*

MEC光

口コミが気になるexcite MEC光のキャンペーン内容は?

投稿日:

キャンペーンがないけど安く速いのがexcite MEC光

最近始まった新しい光回線のインターネット接続サービスの1つが注目されています。
それがexcite MEC光というサービスです。

元々excite光という光コラボモデルのサービスは提供されていましたが、それとは
ちょっと違うサービスを新しく提供しています。

同じ系列のサービスとしてexcite MEC光もキャンペーンが殆ど無いですが
月額料金が安く、快適に使える光回線サービスというのが私の印象です。

じゃあこのサービス、使いやすいのか?
どんなところが良くてどんなところが気になるのか。

口コミなどの評判も合わせて確認してみたいと思います。

現在行われているキャンペーン特典などが全く無い

普通のインターネットプロバイダ、特に光コラボモデルを提供しているところは
多くのキャンペーン展開をしています。

その理由としてはユーザーを集めるためだとは思いますが・・・
正直お得なキャンペーンにはとても興味を惹かれます。

そして新しく始まったサービスのexcite MEC光を見てみると、現在は全くキャンペーンを
展開していませんでした。

一応サービス開始当初にはWi-Fiルーターのプレゼントがあったようですが。
現在はそのキャンペーンが終了し、何も展開されていませんでした。

ちなみに他のプロバイダの光コラボモデルのキャンペーンを確認してみると
・ @nifty光 20,000円キャッシュバック
・ DMM光 23,000円キャッシュバック
・ NURO光 35,000円キャシュバック
・ OCN光 10,000円キャッシュバック
・ So-net光 30ヶ月の月額料金2,000円割引
・ ソフトバンク光 30,000円キャッシュバック
・ ドコモ光(GMOとくとくBB)15,000円キャッシュバック
・ BIGLOBE光 33,000円キャッシュバック

公式サイトではなく加入代理店の特典も含めてのキャンペーンですが、他のところでは
これだけ多くのキャンペーンが展開されています。

これを見るとちょっとさみしい感じがしてしまいます。

スマホや格安SIMの割引もない

キャンペーン展開でもう一つ、最近では固定回線契約とスマホの割引も一緒になる
という特典が多く見られます。

大手キャリアでも特定の固定回線をスマホユーザーが契約することでスマホの
月額料金を割引できるサービスが出来ているのです。

ちなみにauの場合はauひかりだけではなくフレッツ光のコラボモデルでもOKで
@nifty光やSo-net光でも月額料金の割引が出来ます。

ソフトバンク光やドコモ光でもそれぞれの携帯端末を持っている場合はスマホの
月額料金が割引になります。

更にNURO光はソフトバンクの割引、おうち割野対象になっているのでソフトバンクの
スマホを割引することができます。

後はBIGOBEや@nifty、DMMなどは格安SIMの提供があります。
こちらの月額料金割引が出来るので使っているならこちらがおすすめです。

OCNでも格安SIMが提供されているので、これらのSIMカードを使っているなら
それぞれのプロバイダの光コラボモデルにすればちょっと安くすることができます。

でもexcite MEC光ではこれらのキャンペーンも全くありません。

月額料金が最大の魅力

ではexcite MEC光の最大のメリットはどこにあるのでしょうか?
それはやはり月額料金の安さだと思います。

元々プロバイダ一体型の光コラボモデルはフレッツ光+プロバイダ料金よりも
安い月額料金で使えることが魅力の1つです。

フレッツ光の戸建てプランなら月額5,400円にプロバイダ料金1,000円位で
トータル6,400円程度になりました。

光コラボモデルにすればこれがプロバイダ一体型のサービスになって
回線利用料とプロバイダ料金込みで5,400円程度になります。

安いところなら5,200円位になるので更にお得になるという印象です。
でもexcite MEC光は戸建てプランが月額4,500円です。

集合住宅なら月額3,500円とかなり安い料金で使えるのがとても魅力的です。
これがキャンペーンの金額ではなく、ずっと同じ値段なのです。

新規契約者は最初の2ヶ月間割引などの料金を宣伝に使うところもありますが
元々excite MEC光はキャンペーン展開を全くしていません。

料金に関しても何も割引をしていないので、この料金は何も割引されておらず
ずっと同じ料金で使い続けることが出来るのです。

これはとても大きな魅力に感じました。

通信速度が快適なことも魅力の1つ

もう一つ注目されているのが通信速度の速さです。
混雑時にもほとんど速度が落ちずに快適に使えると言われています。

実際に口コミ評価を見てみると、混雑する夜間の時間帯でも下り400Mbps以上の
通信速度を計測することが出来ています。

その理由はexcite MEC光がIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスを
使っていることです。

従来の通信ではどうしても混雑してしまう通信網をスルーしてインターネット回線に
直接接続できるネイティブ接続業者と契約をしています。

ネイティブ接続業者、VNE業者と契約することで混雑する回線をスルーして
インターネット回線に直接つなぐことが出来るので快適な速度になるのです。

ちなみにexcite MEC光で契約しているのはインターネットマルチフィード
という会社で使っている通信規格がDS-Liteという方式です。

このDS-Liteを正常に使うためには対応ルーターが必要です。
市販もされているので購入して使うことも出来ますが・・・

ルーターレンタルが必須なので実質100円高くなる

対応ルーターを購入してしまえばその後のコストが無いのですが
excite MEC光ではルーターのレンタルが必須となっています。

プレゼントキャンペーンの後、DS-Lite対応ルーターをレンタルすることが
必要なので実質月額料金がちょっと変わります。

まあルーターレンタル代は月額100円なのでそれほどの負担ではないのですが。
ちなみにレンタルされるのはNECのAterm WG1810HPです。

プレゼントされていたのはエレコムのルーターだったようで、それとは違う製品が
レンタルされているようで。

どちらのルーターも現在の実売価格は8,000円程度なので性能的にはそれほど
大きな違いはなさそうです。

他の対応ルーターを確認してみる

ルーターのレンタルが必須なのでexcite MEC光では必要ないのですが
他のルーターメーカーでもDS-Lite対応ルーターの取り扱いがあります。

一応確認しておきましょう。
BUFFALOは対応商品も多く、性能で選んで購入することが出来ます。

・ WXR-2533DHP3
・ WXR-1900DHP3
・ WXR-1750DHP2

これらのシリーズの下位機種でもファームウェアを更新することで対応可能です。
部屋の広さや電波の強さで使い分けることも出来ます。

IOデータにも対応ルーターがありました。
WN-AX1167GRとそのシリーズも動作確認がされています。

まあexcite MEC光ではレンタルするので必要ないと思いますが。
何かの時にDS-Lite対応のルーターがほしいという場合は参考にしてください。

月額料金以外の必要な金額を確認

月額料金が安いというのはよくわかったので、それ以外に必要になる料金を
改めて確認してみることにします。

新規で申し込みをする場合の回線設置工事費、転用する場合の事務手数料。
その他利用できるオプション料金なども確認します。

新規の回線工事費は戸建てと集合住宅で違う

新規で申し込みをする場合はフレッツ光の設置工事が必要です。
集合住宅の場合は建物に回線設置してあるのが条件で、分配工事になります。

戸建ての新規加入の工事費が18,000円、集合住宅は15,000円です。
これに新規契約の事務手数料がそれぞれ1,000円かかります。

更にexcite MEC光開通手続料として3,000円が必要です。

回線自体はフレッツ光を使うので現在フレッツ光の契約をしている場合は
転用という方法になります。

転用の場合は事務手数料のみ

現在フレッツ光を使っているならその海鮮をそのまま使ってサービス継続が
出来るので回線工事をする必要がありません。

つまり転用の場合は回線工事費用がかかりません。
その代り転用事務手数料が2,000円かかります。

これに新規申し込みのときと同じようにexcite MEC光開通手続料3,000円が必要です。
何だか事務手数料がとても多くて高いという印象です。

excite光から移行の場合は事務手数料がない

もう一つ、同じexcite光という光コラボモデルから移行することも出来ます。
この場合は事務手数料、工事費ともにかかりません。

まあ同じ系列のサービスを使っているので事務手数料がかからないというのは
わかりますし、回線もそのまま使えるので工事も必要ありません。

ただexcite MEC光開通手続料が必要です。
つまり3,000円は初期費用として必要になります。

結局一般的なフレッツ光からの転用と同じだけの初期費用がかかるということに。
やはり手続きの費用がとても高いという印象です。

使えるオプションはフレッツ光とほぼ同じ

フレッツ光で利用できた有料のオプションもほとんどがそのまま使えます。
名称が変わりますが内容は変わらず料金もほぼ一緒です。

MEC光電話が月額500円、MEC光テレビが月額660円、MEC光リモートサポートが
月額500円で契約できます。

これとは別のプロバイダの有料オプションも利用できます。
プロバイダ一体型のサービスなのでexcite MEC光ではBB exciteと契約をします。

BB exciteで行っているのがパソコンお助けサポートで、こちらは月額300円ですが
今excite MEC光に加入すれば2ヶ月無料で使えるキャンペーンがあるそうです。

回線サービスでは何もキャンペーンがないのですがプロバイダではキャンペーンが
利用できるというのはちょっと複雑な気もしますが。

もう一つの魅力が解約違約金がないこと

月額料金の安さが大きな魅力のexcite MEC光ですが、もう一つ大きな魅力が
解約違約金と最低契約期間がないこと。

通常インターネット回線は複数年契約をすることで割引をしているので
契約期間途中で解約すると違約金が発生します。

また違約金がない、複数年契約がないところでも契約からある程度の期間使う
という最低契約期間が設けられている場合がほとんどです。

でもexcite MEC光では複数年契約での割引がなく、最低契約期間もなし。
安い月額料金は割引無しで、しかもいつ解約しても良いのです。

元々exciteでは連続契約での割引がなく、光コラボモデルのexcite光でも
同じようにいつ解約しても良いというサービス提供でした。

いわゆる2年縛りがないということは多くのユーザーにとっては魅力的で
しかも月額料金が安いのでとても使いやすいと思います。

まあプロバイダの変更だけではなく、光コラボモデルの場合は解約すると
次の契約にちょっと手間がかかるのが問題なのですが・・・

契約期間を気にしなくても良い、というのはかなり使いやすいと思います。
引っ越しが決まっているという人にも安心しておすすめできます。

キャンペーンで違約金が発生する可能性も

ただ違約金がないという特徴ですが、場合によっては違約金が発生することも。
例えばキャンペーンなどで工事費の割引がある場合に違約金が発生します。

以前フレッツ光を提供しているNTT西日本では工事費の割引として毎月の料金から
割引をする形の実質0円キャンペーンを展開していました。

この割引期間に解約してしまうとexcite MEC光としては違約金がないのですが
フレッツ光の違約金が発生してしまうというわけです。

光コラボモデルで料金体系が一体化しているのでその違約金はexciteが徴収して
NTTに支払うという形になります。

つまりキャンペーンによってはexciteから違約金を求められる可能性があります。
フレッツ光のキャンペーンの残りにも注意をしておきましょう。

始まったばかりのサービスなので口コミの数も少ない

多くの方の評判を聞いて評価をしたい、と思ってもexcite MEC光はまだ始まったばかり
というサービスなので口コミ評価自体もほとんどありません。

当然知名度もなくてどんなサービスなのかを知りたいという人も多くいます。
まあ現状は通信速度の速さと安さが魅力、というところでしょうか。

スピードテストの結果を調べてみてもやはり高速通信が出来ているという人が多く
口コミでは快適という意見が見られました。

ただサポート体制の悪さはexciteのままなのでやはり対応が厳しいという意見も。
それに支払いにクレジットカードしか使えないというのもマイナスだと思います。

最近は支払い方法に口座振替が選べるところも少なくなっているのですが
固定回線サービスならまだ多くのプロバイダが口座振替に対応しています。

モバイル通信のようにクレジットカードを持っていない、使いたくない人が
選べないというのはちょっと残念でした。

でも解約違約金がなく最低契約期間もないので試しに使ってみるという方法も
やりやすいというメリットもあります。

新しいIPv6方式の通信を試してみたい、という方にはおすすめしやすい
光コラボモデルだと思います。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-MEC光

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.