*

IPV6

v6プラスとはどんなサービス?利用するメリットはある?

投稿日:

現状のインターネット通信速度に不満があるならv6プラスはおすすめ

インターネットの普及率はとても高くなり、日本国内なら一人に必ず1回線は
インターネットにつながる回線を持っている計算になります。

でもそんなに普及したインターネット回線は当然ですが利用者も多くなり、回線自体が
とても混雑してしまうという状況になりました。

更にインターネットを使える機材、電化製品なども多くなりインターネット内の住所
IPアドレスがなくなってしまっているという状況も。

でもこんな状況を解決できる新しい通信方法が、今とても注目されています。
それがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法です。

詳しい説明は後ほど行いますが、この新しい方式でサービスを提供しているプロバイダも
とても多くなりました。

そんなサービスの1つがv6プラスというサービスです。
多くのプロバイダでもサービス提供が開始されて、とても注目されています。

このv6プラスを使うことで混雑しているインターネット回線を快適に使えて
しかも毎月の負担はほとんど増えず、手続きもとても簡単なのです。

次世代の通信方法としても注目されているv6プラスについて、もっと詳しく
調べてみることにしました。

日本ネットワークネイブラー株式会社(JPNE)が提供するサービス

まずはv6プラスというサービスについて。
これは日本ネットワークネイブラー株式会社が提供するサービスの名前です。

通信方法みたいに思っている人も多いのですが基本的にはJPNEが提供している
サービスのことをv6プラスといいます。

そしてv6プラスで使っている通信方式はIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式です。
この方式を使った通信サービスはv6プラスの他にも提供されています。

例えばBIGLOBEが提供するIPv6オプションやBBIXのIPv6高速ハイブリッドも
同じくIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の接続サービスです。

JPNEを始めこれらのサービス提供している業者はネイティブ接続業者(VNE業者)と
呼ばれていて通常のプロバイダとは違い認証をせずにインターネットに接続できます。

そのサービスを提供しているVNE業者は一般ユーザーとの契約をしていません。
プロバイダにサービスを提供していて、ユーザーはそのプロバイダと契約します。

BIGLOBEだけはプロバイダでしかもVNE業者ということでそのまま契約して
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを使うことが出来ます。

まあ細かいことを言わなければv6プラスを使うためには特定のプロバイダと契約する
ということが必要なのです。

v6プラスが快適にネット接続出来る理由

混雑している状態の光回線はとても通信速度が遅くなります。
ちなみにv6プラスが使えるのはフレッツ光です。

混雑している時間帯のフレッツ光は通信速度が下り1Mbpsにならないことも。
本当に光回線か?と思うような通信速度の地域もあるようです。

単純にプロバイダの混雑だけという理由ではないのですが、大きな理由としては
NTTが行っている次世代ネットワーク網、NGN網の混雑も関係しているかと。

NGN網はインターネットや電話など色々な通信機器を光回線でつなげるという
次世代構想に基づいたサービスですが、最高速度が200Mbpsという制限があります。

しかもインターネットだけではなく多くの通信機器が使うのでとても混雑しやすく
プロバイダに行く前に通信速度が上がらないということも多いのです。

でもVNE業者はこのNGN網を使わずに、というか独自回線を使って通過し
インターネットに接続することができます。

独自回線も通信速度が1Gbpsととても速く、NTT回線よりも混雑していないので
快適にインターネットまで接続させることが出来るようになります。

イメージとしてはインターネットという高速道路までの一般道をバイパスで迂回して
ETCを使ってスムーズに高速に乗ることが出来る、ってところでしょうか。

フレッツ光を使っている場合に契約できる

では実際にv6プラスを使うためにはどうすれば良いのか。
基本的には対応しているプロバイダと契約をすることが必要です。

現在v6プラスの申し込みが出来るのは以下のプロバイダです。
・ DMM光
・ GMOとくとくBB
・ @nifty
・ IC-NET
・ So-net

ただし中には光コラボモデルでのみ契約が出来るプロバイダもあります。
基本的にはフレッツ光が使えるプロバイダ、ということですね。

ちなみにそれぞれのプロバイダで対応が少しだけ違います。
例えば@niftyでは無料のオプションとして契約が出来る様になっています。

でもGMOとくとくBBでは対応Wi-Fiルーターレンタルが必須で月額料金991円が
加算されるサービスになっています。

申し込みをする時には月額料金など確認しておくようにしましょう。
それと単に申し込みをするだけではv6プラスは使えません。

対応するホームゲートウェイかWi-Fiルーターが必要です。

ひかり電話を使っているなら周辺機器は問題ない

フレッツ光でひかり電話の契約をしている場合、インターネット回線と電話回線を
分けるためのホームゲートウェイという端末をレンタルしているはずです。

このホームゲートウェイがv6プラスの通信にも必要になります。
基本的には何もする必要はないはずなのですが・・・

貸出を受けている端末があまりに古いものだとv6プラスに対応していない可能性も。
申込みの時には一応プロバイダに確認を取りましょう。

本体の交換、またはファームウェアのアップデートで対応できるはずです。
ホームゲートウェイの型式番号を確認しておきましょう。

おすすめのv6プラス対応ルーター

ひかり電話を使っていない場合、v6プラスに対応しているWi-Fiルーターを
使う必要があります。

ただプロバイダによってはレンタルをしてくれる、またはレンタル必須なので
自分で用意する必要がないところもあります。

ただレンタルをしていない、レンタル料金のランニングコストが気になるという場合
自分で購入して用意をする必要があります。

現在v6プラスに対応しているとルーターのメーカーで確認されている機種は
JPNEの公式サイトで確認ができます。

・ BUFFALO
・ IO-DATE
・ NTTドコモ
・ NECプラットフォームズ
・ エレコム

対応ルーターの発売をしているのは上記のメーカーです。
一番種類が多いのはBUFFALOです。

パソコンとの相性などもあるので、単純にどこのルーターが良いとは
言いにくいのですが私の好みで言えばやはりNECは安定性があると思っています。

ただ現状NECのv6プラス対応ルーターはAterm WG1200HP3歯科ありません。
それに性能的なことも考えるとBUFFALOのほうが高性能です。

WXR-1900DHP2くらいなら価格と性能のバランスも良くて使いやすいかと。
まあこの辺りはやはり好みの問題になりますが。

非対応のルーターでもネット接続ができる可能性はありますが、その場合は
ルーターメーカーもプロバイダも動作保証をしてくれません。

やはり対応ルーターを選ぶほうが安心できると思います。

v6プラス対応プロバイダでおすすめのところは?

ではv6プラスが利用できるプロバイダでおすすめのところはどこでしょうか?
これはぶっちゃけどこでも変わらないと思っています。

サービス自体はJPNEが行うので回線の品質はどこでも変わりません。
後はそれぞれのプロバイにどんなサービスがあるかですが・・・

対応プロバイダの特徴も合わせて確認してみることにしましょう。

DMM光

DMMで動画や書籍を使っているなら通信速度が速くなることはとても嬉しく
しかも格安SIMの提供も行っているのでその割引が利用できます。

ただ格安SIMやスマホの契約をしていない場合はそれほど魅力がありません。
まあ光コラボモデルでDMM光を選んでいる時点でなにか理由があるのでしょうが。

機材レンタルはホームゲートウェイが200円、無線LAN付きだと300円です。
大きな特徴がないという印象でした。

GMOとくとくBB

プロバイダとしてもv6プラスのサービス提供があり、こちらは月額991円が必要です。
でもそれ以外にドコモ光のプロバイダとしてもGMOとくとくBBを選べます。

ドコモ光では契約するプロバイダを複数から選ぶことが出来るのですが、その1つに
GMOとくとくBBも入っています。

そしてドコモ光として契約する場合、v6プラスのオプション料金がかかりません。
ルーターも無料で貸し出してもらえるので余分なコストが無いのです。

当然ドコモ光として契約するのでドコモ端末の月額料金割引も使えます。
ドコモユーザーならGMOとくとくBBでの契約はおすすめできると思います。

@nifty

こちらもプロバイダ単体、ドコモ光のプロバイダのどちらでも契約できます。
ただサービス内容に違いがないので特にメリットも感じません。

月額料金の負担もありませんがルーターレンタルのサービスも無く、v6プラスを
使う場合には自分で対応ルーターを購入する必要があります。

ただ@nifty光はauスマートバリューの対象なのでauスマホを使っている人は
月額料金が安く出来るようになります。

大手キャリアの2社のスマホが安くなるので、使っているスマホに合わせて
申込み方法を変更すればお得に使えるというメリットがあります。

IC-NET

以前はドコモ光で契約した場合のみv6プラスを使えたのですが、最近独自に
サービス提供も始まりました。

基本的に月額料金の負担もなく、Wi-Fiルーターのレンタルもあります。
対応のBUFFALOの端末が月額300円で利用することが出来ます。

このルーターが気に入らなければ自分で用意することも可能です。
やはりプロバイダ単体としては大きな特徴がありませんでした。

ドコモ光のメリットがなければあまり選ばれないと思います。

So-net

こちらもドコモ光で契約できるプロバイダの1つですが、So-net光という
独自の光コラボモデルの提供も行っています。

しかもSo-net光はauのスマートバリューに対応しています。
つまりこちらはauスマホを使っている人がお得になる光コラボモデルです。

月額料金の負担もなく、単純に使っているスマホの割引を考えて契約できる
というメリットがあります。

大手キャリアの2社に対応した割引を使えるプロバイダというのはやはり
ちょっと魅力的に感じました。

@nifty光と同じなので後は好みで選べばいいと思います。

固定IPを使ったサービスが使えなくなる可能性

ではv6プラスに加入することで何かデメリットは無いのでしょうか?
全く新しい通信方式でのネット接続なので従来のサービスが使えない可能性も。

専門的に言えば、固定IPが利用不可能、特定の通信プロトコルが利用不可能
特定の通信ポートが利用不可能ということになります。

わかりやすくするよりも実際にどんな事ができなくなるのかを説明します。
自宅のパソコンに外部からアクセスすることができなくなる可能性が高いのです。

例えば自宅のパソコンをサーバーにしてネットゲームをしているという人なら
外部からの接続ができなくなるのでサーバーになれません。

また最近では自宅にWEBカメラを付けて外出先から確認するという人も
多くなっていますがこれも難しくなります。

家電をリモートアクセスすることも難しく、050発信のIP電話も使えません。
これらのサービスを使っている場合、使えなくなる可能性があるのです。

家庭用ゲーム機のオンライン対戦に問題が出る可能性も

高度なインターネットの両方以外にもかなり身近な問題点が出る可能性も。
家庭用ゲーム機の通信対戦ができなくなる可能性もあります。

現状確認されているのはPS4の一部のオンライン対戦のみで、Switchのゲームでは
問題なく対戦プレイが出来ているようです。

今後IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信が多くなることを考えるとこれからは
対応していないゲームも少なくなると思いますが・・・

新しい通信方式のために、現状の通信サービスが使えない可能性が出るということは
覚えておきましょう。

ユーザーの疑問を集めてみた

実際にv6プラスというサービスについてわかってもらえたでしょうか?
以前見かけた質問に回答する形でもう少し説明をしてみます。

IPv6とv6プラスの違いは?

IPv6は通信方式の1つで、現在とても注目されている方法。
それを使ったサービスの1つがv6プラス。

対応ルーターを使わないとネット接続できない?

プロバイダによりますがIPv6方式にしか対応していないプロバイダなら
従来の方式のサイトに接続ができなくなります。

例えばDMM光ではどちらかしか契約できないのでv6プラスを契約したら
開通までに対応ルーターを用意しておく必要があります。

v6プラスでネットカメラを使いたい場合はどうする?

WEBカメラのサービスをIPアドレス変更ができるものに変える。
ただIPアドレスやポートの指定が必要なのでかなり知識が必要。

通信方式などに理解がないとまず設定ができないので、詳しい人がいないなら
v6プラスかWEBカメラのどちらかを諦めるほうが良いかと。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-IPV6

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.