*

用語

LANケーブルの種類、どんなものを選べばインターネットが快適になる?

投稿日:

設置場所や用途に合わせたLANケーブルを使うことがおすすめ

元々LANケーブルはパソコンとネットワーク関係の周辺機器、またはパソコン同士を
つなぐために使われていた接続ケーブルです。

でも最近ではインターネット接続のための周辺機器とパソコンを使うために使われる
ということも多くなっています。

そして使っているLANケーブルの種類によっては通信速度に大きく影響を与える
ということもあるのです。

つまりLANケーブルはきちんと用途に合わせたものを使うことが必要。
使う場所によって種類も変えるとさらに安定する、ということです。

ではなぜLANケーブルの種類を選ぶことが通信速度に関係するのか。
どんな種類のLANケーブルを使えば良いのかを詳しく調べてみましょう。

基本的にストレートケーブルを使う

元々LANケーブルはストレートケーブルとクロスケーブルという2種類があり
それぞれに使うところが違うケーブルでした。

ストレートケーブルはパソコンとHUBをつなぐ時に使い、クロスケーブルは
HUB同士やパソコン同士をつなぐ時に使うケーブルでした。

でも最近ではLAN関係の周辺機器には自動で切り替えができる機構がついているので
基本的にストレートケーブルを使うことが出来ます。

パソコン同士を直接繋ぐ場合以外にクロスケーブルを使うことはまず無くなりました。
特にインターネット関係のLANケーブルはストレートケーブルを購入して大丈夫です。

カテゴリーによって通信速度が違う

クロスケーブル以外ならどれでも良いのか?という訳でもなく、今度はLANケーブルの
カテゴリーに注目する必要があります。

カテゴリーとはLANケーブルの規格のことで、一般的に販売されて始めたカテゴリー5
そして最新版はカテゴリー7という規格が取り扱われています。

ケーブル自体の性能が変わっているので新しい規格のほうが性能は良いです。
例えば通信速度の対応がカテゴリー5だと100Mbpsですがカテゴリー7は1Gbpsです。

最近の光回線は下り最速1Gbpsという回線も多いので出来れば1Gbpsに対応した
カテゴリーのLANケーブルを使うようにしましょう。

まあLANケーブルの対応速度は最高速度ではなく「100m離れた場合に保証できる
通信速度」という意味です。

つまりカテゴリー6の対応速度1GbpsというのはこのLANケーブルを100m設置して
通信を行ったときでも通信速度1Gbpsまで出ることを保証する、という意味です。

ちなみにLANケーブルは距離が短くなればノイズが入りにくくなり通信が安定するので
通信速度は早くなりやすいです。

カテゴリー5の100Mbps対応のケーブルでも速度計測で400Mbps出た、という
状況が出来るのは本体からルーターまでの距離が1m以内なら十分に考えられます。

カテゴリー7は選ばないほうが良い?

カテゴリーに関してもう一つ、最新のカテゴリー7は10Gbps対応と通信速度に関しては
かなり優秀なのですがおすすめできない一面もあります。

それがケーブル内部のシールド、通信ノイズに対する防御シートのようなものが
あるのですがそれがコネクタ部分にまでつながっているのです。

何かの原因でケーブルに電気が通ってしまった時にパソコンや周辺機器にまで電気が
通ってしまいショートの原因になります。

配電盤のように絶縁処理がされているところなら問題ないのですが、家庭内で
完全絶縁処理が出来るか?と言われるとかなり微妙です。

基本的にカテゴリー7は主に研究所や映像通信関係の工場などで使われてきました。
まあ最近では家庭用に販売されているのも多いので大丈夫だと思いますが・・・

ちなみに通信速度は10Gbpsに対応しているので今後の高速通信サービスには
必須となるかもしれないのがカテゴリー7のLANケーブルです。

ケーブルの形状にも種類があるので考えて購入する

自分の通信回線にあったカテゴリーのケーブルを選んだら、今度はケーブル自体の
形状を選びましょう。

こちらはとてもわかり易く、ケーブルの形の種類のことです。
スタンダード、フラット、スリム、巻取りと種類があります。

単純に形状の違いだけですが、ケーブルを設置する所によっては向き不向きがあります。
それぞれの形状の特徴などを確認してみましょう。

スタンダードは長い距離をつなぐのに便利

丸型、スタンダードケーブルタイプはいわゆる普通の一般的なLANケーブルです。
とにかく普通のLANケーブルを想像してもらえばわかりやすいと思います。

特に何の加工もされていない分だけ外部からのノイズにも強く、至って普通に使えます。
形状的には一番ノイズに強いので長距離の接続には一番向いています。

中身の配線種類によっては短い距離の複雑な場所の設置でも大丈夫ですが基本的には
あまり折り曲げずに使うことをおすすめします。

スリムケーブルは狭いところでも設置しやすい

スリムケーブルはスタンダードタイプに比べて少し直径が細くなっています。
その分だけ強度が弱くノイズにも弱くなってしまいますがかなり自由に曲げられます。

狭いところ、細かな配線にも十分に対応できるので使いやすいのですがノイズに弱いので
あまり長距離の配線にはおすすめしません。

ある程度細いのでそれなりに配線をすっきりさせることが出来るのも魅力的です。

フラットケーブルはカーペットの下にも設置可能

フラットケーブルとは平たい、きしめんのような形状のケーブルのことです。
パスタケーブルなんて呼ぶ人もいるケーブルの形状です。

その特徴的な外見の通り、薄くて目立たないように配線することが出来るという
特徴があるケーブルです。

部屋の中に配線する場合にカーペットの下を通せば目立たなく、違和感もありません。
壁に這わせるように配線するという方法もできるケーブルです。

かなり薄く作ることが出来るようで、会社によっては厚さ1㎜というサイズでの
取扱がされているほどです。

当然耐久性に期待することが出来ず、何度も踏みつけるようなところで使うには
なにか防御策を取る必要があります。

巻取りケーブルは持ち運び、余分なケーブル収納をしたい人におすすめ

巻取りケーブルはコードリールがついていて巻き取ることが出来るケーブルタイプです。
ヘッドフォンのケーブルなどを想像してもらえばわかりやすいでしょうか。

巻き取って収納できるので持ち運びには大変便利ですが、基本的にLANケーブルを
持ち運ぶ必要は殆どありませんよねえ。

ただケーブルの長さを調節することが出来るので必要な長さに合わせれば余分な
ケーブルで周囲がゴチャゴチャするという状況をなくすことができます。

ただ巻き取ることを前提に作られているのでケーブル自体の耐久性はかなり低く
通信ノイズにも強くはありません。

利用するシーンが限られてしまうのですが、あると便利なのが巻取りタイプの
LANケーブルです。

ケーブル内部の違いによる種類分け

次にもう少し細かく、ケーブル内部の構造による種類の違いについても確認します。
こちらはかなり専門的なことになるので一般的にはあまり使われないと思いますが。

ただこれまでの種類分けでもわかるようにLANケーブルはどうしても周囲のノイズ
特に機械的なノイズに鑑賞されやすいという欠点があります。

それが気になる場合はこちらの種類分けも覚えておくとLANケーブル選びに
役立つと思います。

一般的なLANケーブルはUTPケーブル

LANケーブル購入をする時にパッケージに書かれている種類分けの1つが
シールドされているかどうかで、こちらはシールドされていないものです。

Unshielded Twisted Pairケーブルの頭文字を取っていて、簡単に言うと
シールドされていないツイストペアケーブルということです。

単純にツイストペアケーブルと言われることも多く、一般的なLANケーブルとして
家庭やオフィスで使われているタイプのケーブルです。

ケーブル内部の配線に特殊な防御膜を使っておらず、比較的自由に曲げることが出来る
普通のケーブルがこのタイプです。

ノイズに強くしたのがSTPケーブル

UTPケーブルと違って外部からのノイズ干渉に強くしたタイプのケーブルが
STPケーブルです。

Shielded Twisted Pairケーブルの略でケーブル内部に干渉を防ぐための膜のような
シールド加工がされているケーブルです。

干渉を起こしやすい機器のそばを通す時に使えば通信ノイズが入りにくくなります。
またペアケーブルにもシールドをした二重シールドケーブルもあります。

パソコンや周辺機器が多く並んでいるところで使うと影響を受けにくいのですが
ケーブル自体の柔軟性にかけるのはちょっと使いにくいところです。

電源供給が必要な通信関係周辺機器にはPoEケーブル

複数のパソコンをネットワークで繋いで、更に無線LANも使っているなど
HUBと無線LAN中継用子機をつなぐ時に使いやすいのがこのケーブルです。

PoEとはPower over Ethernet、パワーオーバーイーサーネットの頭文字で
イーサネット端子から電源供給が出来る機材に対応しています。

つまりLANポートから電源が供給できるタイプの機器同士をこのケーブルで繋げば
接続先の電源供給が必要なくなります。

当然繋ぐ両方の機器がPoEに対応していることが必要ですが、AC電源不要になるので
場所によってはかなり使いやすくなります。

ただ家庭で使う機会がどれだけあるかはわかりませんが。

単線とより線は配線する長さで選ぶ

LANケーブルには内部に8本のケーブルが集まっていて、それぞれペアになって
組み込まれています。

内部での干渉を防ぐために十字の仕切りを作ったケーブルなどもあるのですが・・・
基本的には8本のケーブルが集まってできていると思ってください。

そのケーブル自体が更に複数集まってできているものがより線。
1つのケーブルで出来ているものが単線という種類になります。

より線と単線はどんな時に使い分けるのか。
それは配線する時の長さによって使い分けるのが良いと言われています。

曲がりにくく長距離の配線に向いているのが単線

LANケーブル内部の銅線が1つの単線で8本集まっているという状態は
硬い銅線が集まっているので曲がりにくくなっています。

細かなところに配線するには自由度が少ないので向きませんがその分ノイズに
強いので長距離の配線には安心できます。

目安ですが10m以上の配線をする場合には単線のLANケーブルを使ったほうが良い
と言われているのはやはり安定性を考えてのことだと思います。

ある程度自由に曲がるより線は短い配線におすすめ

一方のより線は太い銅線だけで作られていないのである程度自由に曲げられます。
ただし安定性に関しては単線よりも劣ってしまいます。

そこで短い配線、ノイズが入りにくい距離での配線なら使いやすいと言われています。
こちらも目安ですが大体5m以下ならより線がおすすめです。

コネクタ部分の違いで設置場所にぴったりな場合も

ケーブルだけではなくコネクタ部分もLANケーブルでは種類が選べます。
単純に大きさだけではなく壊れに草もLANケーブルには必要です。

ツメ折れ防止のカバーがついている商品は長い期間使うLANケーブルが抜けなくなる
というトラブルを防ぐ効果に期待がされています。

またカテゴリー7のケーブルには金メッキで加工されたプラグというものも多く
通信ノイズに関してはかなり防御加工をしているものもあります。

その他には利用する場所によってコネクタの大きさを選ぶという方法も。

スリムコネクタはHUBで隣同士を鑑賞させないために

薄型のスリムコネクタなら多くのLANケーブルが並ぶHUBで使っても隣同士が
鑑賞せずに通信が出来るようになります。

まあこちらも基本的にはオフィスなど多くのパソコンをHUBで分岐している時に
使われることが多いケーブルの種類です。

自宅の場合はルーターにそれほど多くのLANケーブルを挿して使うこともないので
あまり気にならないと思いますが。

ショートコネクタは背面をすっきりさせたい時に便利

家庭でも使いやすいのがショートコネクタのLANケーブルです。
こちらはコネクタ部分が普通よりも短くなっています。

LANポートに挿した時に背面に出っ張る部分が少なくなるので、パソコンの背後が
とてもスッキリします。

狭いところでルーターを使う場合などショートコネクタなら配線にも困らずに
設置できると思います。

LANケーブルの種類についての疑問を確認

LANケーブルの選び方について実際に疑問に思っていることを調べてみます。
その回答も私なりに考えてみました。

LANケーブルの形状によって性能に違いが出る?

短距離の配線ならほとんど影響が出ることはない。
隣の部屋から有線で接続するとなると色々影響が出るので性能に違いを感じる。

特にフラットやスリムならノイズの影響を受け易いので通信速度が遅くなることも。
配線距離が長くなるほど性能に違いが出る。

LANケーブルのカテゴリーはどうやって調べる?

商品の場合はパッケージに記載がある。
すでに配線してあるケーブルでもどこかにカテゴリーが印字してあるはず。

ただカテゴリーではなくCAT5など略されているので注意が必要。

メーカーやプロバイダからの試供品の場合はカテゴリー表記がない場合もある。
この場合は調べようがないので新しく購入して交換がおすすめ。

長い距離の通信機器を接続するならどんなLANケーブルがおすすめ?

他の部屋でもインターネットを使いたいという場合、ONUとWi-Fiルーターを
長いLANケーブルで繋ぐ必要があります。

この場合、通信回線にもよりますがおすすめできるのはカテゴリー6のケーブルで
出来れば単線のケーブルを使うことがおすすめです。

カテゴリー6ならある程度の通信速度に対応しますし、通信ノイズにも強いです。
それなりに金額がかかりますが回線の安定性は高くなります。

それと長い距離を配線するなら強度の関係もあり単線のLANケーブルがおすすめ。
これらはパッケージ書いてありますが、わからなければ店員に聞きましょう。

LANケーブルはかなり多くの種類がありますが、特殊な場所での利用を考えなければ
基本的なケーブルで十分に対応することが出来ると思います。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-用語

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.