*

用語

フレッツ光の現地調査とはどんな事を行うってどうするための調査?

投稿日:

申込者の自宅にフレッツ光回線を引き込むルートなどを確認する調査が現地調査

インターネットが世界的に普及してからすでに長い時間が経過しています。
現在では光回線がインターネットの固定回線の主流になっています。

一時期には電話回線が主流で、光回線は月額料金が高すぎるという理由で
あまりユーザーからの人気はありませんでした。

でも今では全国かなりの地域で支えるフレッツ光を始め、他の企業でも光回線を使った
インターネット接続サービスが開始されています。

スマホなどのモバイル通信も普及している中で光回線は多くのサービスが
利用できると今でも注目されています。

そんな光回線でも全国的にかなりの地域で契約できるのがフレッツ光です。
光回線の中で利用可能地域の広さはNo1となっています。

このフレッツ光を使うためには自宅に光回線の設置工事が必要なのですが
これが出来るのかを確認するのが現地調査です。

フレッツ光を使うためにまず行われるのが現地調査というわけですね。

現地調査では引き込みルートなどを確認

では実際に現地調査で行われるのはどんなことなのでしょうか?
調査というくらいだから何かを調べることになります。

フレッツ光の場合は光回線を申込者の自宅に引き込むことが必要になります。
そこでどうやって引き込みをするのか、そのルートを確認することになります。

ただマンションなど集合住宅の場合は申込者の住んでいる建物自体にフレッツ光が
設置されていることが前提になります。

基本的に建物に1つのインターネット回線設置なので集合住宅に他の光回線が
設置されている場合はフレッツ光を引くことが出来ません。

それに集合住宅の場合は設置をするための許可が大家か管理会社が出しますので
住民が勝手に設置工事をすることは出来ません。

集合住宅の場合はまず建物に光回線が設置されているかを確認しましょう。

戸建ての場合はNTTが管理している電線から引き込むのが一般的

フレッツ光の現地調査は主に戸建住宅の申し込みの時に行われます。
光回線をどのルートで申込者の自宅まで引き込むのかを確認するためです。

フレッツ光の場合は主に電柱から戸建住宅まで光回線を引き込みます。
NTTが管理している電柱なら光回線の回線が設置されているからです。

基本的には電柱の回線を分配して契約者の自宅に引き込みをします。
最初から光回線を引き込むつもりなら新築の設計段階でLANコンセントの設置も。

建物の外壁に分配装置を設置して各部屋で使えるようにするなど色々な方法が
考えら得ますが、一人で使う場合にはエアコンのホースを出す穴から引き込みます。

この様に電柱から家までどのようにして回線を届かせるのかを確認するのが
現地調査です。

現地調査で判断されるのは引き込みが出来るか

現地調査で判断されるのはまずフレッツ光回線の引き込みが出来るのか?
そして引き込みのために必要になる工事はどんなものか、ということです。

家の前にある電線までフレッツ光回線が来ていて、そこから簡単に引き込みが出来る
というなら現地調査はとても簡単に終わります。

ただ最近では一部都市で電線の地中化が進められていて電柱がなくなっています。
この場合は地下を電話線と一緒に通っているフレッツ光回線を引き込みます。

実際に地下のどこまでフレッツ光回線が来ているのかの確認と、電話線と一緒に
戸建てに設置できるのかを確認する必要もあります。

この場合、電話線の引き込み口がフレッツ光で使えない場合も考えられます。
その時には外壁に工事をする必要もあるのです。

現地調査ではその工事の確認と許可を取ることも同時に行われています。

壁の工事が必要な場合もある

例えば新築の戸建てで全ての部屋にLANコンセントを設置しているなら
外部の分配装置までフレッツ光回線を引くだけで引き込みは完了します。

でもLANコンセントがない場合、引き込みをしたい部屋まで回線を伸ばして
設置するには外壁の工事を必要とする場合も。

それに通常はエアコンダクトの穴などすでに空いている穴にケーブルを通して
室内までフレッツ光回線を引き込みます。

それができない場合は外壁に穴を開けて引き込むことが必要になります。
現地調査でこの様な工事の確認と穴を開ける許可をもらうこともあります。

まあ穴を新たに開けるというのはかなり特殊な場合だと思いますが。
ちなみに外壁にケーブルを沿わせるための金具取り付けも傷がつくので許可が必要です。

基本的には立ち会いが必要

特に戸建ての場合ですが、この様に工事が必要になることも多いので現地調査には
基本的に立ち会いが必要になります。

家の周りの電柱から自宅の引き込み可能な部屋までの距離を調べる。
地下ケーブルの場合はどこから出して引き込みが出来るのかを確認。

これらは自宅敷地内での作業やルート確認が必要になるので、業者が勝手に敷地内で
調べることが出来ません。

ただし全ての現地調査で立ち会いが必要というわけでもありません。

時間が取れずに立ち会いができない場合は不要になる場合も

フレッツ光では厳しいかもしれませんが、同じ様に立ち会いが必要な工事でも
電話回線の場合は立ち会いが不要になる場合も。

実際にフレッツ光回線も電話回線も自宅内にまで入って現地調査をすることは
ありません。

つまり外側の確認をするだけなので工事などの必要がない、または問題がない場合には
許可も必要ないので住人の許可が必要ありません。

以前は電話線の場合、どうしてもその時間に立ち会いができないという場合は
免除してもらえたのですが・・・

まあ光回線の場合は外壁工事の可能性も高いのでほとんどの場合で立ち会いが必要です。
でもこれは戸建てで申し込みをする時の話です。

集合住宅でも基本的に立ち会いが必要

では集合住宅の場合はどうなるのでしょうか?
やはり基本的には立ち会いが必要になります。

ただ集合住宅ですでにフレッツ光を設置している場合は立ち会い無しで
現地調査が終わる可能性も高いです。

というか現地調査も行われない場合もあるかと。
他の住民がフレッツ光に加入しているならNTT側も現地調査は行っているはずです。

まあ新築マンションで初めてフレッツ光に申込をする、という場合は立ち会いを
行うのかもしれませんが。

集合住宅の場合は管理人や大家が立ち会いをする事が多いのです。
つまり事前に管理会社などに連絡をするほうが重要になります。

申込者ではなく管理者が立ち会いをする、ということになるので、その確認は
しっかりとしておきましょう。

建物の分配方式で工事の時の立ち会いが必要

現地調査での立ち会いは必要ないことも多いのですが、集合住宅の回線分配方式では
工事に立ち会いが必要になります。

建物に引き込みされたフレッツ光回線は各部屋に分配されて届きます。
この回線分配方式によっては工事が住宅内部になるのです。

集合住宅の共有部分に引き込まれたフレッツ光回線をすでに建物に配線済みの
電話回線を使って分配するのがVDSLという方式です。

この場合は共有部分の分電盤の切り替えをするだけなので申込者が工事に
立ち会う必要はありません。

でも集合住宅にLANコンセントが設置されている場合、工事後の開通確認を
申込者の自宅で行う必要があります。

つまり工事業者が自宅で確認をするので立ち会いが必要になります。
建物の回線分配方式を確認しておくようにしましょう。

集合住宅の場合はフレッツ光の申し込みを管理会社に連絡する

現地調査が必要ない、ということも集合住宅には多いのですがたまに現地調査が
行われることもあります。

その時になって連絡がなかった場合にトラブルが発生することも多いので
フレッツ光に加入する時には管理会社などに連絡をしておきましょう。

回線引き込み場所や分電盤がすぐに見えるところなら良いのですが、建物によっては
管理会社が鍵をかけている場所にあることも。

電気や回線業者が鍵を持っていて勝手に工事などが出来れば良いのですが・・・
そんな状況ではないなら管理人などが立ち会いをする必要があります。

小さなアパートの場合は当然ですが工事をするためには大家の許可が必要です。
管理人などに事前に連絡をしておくことはとても重要なので覚えておきましょう。

現地調査がないならその事も伝えて、工事日が決まったら工事日も連絡する。
これがトラブルを無くすためにはとても重要なのです。

フレッツ光のマンションタイプも現地調査が必要になる?

ここからは色々なパターンで実際にユーザーが疑問に思っていることを
確認していきます。

戸建てでフレッツ光を使っていて、引っ越しでアパートに行く場合に
フレッツ光を持っていけるのか?というユーザーがいました。

NTTに聞いたところ設置は可能です、という回答だけもらったそうです。
この場合、実は引越し先のアパートにフレッツ光回線が設置されていませんでした。

ここでの「設置可能」という意味は新しく建物にフレッツ光回線を設置することは
出来るという意味なだけで契約が出来るという意味ではありません。

ただしフレッツ光回線を設置するためにはアパートの大家の許可が必要です。
しかも集合住宅のフレッツ光は住居者数名の加入が必要になります。

例えば戸数8戸のアパートの場合、契約者が4名以上いないと建物に新規で
フレッツ光回線を設置することは出来ません。

一人だけ契約しても設置費用などがかかりNTT的には赤字になってしまうためです。
しかも大家の許可が出ない限り設置工事も出来ません。

この場合はまず大家と相談してフレッツ光回線が契約できるかを確認しましょう。
回線は移転手続きを知ればもし移転不可能になった時に違約金なしで解約できます。

現地調査の結果、回線工事が出来なかった

フレッツ光のハイスピード回線、ネクスト隼を申し込んで現地調査をしてもらったら
工事不可能と言われた。

これはネクスト隼がマンションタイプの場合、LAN方式の分配でなければ工事できない
ということです。

集合住宅の場合は上記の通りVDSLという電話線を使う分配の場合も多く、この方式では
ネクスト隼は使えないのです。

現状ではLAN方式の分配をしている賃貸住宅というのはとても少ないと思います。
どうしてもフレッツ光を使いたければ隼以外の回線契約をしましょう。

ドコモ光はフレッツ光に対応していれば契約できるか?

ドコモ光はフレッツ光の光コラボモデルなので基本的にフレッツ光の対応地域なら
どこでも契約できるはずです。

ただたまに現地調査と工事のタイミングが合わずに利用可能地域になっていても
回線設置ができないという状況も出来るのだとか。

まあそれはかなり稀なケースなので基本的にはフレッツ光の対応地域を調べれば
問題ないと思います。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-用語

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.