見ることが出来ますが
他のコンテンツは基本的に月額料金が必要です。

それとレオネットビデオはそれぞれのプランで毎月1本、もしくは3本だけを
無料で見ることが出来ます。

これだけを見れば普通にAmazonスティックと同じ様に使えるわけですが。
ちょっと違うのはこのLife StickがWi-Fiルーターも兼ねていることです。

レオネットのインターネット回線の評判

はっきり言えばレオネットのインターネット回線は遅いです。
これは普通に集合住宅に設置されているインターネット回線共通の問題点です。

集合住宅の場合は建物に1つの回線しか設置することが出来ないので、その回線を
住民で分配して使うことになります。

つまり契約している人が多ければ多いほど回線が混雑して遅くなります。
それはドコモ一緒なのですがレオネットの場合、全ての部屋に導入されているのです。

以前は管理費にインターネット料金が含まれていて使わなくても料金を取られる
という状況でしたが、最近では使わない人は契約しなければいいだけになりました。

でもすでに回線自体は全ての部屋に導入されているので他の集合住宅に比べれば
やはり加入者はとても多くなります。

特に多くのユーザーが使う夜間にはとても通信速度が遅くなるという意見は
レオパレス21の住民からは多く聞くことが出来ました。

そして更に厳しい意見を聞くことが出来るのがWi-Fi接続についてです。

Wi-Fiが勝手に切断される、繋がらなくなる

レオネットではLife Stickを使ってWi-Fi接続をするのですが、これが長時間使うと
一度回線切断をする仕様になっています。

そして切断された後は再度接続するためにSSIDとPASSを要求されます。
つまり初期設定の8日ことを毎回しなければいけないのです。

更にUSBメモリのような本体に多くの機能が搭載されているので熱暴走が多いのか
Wi-Fi接続ができなくなるというトラブルも多くあります。

厳しい意見ではこのWi-Fiルーターとしての性能も悪く、Wi-Fiを使った通信では
回線速度がスマホ以下になるという意見も多く見られました。

具体的に言うと5Mbps程度の通信速度になるそうで。
まあ元々Wi-Fi接続では通信速度はそれほど期待できないのですが・・・

確かにスマホ以下というのは固定回線としてはとても厳しい速度だと思います。

おまけによく繋がらなくなるのでは、確かに評判は良くないですよねえ。
一応解消できるかもしれない方法はあるので、そちらも紹介します。

Wi-Fiがつながらない時の解決方法

一番手軽な方法としては機材を再起動してみる。
Life Stickには電源ボタンがないのでAC電源を引っこ抜いてください。

Wi-Fiルーターの調子が悪いときなどは電源ケーブルを抜いてから1分くらい
放置してから電源を入れ直すと調子が戻ることもあるのですが。

まずは電源を入れ直してみるとつながるかもしれません。

後は通信に使っているソフトを再起動してみるのもおすすめです。
レオネットではLife Stickに入っているChrome CastがOSのようなものです。

これに不具合が起きていると正常に作動せず、インターネット接続にも悪影響が
出るということも多いです。

Chrome Castの再起動は設定の中にあるので、テレビを使って確認しておきましょう。
その時にバージョンも一緒に確認をしておきましょう。

古いバージョンのままでは通信に悪影響を与えることも考えられます。
これはアップデートで対応できるので、バージョンが古ければ更新しましょう。

後はChrome Castのキャッシュクリアくらいでしょうか。
長く使っていると履歴が多くなり、それが通信を圧迫することもあります。

特に賃貸では多くの人が使った後に入居するので以前使っていた人の履歴が多く
それが問題になる可能性も考えられます。

こちらも設定内にキャッシュクリアがあるので試してみるのもおすすめです。

レオネット自体が通信制限をかけている場合も

Wi-Fiだけではないのですが、多くの人が一度に使う可能性があるレオネットでは
ネット側が一時的に速度制限をかけることもあります。

一応名目としては多くの人が同じ様にインターネットが出来るように全員が
一定の速度でのみ通信が出来るようにする、ということですが・・・

つまりどうやってもレオネットでは混雑する時間帯には通信速度は上がりにくい
ということになりそうです。

これを解消することは基本的にユーザーでは無理です。
一番いいのは夜間の混雑する時間帯にネットを使わないことですが。

市販のWi-Fiルーターを使うことは出来る?

基本的にレオネットにWi-Fi接続するためにはLife Stickを使うことになります。
でもその性能に期待が出来ないなら市販のWi-Fiルーターを使いたいところです。

では市販のWi-Fiルーターを使うことは出来るのでしょうか?
一応出来ないことはなさそうです。

レオパレス21の建物によって各部屋がどんなネット接続方法7日がわかりませんが
多くの場合、壁にLANケーブルを接続してネットに繋げるはずです。

そしてLife Stickは直接LANケーブルをコンセントにささずに、AC電源を通して
LANコンセントに接続するという形になっています。

このACから壁のLANコンセントの間に市販のWi-Fiルーターを接続すれば
そちらを使ってネットに接続ができる様になるはずです。

当然新しいWi-Fiルーターにもネット接続のための設定をする必要があるので
回線接続用のIDとPASSを管理人などに聞いておく必要がありますが。

レオパレス21のサポートセンターで教えてもらえるという話も聞いたことがあります。
どうしてもWi-Fiルーターの性能に我慢出来ないというならこんな方法もあります。

使うならNTP機能のついたWi-Fiルーターがおすすめ

ちなみにWi-Fiルーター接続ができるならおすすめするのはNTPという機能がついた
市販のWi-Fiルーターです。

レオネットは一定時間ごとに一度回線を切断して再接続するという特徴があります。
これを回避できるのがNTPなのです。

簡単に言うと連続接続時間設定機能なので先にこちらで60分という設定をしておけば
自動で再接続してくれます。

レオネットの再接続要求の前にルーターが自動で切断再接続してくれるので面倒な
再接続手続きを省くことが出来るようになります。

手頃な金額のWi-Fiルーターでも搭載している機能なので、購入前に確認しましょう。
大体4,000円程度のWi-Fiルーターでもこの機能はあるはずです。

インターネット接続はモバイルルーターでする

レオネットの月額料金が安いことを考えて、ネット接続のためには別の回線を契約。
固定回線契約はできないのですがモバイル通信なら問題ありません。

どうせWi-Fiで使いたいなら最初からWi-Fiを使ってネット接続するモバイルルーター
という方法はいかがでしょうか。

利用可能地域の問題がありますが、WiMAX2+なら月額料金は4,300円程度。
通信速度は下り最速708Mbpsという速度が出せます。

まあこれは最新端末を使った場合なので普通は440Mnbps程度ですが。
それでもレオネットのWi-Fi接続よりも速くなる可能性はかなり高いと思います。

他にもポケットWiFiなら接続可能地域はほぼ全国なので問題なし。
通信速度も下り200Mbps程度とそれなりの通信速度に期待が出来ます。

パケット通信総量の速度制限という問題があるのでヘビーユーザーでは厳しいですが
安いポケットWiFiなら月額2,480円で契約することができます。

レオネットとの併用が厳しいならこちらだけの契約という方法も可能です。

レオパレス21で別の固定回線を使うのはとても難しい

レオネット以外の固定回線をレオパレス21で使うことが出来るのか。
これに関してはとても難しいと思います。

集合住宅では基本的に建物に1つのインターネット回線しか設置できません。
まあ戸建用の回線をアパートの1室にのみ引くという事もできるのですが・・・

レオパレス21では基本的にレオネットの設置がされているので他の回線を
新しく設置することはとても難しいです。

手軽にインターネットが使えるというメリットがある反面、回線に不満があっても
変更が出来ないというデメリットも。

ただインターネットの利用料金はとても安いし、他に使えるコンテンツが有る
という魅力も合わせて契約を考えるようにしましょう。

レオネットでWi-Fiを使う時のトラブル解消方法

では実際にレオネットを使っている人が経験したトラブルとその解消方法について
ちょっと調べてみましょう。

レオネットで市販のWi-Fiルーターを使いたい

市販のルーターをブリッジモード、APモードなどにして対応。
商品によってはネットの接続設定をしなくてもいいのでそのまま使える。

PS4をレオネットで使いたい

基本的にプライベートIDアドレスが獲得できない回線なので通信対戦ゲームなどは
不向きな回線。

でもWi-Fiの周波数を5Ghlzから2.4GhlzにすることでPS4で認識できるようになり
接続自体はできる可能性が高い。

初期設定でLife StickのWi-Fi周波数が5Ghlzなので注意。

Life Stickの動作が不安定すぎる

Castボタンがなくなるなどの不具合はかなり多く報告されている。
基本的にChrome Castの再起動、だめなら本体の電源を抜いてみる。

レオネットは月額料金が安いという魅力があるけれど、その分多くのトラブルが有り
特にWi-Fi接続に関しては速度の不満がとても大きいようです。

接続時間が変えられないようならモバイルルーターの利用も考えてみることを
おすすめします。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-賃貸住宅での光回線

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.