*

用語

SO工事とはなんのこと?どんな工事をする?

投稿日:

インターネット回線の開通工事のことをSO工事という

インターネットへの接続方法は現在多くの種類があります。
スマホが普及したためにモバイル通信でのネット接続も多くなりました。

ただ最近では固定回線を使ったサービス提供も多くなり、高速通信が出来る
光回線にもまた注目が集まっているようです。

そしてそんな光回線を申し込む時に工事業者などから聞くことがある単語の1つ
SO工事という言葉を知っているでしょうか?

このSO工事、サービスオーダー工事の略称でオーダーに基づいた工事を
行うということ。

まあインターネット関係で言われるなら光回線の開通工事のことをいいます。

ただその開通工事にも色々と種類があるのですが・・・
では実際にSO工事ではどんな事が行われるのでしょうか。

工事内容と工事の種類、実際に行われることなどを詳しく確認してみます。

SO工事で行われる大まかな手順

実際には工事をする建物によっても工事の内容は違いますし、場合によっては
大きな工事が必要ないということもあります。

そこでまずは大まかなSO工事の内容を確認します。
作業工程としては3段階です。

1.光ファイバーケーブルを建物や部屋に引き込む
2.部屋の中に回線の終端装置を設置する
3.終端装置と光ファイバーケーブルを接続、通信確認をする

かなり大雑把ですがSO工事とはこのようなことをする工事のことです。
ただ先程も言ったように建物によってその工事内容は大きく変わります。

そこで次に実際に工事の例を上げて、どんな工事が行われるのかを確認してみます。

マンションで行われるSO工事の例

マンションなどの集合住宅の場合、新築の建物以外には大体すでにインターネット回線が
設置されていると思います。

小さなアパートなどではまだ光回線を導入していないというところもあると思いますが
最近は賃貸住宅の人気設備にインターネット回線が含まれています。

特にインターネット無料という賃貸物件も多くなり、これが男女ともに人気の設備の
上位に入ってきています。

当然高速通信が出来る光回線なら賃貸住宅の入居希望者を集めるためには必要で
そのための設備投資は多くの賃貸住宅で行われているのです。

つまりSO工事としては回線設置の必要がなく、実際に行われるのは現在設置されている
回線を分配して部屋まで通すことです。

といっても部屋まで実際に回線を引くこともなく、建物の共有部分にある分配器を
操作して契約者の部屋までインターネット回線を開通させるだけです。

ただし建物の回線分配方式によってはまたちょっと工事内容が変わります。
それぞれのパターンを確認してみます。

VDSL方式なら基本立ち会い不要で自分でONUを設置

昔からのマンションなら全ての部屋に電話回線が設置されているはず。
この電話回線を光回線の分配に使うのがVDSLという方式です。

工事的には分配器の設定を変えることで契約者の部屋までインターネット回線を
つなげるだけです。

つまり工事の時には共有部分での作業になるので基本的に契約者本人の立会いが不要。
管理人など建物の管理者の立会いが必要になります。

ただ工事の他に自分で部屋に終端装置のONUを設置する必要があります。
電話回線とインターネット回線を分けるための装置なども自分で設置します。

まあこれができないという場合はプロバイダや加入代理店の出張サービスを使う
ということになりますが。

光コンセント設置済みの建物も基本的に立会い不要

回線の分配に電話回線を使わず、光回線を各部屋まで引いている方式もあります。
この場合は光コンセントと言われる装置がすでに部屋にあるはずです。

建物ができたあとから設置する場合は壁に小型のランプのようなコンセントがあるはず。
建物と一緒に光回線を部屋まで設置した場合はコンセントに光回線を差し込むところが。

光コンセントの場合は電話回線を使う分配方式に比べると、分配している回線も
高速通信可能な光ファイバーなので速度低下がないというメリットがあります。

ただ対応している建物はまだ少なく、特に賃貸住宅では最初から対応しているのは
早くても2010年程度に建てられた物件だと思います。

まあ前にその部屋を借りていた人が設置して撤去せずに引き払ったという場合は
かなり昔のアパートでも使えるという場合がありますが。

こちらもVDSL方式と一緒で共有部分の分配装置の設定工事のみです。
ONUなどは自分で設置することになると思います。

ちなみに分配器から光回線を自分の部屋まで開通させるという工事もできます。

光回線分配室から回線引き込みの場合は立会いが必要

光回線導入済みの集合住宅でも実際に派遣工事を行う場合もあります。
それが部屋に光コンセントを設置する工事をする場合です。

最近では光回線がインターネット回線の主流になっているのでマンションでもVDSLでの
分配を行わないというところも増えています。

この場合に光回線専用の分配室を作ってそこから各部屋まで海鮮設置をして
光コンセントを部屋ごとに設置するという工事を行うことになります。

これは通常のSO工事と同じ様に光回線の申し込みをすれば出来るので、通常工事の
費用を支払うことで部屋まで光回線を設置して光コンセントをつけてくれます。

ただしこの場合は部屋の中で光コンセントを設置する工事が必要になります。
当然立会い工事になるので日程の調整などは注意しましょう。

LAN分配方式の集合住宅では立会いが必要な場合も多い

集合住宅の光回線分配方式にはもう一つ、LANコンセントを使う場合もあります。
こちらは光回線ではなく各部屋までLANが設置している分配方式です。

こちらの場合は光コンセントと同じ様に壁に接続できる差込口があるのですが
そこにはLANと表記されています。

LANコンセントが有る場合も共有部分での切り替え作業なのですが、こちらの場合は
開通確認を各部屋で行うことが多いので立会いが必要と言われることも。

そしてもう一つ、対応しているLANケーブルにも注意が必要です。

LANコンセントにはカテゴリーが記入されている

光コンセントやVDSLのときには使うケーブルを気にする必要はありません。
でもLANの場合は対応しているカテゴリーのLANケーブルを使うようにしましょう。

LANケーブルには何個かの種類があり、それぞれに対応している通信速度などが違い
その種類のことをカテゴリーといいます。

最新カテゴリーは7なのですがこれはちょっと特殊なので、一般的にはカテゴリー6が
使われることが多いです。

LANコンセント設置済みの部屋ならこの対応カテゴリーがLANコンセントに
記載されていると思います。

わからない場合は大家や管理会社、不動産業者に確認を取りましょう。
まあケーブルはカテゴリー6以上を使えば問題はないと思いますが。

戸建ての場合は基本的に家の中に直接光回線を引き込む

次に戸建の場合のSO工事の内容を確認してみましょう。
基本的には集合住宅と同じ手順で工事は行われます。

違いはほとんどの場合、電柱などにある光回線から直接家の中に光回線を
引き込むので工事には住人の立会いが必要になること。

それと現在家の周囲にある光回線の位置によっては壁に穴を開けて回線引き込みが
必要になる場合もあること。

外壁に穴を開ける工事が必要になるのはあまり多いことではありませんが
ほとんどない、というほど少なくもありません。

光回線を引き込むのはエアコンダクトの穴など

穴を開けずに光回線を引き込むのにはどうすればいいのか。
基本的にはすでに空いている穴を使って家の中に回線引き込みをします。

例えば電話線の引き込み口を使う、エアコンダクトのホース穴を使う。
新築の場合は最初から外壁にONUが設置されている場合もあります。

その場合は各部屋にLANコンセントがあるので実質言えの中への回線引き込みは
行いません。

では壁に穴を開ける工事をする時はどんな状況なのでしょうか。
考えられる状況を確認してみます。

回線が来ているところとの距離などが問題になる

家の近所の電線まで光回線が通っていればそこから家まで回線をつなげて
引き込みをすればいいだけです。

でも近くの電柱に光回線が来ていない。
一番近くの電柱はNTTの管轄ではないので光回線を通せないという場合も。

全ての電柱をNTTが設置しているというわけではないので、地域によっては
電柱にフレッツ光回線を持ってくることが出来ないのです。

この場合エアコンダクトなどの角度が悪いと壁に穴を開けて通す場合も多いです。

それに電線の地中化が進んでいる地域ではそもそも電柱がありません。
電話線と一緒に引き込みが出来ない、配線が埋まっている場合は別の穴が必要です。

この様に色々な状況が考えられるのでSO工事の前には現地調査が行われることが
多くあります。

現地調査の結果、SO工事ができないと断られることもあります。
では実際に断られたケースも確認してみましょう。

他人の敷地内を通す必要がある場合も

例えば近くの電柱がNTT管轄ではなかった場合、遠くの電柱からフレッツ光回線を
その家まで持ってくる時に途中人の家の庭の上を通るという場合も。

この時にはその家の許可を取らないと、たとえ庭の上と言っても勝手に回線を
通すことが出来ません。

それに家と家との間隔が狭い場合、電柱から回線を持ってくる時に人の家のベランダに
登らなければいけなくなるということも。

後はベランダの前を光回線が横切るので景色が変わってしまうために許可が必要。
当然窓の外に回線が横切るのが嫌だと言われれば設置不可能です。

電線地中化の地域なら申込者の家の近くまで光回線を通すのに時間がかかる。
近所の配管に隙間がなく光回線を通すことが出来ないという可能性も。

地域によってはかなり色々な理由で工事ができなくなるというケースが有りました。

公営住宅の場合は役所の許可が必要

もう一つ忘れがちなのが公営住宅の場合です。
市営住宅、都営住宅、UR賃貸の場合に光回線設置工事がちょっと難しくなります。

集合住宅の場合は多くのところですでにインターネット回線が設置されているので
問題なく申し込みが出来る場合は多いです。

でも公営住宅は集合住宅だけではなく戸建ての賃貸もあります。
この場合に外壁工事が必要になると「模様替え申請」の提出が必要です。

公営住宅の勝手なリフォームが出来ない、ということで役所に申請を出して
許可を貰う必要があるのです。

SO工事は場合によってとても安くなる可能性がある

SO工事は基本的な内容はあまり変わらないのですが、工事をする時の状況
その家の状況によってかなり大きく作業内容が変わります。

通常光回線の設置工事には2万円近くの工事費用がかかるのですが、状況によっては
2,000円程度でできる場合もあるのです。

例えば賃貸アパートを借りて、前の人が使っていた光コンセントが設置されたまま
引き継いで光コンセントを使えるなら回線設置工事は必要ありません。

この場合は派遣工事なしの2,000円位で切り替え工事が出来るのでSO工事費は
かなり安くすることが出来るのです。

インターネット回線の加入代理店や家電量販店ではこの様に工事費が安くなる場合でも
一律の工事費を請求してくることも多くあります。

普通と同じ工事費を支払うのでは損をしてしまうという状況もあるのです。
まずは自分の部屋の状況をよく確認してから申し込みをするようにしましょう。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-用語

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.