*

ピカラ光

ピカラ光ネットはWi-Fiルーターがただで使えるお得なサービス?

投稿日:

ピカラ光でんわセット以外では月額料金が必要なサービス

インターネット回線のサービス、どこがいいか悩んでいる時にちょっと気になったのが
ピカラ光ネットという光回線サービスです。

月額料金などもお得に感じるのですが、中でもWi-Fiルーターレンタル料金が
0円という表示がとても気になりました。

ただこのサービス、はっきり言うとひかり電話のオプションに加入した人のみが
無料で使えるというサービスなのでちょっと使いにくいです。

電話をセットにしない場合、月額600円必要なのです。

ではそもそも固定回線にWi-Fiルーターは必要なのでしょうか?
まずはそれを確認してみることにしましょう。

光回線にWi-Fiルーターは必須

現在インターネット接続の方法は固定回線だけではなく、スマホやタブレットPC等
モバイル端末を使う人も多くなっています。

でもモバイル通信ではパケット通信総量による速度制限が気になるところ。
そこで固定回線をWi-Fi接続して使うという方法がおすすめです。

つまり今では固定回線にWi-Fiルーターをつなぐことは必須。
Wi-Fiルーターを使わない、とは考えにくいのです。

ただ購入するにしてもお金はかかりますし、回線に利用できる商品を選ぶのも
実はけっこう大変です。

でもプロバイダからレンタルが出来れば接続に関しては問題ないはず。
しかもそれが無料でレンタルできるならこれほどのサービスはないのですが・・・

まあそれほどうまい話は無いということでしょうか。

ピカラ光の電話プランは月額500円

ちなみにピカラ光でIP電話サービスに加入した場合、月額料金500円です。
これはフレッツ光のひかり電話と同じ料金です。

つまり最初からIP電話を使うつもりならWi-Fiルーターもついでに使えるのですが
その予定がなければWi-Fiルーターレンタルに月額600円が必要。

料金だけを考えればIP電話サービスに加入したほうがやすいのですが・・・
使わないIP電話に加入してまで借りたいWi-Fiルーターか?と言われると微妙です。

レンタルできるWi-Fiルーターの性能なども含めて、まずはピカラ光というサービスの
内容をきちんと確認していくことにしましょう。

ピカラ光は四国限定の光回線サービス

ピカラ光とは四国電力が設置した光ファイバーケーブルを使ったインターネットへの
接続ができる回線サービスです。

ちなみに提供しているのは四国電力の子会社で、直接四国電力がサービス提供をしている
というわけではありません。

でもNTTが行っているフレッツ光とは違うサービスが提供されていること。
そのサービスに色々と魅力があること等、注目されることが多いサービスでもあります

特徴としては回線として使う光ファイバーケーブルの設置を四国電力がしていること。
つまり対応地域は四国地方のみということになります。

もっと詳しく言うと愛媛県、徳島県、香川県、高知県の4県のみサービス提供されて
しかも全域ではなく一部サービスの利用ができないところもあります。

そしてプロバイダ一体型の回線サービスを行っている。
今の光コラボモデルのようにプロバイダ料金と回線利用料金が同時に支払われます。

他のプロバイダを選ぶことが出来ないので、好きなプロバイダがある人や
メアドの関係でプロバイダを変えたくないという人は注意が必要です。

魅力は月額料金の安さ

ではなぜピカラ光がこれだけ注目されているのか。
その理由は月額料金が安く、とてもお得に見えるからです。

戸建てプランの場合、一般的な光コラボモデルなら月額5,200円くらいです。
ピカラ光の場合2年契約ではあまり変わりませんが、もっと長期契約の割引があります。

3年契約のステップコース3では月額4,600円です。
しかも契約年数によって更に割引が出来るというメリットも。

契約更新をするたびに100円ずつ月額料金が下がり、10年目からは月額4,200円という
かなり安い金額で光回線が使えるようになります。

更に5年契約のステップコース5では最初から月額料金が4,500円です。
こちらも契約年数で100円ずつ下がっていって、更新すると4,200円になります。

光回線を月額4,200円で使えるようになるというのはかなり魅力的です。

集合住宅は3年契約のみ

ちなみに集合住宅の場合、5年契約がなく3年契約の割引のみになります。
まあ普通に契約した場合2年契約で月額4,000円とそれなりに安いのですが。

3年契約の場合、最初の月額料金が3,400円です。
2回更新した6年目に月額料金が3,280円まで下がります。

やはり一般的な光コラボモデルの集合住宅タイプが平均して月額4,200円くらい
ということを考えると安くなっていると思います。

ただ長期間継続して契約しているという条件は意外に難しく、特にマンションなど
集合住宅では10年以上同じところにいるという人も少ないのでは・・・

でもこのシステムを十分に活用することが出来ればかなりお得に光回線が
使えるようになるサービスということは間違いないです。

ピカラ光でレンタルできるのはNECのWi-Fiルーター

ピカラ光のサービス内容がわかったところで、ピカラ光でレンタルが出来る
Wi-Fiルーターの性能にも注目してみましょう。

Wi-Fiルーターと言っても基本的にはIP電話とパソコン接続を分岐するための
ターミナルアダプターの役割を果たすためのものです。

フレッツ光で言うところのホームゲートウェイです。
IP電話本体やパソコンとは有線接続をします。

ちなみにレンタルできるWi-Fiルーターは型番もわかっていて、2種類あるのですが
どちらもNEC製のWi-Fiルーターです。

Aterm WH832AとWH822Nという2種類の端末をレンタルできるのですが
WH832Aのほうが性能的には優れています。

WH822Nでは最新のIEEE802.11規格の11acに対応していません。
というか5Ghlz帯の周波数に対応していないのです。

ちょっとWi-Fiルーターの性能について解説しておきましょう。

Wi-Fiの規格によって通信速度にも違いが出る

現在無線LANというのはIEEE802.11という規格があります。
この規格の1つがWi-Fiなのですが、日本ではほぼ同じ意味で使われています。

そしてこの無線LAN規格には種類があって、同じIEEE802.11でも新しいものと
古いものがあります。

最初に出来た11bという規格は通信速度も遅く、多くの電化製品で使われる
周波数帯の2.4Ghlz周波数帯を使っています。

機械ノイズなどにも影響を受け易いので最近では2.4Ghlzを使わない新しい
5Ghlzの周波数帯を使ったIEEE802.11規格が出来ました。

それが11nと11acという規格です。
ちなみに新しい規格では通信速度の向上も行われています。

11nの通信速度が11Mbpsだったのに対して11acでは867Mbpsになりました。
理論上の最高速度とはいえ実際の通信速度も大きく変わっています。

しかも周囲の電化製品などに影響を受けないので比較的安定した通信が出来る
というメリットもあります。

これだけ考えても最新規格に対応している製品を選ぶほうが使いやすいというのは
わかってもらえると思います。

ピカラ光のWi-Fiルーターならつなぐだけで設定ができる

ピカラ光でWi-Fiルーターをレンタルするメリットとして接続後の設定が自動出来る
というサービスがあります。

普通は自分でルーターにネット接続のためのIDやパスワードを入力して接続設定を
行う必要があります。

でもピカラ光でWi-Fiルーターをレンタルした場合、その設定をピカラ光から
通信で送ってルーターに設定をしてくれます。

つまり自分で何もせずにWi-Fiルーターを接続して回線につなぐことが出来る
というメリットが。

それでも出来ないという場合には自宅訪問で設定をするサービスもあります。
この辺りはさすが地元密着型の回線サービスという印象です。

ちなみにこの訪問サービスは無料なので料金の面でも安心できます。

ゲーム機などの接続にもらくらく無線スタートが使える

Atermの特徴としては端末と無線LAN接続がほぼ自動でできる機能がついている。
らくらく無線LANスタートという機能があることです。

無線LANのセキュリティは解除するためにSSIDとパスワードが必要です。
基本はこれを端末に入力してルーターのネットワークに参加することになります。

でもらくらく無線LANスタートを使うとネットワーク参加に必要な情報を
自動的に端末に送ってくれるので自分で入力しなくでも大丈夫です。

スマホだけではなく携帯ゲーム機など子供が使うものでもWi-Fiルーターを使って
ネットワーク参加したいものは多くあります。

そんな端末でもかなり簡単に設定ができるのでインターネット回線や無線LANに
詳しくない人でも使いやすいWi-Fiルーターだと思います。

スマホの割引ができるが条件が微妙

ピカラ光のメリットとして紹介されているのがauスマートバリューの対象になっている
ということです。

スマートバリューはau端末を持っている人が固定回線契約をした場合に、スマホの
月額料金が割引されるというサービスです。

持っているスマホがauなら確かにお得になるのですが・・・
条件としてピカラ光とIP電話のセットを契約する必要があります。

つまりピカラ光でんわセットに加入することが条件です。
月額料金は500円高くなってスマホの月額料金が割引という形です。

まあWi-Fiルーターの無料レンタルまで考えるなら損はないと思います。
実際にスマホの月額料金も割引されるわけですし。

ちなみに割引金額はスマホで契約しているデータ定額プランで変わります。
大容量のプラン契約をしていれば最大2,000円の割引が可能です。

キャンペーンでキャッシュバックやプレゼントも利用可能

お得なキャンペーンということなら加入代理店を使うことでキャッシュバックが
利用できるというメリットもあります。

最大30,000円という大きなキャッシュバックですが、当然のように
もらえるのは12ヶ月後と長い時間が必要です。

また公式サイトでは油を使わないフライヤーや商品券でのキャッシュバックなど
プレゼントのキャンペーン展開も行われています。

割引やキャンペーンも色々と展開されているのはたしかに嬉しいところです。

テレビの申し込みをすると地域によって月額料金が大きく変わる

今度はピカラ光の気になるところについても調べてみましょう。
とても気になったのはテレビのサービスを使うと月額料金が変わること。

しかも地域によってかなり月額料金に違いが出来てしまうのです。
これは光回線を使ったテレビサービスではないことが原因だと思います。

ピカラ光のテレビサービスは地元のケーブルテレビ局と提携しているので
実際に使うのはケーブルテレビの回線です。

つまり地域によってはケーブルテレビの対応が難しい場合も多いようで
特に高知県でテレビのサービスを利用する場合はとても料金が高いです。

一緒に申し込みをするメリットが殆ど感じられないのがテレビサービスでした。

解約違約金がとても高い

一般的な光回線の継続契約中の違約金は9,500円くらいです。
高いところでも19,800円とかなのですが・・・

ピカラ光の場合、5年契約で15ヶ月以内に解約した場合の違約金が
35,000円ととんでもない金額になっています。

16ヶ月から108ヶ月まででも15,000円の違約金が発生します。
最初の35,000円がとても高いので安く感じますが、かなり高い金額です。

もし引っ越しをする必要ができてしまった場合、長期契約のリスクがとても高く
確実に5年は使うという確証がない限り使うのにためらいが出るほどです。

ちなみに3年契約でもやはり15ヶ月以内の解約なら35,000円が必要です。
ただこちらは16ヶ月以降10,000円と普通の金額になります。

月額料金が安いのはこの様な高いリスクが有るためなのでしょうか。

ピカラ光のWi-Fiルーターの上手な使い方を考えてみる

実際にピカラ光でWi-Fiルーター接続をする場合、どんな使い方をすればいいか
ちょっと考えてみることにしました。

ピカラ光の電話サービスだけルーターと有線接続、後は全てWi-Fiでもいい?

実際にピカラ光を使っている人の質問を見てみると、ピカラ光のでんわセットで
契約してIP電話を使っている。

パソコン2台とスマホはWi-Fiルーターでネット接続している、という状況の人が
いたのですがこの場合、パソコンも有線接続したほうが使いやすい可能性が。

Wi-Fiは同時接続できる台数が決まっているので一度に複数つなぐと通信速度が落ちます。
それにLANケーブルも最新のものを使えばかなりロス無くつなげるので速度は速いです。

快適にネットをするなら有線接続できる状況のものは有線でつなぐほうがおすすめです。

無線でネットにつなぐと遅くなる、解決方法は?

ピカラ光は下り最速1Gbpsという通信速度ですがあくまでこれは理論値です。
つまりこの速度がいつでも出せるわけはありません。

それに最新の無線LAN規格でも通信速度は最高800Mbps程度なので有線に比べると
遅くなるのは当たり前です。

それでも無線が遅すぎると言うなら家庭内の無線環境を見直してみる。
障害物がないところにルーターを置くなど色々と方法はあります。

当然無線LANルーターから離れると電波状況も悪くなるので、なるべく近くで使うと
回線状態は安定します。

回線を変えたら無線LANでの接続ができなくなった

Wi-Fiルーターは回線を分岐するための装置なので、回線が変わればそこに接続する
設定も変わってきます。

簡単に言うと引っ越しをしたのに前の家の鍵でドアを開けようとしている状態です。
今の家の扉にあった鍵を使うようにしましょう。

Wi-Fiルーターは一般的にあまり馴染みのない機材ですが、設定さえしっかりすれば
意外と簡単に使えるものです。

仕組みや設定方法など、覚えてみるともっと使いやすくなると思います。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-ピカラ光

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.