*

u-next光

U-NEXT光01は安いと評判だけど使いやすいインターネットサービスなの?

投稿日:

月額料金は安いが使えるところが限られるU-NEXT光01

数多くのインターネット接続サービスが提供される中で月額料金はとても大きな
魅力になる要素の1つです。

特に光回線を使ったサービスは以前とても料金が高かったので、安く使えるところは
多くのユーザーが注目しています。

そんな中でかなり安い月額料金で使える光回線サービスとして注目されているのが
U-NEXT光01というサービスです。

月額2,980円で使える光回線というのは確かにとても魅力的です。
でもはっきり言うとこのサービス、使える人がとても限られてしまいます。

それにサービス自体はいいのですがサポート体制が悪く評判としてもそれほど高い
とは言えません。

注目されているU-NEXT光01のサービスなどもっと詳しく確認してみましょう。

U-NEXT光01は集合住宅専用のインターネット回線サービス

まずU-NEXT光01は集合住宅専用、つまりマンションやアパートでしか使えない
光回線のインターネット接続サービスです。

戸建てに向けてのサービス提供はしていません。
利用できるのは集合住宅だけです。

しかも現在アルテリア・ネットワークスの回線設置がされている集合住宅でのみ
契約することが出来るのです。

光回線で有名なのはフレッツ光ですが、こちらはNTTが設置した回線を使った
サービス提供が行われています。

つまりNTTの回線が設置されているマンションではフレッツ光が提供されるので
U-NEXT光01を使うことが出来ないのです。

昔USENなどのサービスを導入していた集合住宅で契約できるサービス
ということになります。

ちなみに建物には1つの回線しか設置できないのが普通なので、現在他の回線が
設置されている集合住宅に新しく回線設備を引き込むのはとても難しいです。

管理会社、大家、住民の了承を取ることが必要なので設置できるまでにかかる時間も
かなり長くなると思います。

月額2,980円でプロバイダ一体型の回線サービス

現在建物にU-NEXT光01の回線が設置されているなら多分ポストなどに勧誘の
広告が頻繁に入っているはず。

そんな集合住宅に入ることが出来たとして、実際にU-NEXT光01のサービスを
確認してみたいと思います。

まず月額料金は2,980円、これはプロバイダ料金と回線利用料が一緒になった
プロバイダ一体型の料金となっています。

つまりフレッツ光のように回線利用料とプロバイダ料金が別ではなく
光コラボモデルと同じで一緒に請求されることになります。

問題点としてはプロバイダを選べないこと。
まあ元々U-NEXTの回線を使えばプロバイダは選べないのですが・・・

月額料金の安さは確かにとても魅力的だと思います。

通信速度は下り最速100Mbps

続いてインターネット回線接続サービスでかなり重要な項目、通信速度について。
U-NEXT光01では下り最速100Mbpsとなっていました。

最近の光回線の通信速度は下り最速1Gbpsという回線が主流です。
その中で100Mbpsというのは確かに遅いですよねえ・・・

まあ通信回線はベストエフォート式のサービスなので最高速度で提供がいつでも出来る
という回線はありません。

通常下り70Mbpsもあれば十分にインターネットを快適に使えると言われますし
実際にはそれほど大きな問題にはならないかもしれません。

ただ高性能のパソコンを使って行う対戦型のネットゲームでは通信速度は
ゲームの結果に大きく影響を与えてきます。

普通に使う以外の使い型が多いというユーザーにはこの通信速度はちょっと厳しい
という印象でした。

オプションサービスが充実している

有料のオプションサービスがとても充実しているのも特徴の1つです。
元々USENが行っていた映像提供サービスなどが使えるようになっていました。

月額料金と簡単なサービス内容を確認してみます。

・ いえのでんわ 600円 光回線のIP電話サービス
・ いえのWi-Fi 500円 無線LANルーターのレンタル
・ メールサービス 100円 1アカウント100円で最大20個までアカウント取得可能
・ U-NEXTビデオ見放題サービス 1,990円 動画配信サービス
・ SMART USEN 490円 音楽配信サービス
・ PC+Androidセキュリティサービス 350円 セキュリティソフトサービス
・ おとくサポート(U) 600円 ローソンのネット宅配サービス

光回線と元USENの特徴を活かしたと思われるサービスが豊富にあります。
ちょっと料金とサービス内容のバランスが気になるところもありますが。

光回線のサービスとしては大きな問題点はないと思いました。

分配方式によって工事が変わる

次にU-NEXT光01の気になるところについて調べてみます。
まず回線設置工事が建物内の分配方法によって違うところがちょっと気になりました。

集合住宅に光回線を設置した場合、その回線を契約している部屋まで分配して
一つの回線を建物の住人全てで使うことになります。

この回線分配に昔からある電話回線を使うのがVDSLという方式です。
ちなみに建物内部にLANを設置して分配するLAN方式もあります。

このどちらの方式で分配しているかで契約後の工事の立ち会いが変わります。
VDSL方式の場合は管理会社の機械室内も多いので基本的に立ち会いなしです。

LAN方式の場合は契約者の室内で開通テストをする必要があるらしく
工事の立ち会いが必要になります。

ちなみにどちらの場合も工事費として16,800円が必要です。
分割も可能でその場合は700円の24回払いです。

早期解約違約金がかかる

U-NEXT光01は基本的に2年契約で、途中解約をした場合に違約金がかかります。
ただ残りの契約月数のプロバイダ料金相当分だけ支払うという形になっています。

でも12ヶ月未満で解約をした場合には早期契約解除金として9,500円の支払いが
求められることになります。

ちなみにプロバイダ料金は月額1,000円で計算されるらしく、残りの契約期間が
3ヶ月なら違約金は3,000円のみです。

10ヶ月で解約した場合は早期契約解除金9,500円と残りの契約期間分の14,000円
合わせて23,500円が必要というわけです。

それとインターネット回線は初期契約解除制度、いわゆるクーリングオフの対象です。
書面受領日を初日として8日目までは違約金なしで解約ができます。

契約相手に対して書面での通知が必要になりますし、専門的な知識も多少は必要なので
弁護士などに相談するほうがおすすめですが。

キャンペーン特典がほとんどない

現在U-NEXT光01で行われているキャンペーンはいえのでんわスタートキャンペーン
これだけです。

今いえのでんわに加入すれば事務手数料無料、月額料金永年無料、解約手数料免除
というキャンペーン内容です。

まあ確かにIPでんわを使いたいと思うならかなりお得ですが、スマホが普及している
現状で魅力的か?と言われるとかなり微妙です。

ちなみにU-NEXT光ではU-mobileの割引キャンペーンが展開されています。
格安SIMを使っているならかなりお得になるのですが・・・

フレッツ光の光コラボモデルのキャンペーンと比べてしまうとかなり見劣りがして
寂しいという印象です。

口コミ評価は大きく別れる

では実際にU-NEXT光01を使っているユーザーの意見はどうなのでしょうか。
色々と口コミを調べてみるとかなり意見は別れるようです。

月額料金が安いことに関しては概ね良い印象なのですが、それと一緒に通信速度が
他の光回線に比べて遅いというのが問題のようで。

月額料金を考えるとこれくらいでていればいい、という意見もあるのですが
1Gbpsが主流の現在で100Mbpsでは遅すぎるという意見も。

確かに集合住宅専用ということで同じ建物内にヘビーユーザーがいれば通信速度は
かなり遅くなってしまいます。

逆にマンション内にユーザーが少なければ十分に満足ができる通信速度を
確保することが出来るということでしょうか。

ただ多くの人の意見が一致しているのはサポートセンターの対応の悪さです。
ここに不満を持っている人はとても多いのでちょっと調べてみましょう。

サポートセンターの対応がとても悪い

多くのプロバイダで問題になるのですが、困った時に電話をしても中々つながらず
とても待たされてしまうということ。

特に大手プロバイダではサポートセンターの人員増強がユーザーの増加に追いつかない
という現状もあるようです。

更にU-NEXT光01の場合はつながったときの対応にも問題があるようで。
とにかくサポートセンターと他の連携が取れていないという印象です。

例えばサポートによっては折返しのでんわが必要という時に、希望の時間帯を
頼めるのですがその時間にかかってこない。

日中は仕事だから17時以降、といったのに普通に14時位にかけてくるとか。
申込受付に言ったことが伝わっていないので割引キャンペーンが使えないとか。

工事内容の確認が違うものになっていたという人もいました。
本当に同じ会社内なのかと疑うような意見も多く見ることが出来ました。

まあどこでもサポートダイヤルはとても対応が難しいところだと思います。
でもこんな意見が多く見られるというのはちょっと問題があるかも。

IDとPASSを書類で送らない

1つとても気になったのがオプション加入するサービスのアクセス番号を
書類で郵送しないということです。

ある人がおとくサポート(U)の加入が気になったので契約後すぐに解約しようと
思ったのですがWEBで会員ページに入ることが出来ない。

契約書類などを探してもIDもPASSも記入がないのでサポートダイヤルに
連絡したところ口頭で伝えられたそうです。

とても気になったので「書類での郵送はしてくれないのか?」と聞いたところ
すべてのユーザーに電話口で伝えていると言われたそうです。

有料オプションに加入させているということも問題だと思いますが、それを
使うための情報も提供しないというのはどうなのでしょうか・・・

まあ解約自体は簡単にできたそうなので、気になるのは会員情報の伝え方ですが。
そういうやり方のプロバイダなんだ、と納得するしかなさそうです。

口コミの評判ではかなり厳しい印象のU-NEXT光01

口コミなどを見るとかなり勧誘が激しく、中には代理店からの電話でまともに
説明もされずに契約してしまったという方もいたようです。

確かにサービス自体は普通にやっているようなのですが、勧誘方法やその対応
有料オプションの扱いなどかなりひどいという印象です。

集合住宅がU-NEXT光01に対応している場合、やはり他に加入受付が出来ない分
加入可能な人に対する積極的な勧誘がとても問題になるようです。

そしてU-NEXT光01が導入されている建物には他の光回線を設置するのが難しく
他に選択肢もなくなってしまうという悪循環が・・・

まあ通信速度を考えると光回線として拘る必要はないと思うので高速通信が出来る
モバイルルーターを使うという方法もありかと。

最新の端末を使えばWiMAX2+なら下り最速708Mbpsという速度が出ます。
対応地域の問題はありますが、これならマンションでも問題なく使えます。

加入や大会のときのトラブルが多いのでちょっと不安になりますが、サービスは
普通に提供されています。

窓口の対応が気になるならやはり他の回線サービスを選ぶことがおすすめです。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-u-next光

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.