*

biglobe光

BIGLOBE光が遅い時にはどうすればいい?改善方法はある?

投稿日:

BIGLOBE光が遅いと感じたらIPv6方式のサービスを利用する

フレッツ光を安く使うための方法として注目されているのが光コラボモデルです。
プロバイダなどが回線と一体型のサービスを提供する方法です。

フレッツ光とプロバイダ料金を一緒に支払うこと、サポートなども統一することで
フレッツ光+プロバイダの料金よりも安く提供することができます。

この光コラボモデルで注目されているのがBIGLOBE光です。
大手プロバイダのBIGLOBEが提供する光コラボモデルです。

大手プロバイダが行っていることで安定感とサービス面で期待が出来るのですが
口コミを見てみると通信速度が遅いという評判も多く見られます。

まあ確かに大手プロバイダになれば登録ユーザーが多いのでどうしても通信速度は
遅くなりがちなのですが・・・

BIGLOBE光の場合は新しいサービスのIPv6方式の通信サービスを使うことで
通信速度の低下を防ぐことができます。

では具体的にIPv6方式の通信サービスとはどんなものなのか。
通信速度が遅くなる原因なども合わせて確かめてみましょう。

普通に契約しただけではBIGLOBE光は遅い

まずは光コラボモデルについて簡単に説明しておきます。
光コラボモデルではプロバイダと回線利用料を一度に支払うことができます。

BIGLOBE光で説明すると今までフレッツ光の戸建てプランをプロバイダが
BIGLOBEで契約していたとします。

この場合はフレッツ光の契約をNTTと、プロバイダ契約をBIGLOBEとしていて
それぞれに月額料金6,000円と1,000円を支払っていました。

ここでBIGLOBE光の契約をした場合、支払いはBIGLOBEだけになります。
しかも月額料金は5,180円なのでかなりお得になるというわけです。

ただ光コラボモデルにしただけでは通信速度が遅くなる可能性があります。
その原因を確認してみることにしましょう。

パソコンの性能が悪い場合

単純に使っているパソコンが昔のままなので、今の通信速度に対応していない。
そのために通信速度が上がらないという理由。

まあこれが理由ならBIGLOBE光にする前に遅いことがわかるのですが。
考えられるのはBIGLOBE光出ギガプランの契約をしても遅いという場合です。

BIGLOBE光では通信速度が下り最速1Gbpsという高速通信に対応しています。
最高速度が出ることは少なくてもそれなりに高速通信が期待できるはずです。

でも通信速度が上がらない、その理由として考えられるのがパソコン自体が
ギガ単位の通信速度に対応していないため。

セキュリティの問題などもあるので出来れば最新OS搭載のパソコン本体に
買い換えるというのもおすすめなのですが・・・

パソコンの性能が悪い場合は通信速度も上がらない、ということを
覚えておきましょう。

周辺機器がギガスピードに対応していない

かなり昔からフレッツ光を使っている場合、レンタルしている機材が
高速通信に対応していないという可能性もあります。

レンタル器材の場合はプロバイダなどに相談をすれば最新機種のレンタルが
出来るようになります。

ただ自分で設置しているWi-Fiルーターも高速通信対応のものにする必要があります。
特にWi-Fiルーターは通信速度にかなり影響するので注意しましょう。

最新の機材でもそれを動かすためのプログラムが最新ではない可能性も。
ファームウェアのバージョンも確認するようにしましょう。

対応している無線LANの規格も確認

Wi-Fiルーターで固定回線を使う場合には無線LAN規格のバージョンも
確認をするようにしましょう。

無線LANには電波の種類があり、最新の規格に対応していれば高速通信にも
十分に対応することができます。

例えばIEEE802.11bというのが最初の無線LAN規格ですが、これは対応速度が
最速11Mbpsまでです。

現在この11nしか使えないというWi-Fiルーターは無いと思いますが・・・
一般的に無線LANが普及した11nでも300Mbpsが最速です。

やはりギガスピードに対応するには最新の11acに対応したルーターの利用を
おすすめします。

LANケーブルも最新の規格を利用する

Wi-Fiルーターと同じように、ルーターと本体をつないでいるLANケーブルも
規格があります。

最新規格では通信ノイズも入りにくく、最速10Gbpsまでの高速通信が可能です。
ちなみにこちらも昔の規格では最速100Mbpsになります。

LANケーブルの規格はカテゴリー、CATという表記で表されています。
少なくてもCAT5eのLANケーブルを使いましょう。

最新はCAT7なので出来ればこれを使うことがおすすめです。
LANケーブルは意外に見落としがちなので気をつけましょう。

集合住宅で多くのユーザーが使う夜間は遅い

BIGLOBEに限らずどこのプロバイダでも集合住宅の場合、多くのユーザーが
ネット接続する夜間の時間帯には通信速度が遅くなります。

特に集合住宅の場合、一つの回線を複数の部屋で分配して使っているので
他の部屋がネット接続していると通信速度は上がりにくくなります。

それに集合住宅の場合、回線分岐に光回線を使わずに電話回線を使う場合も。
VDSLという方式の分配なら光回線を電話回線で分配するという方法なのです。

電話回線は通信速度も200Mbpsまでですし通信ノイズも入りやすいので
どうしても光回線より通信速度が遅くなります。

これと合わせて多くのユーザーがインターネットを浸かって混雑してしまうと
通信速度はとても悲惨なことに。

BIGLOBEのようなユーザーの多いプロバイダの場合は特にこれがわかりやすいです。

夜間の速度低下に対応できる方法は限られる

大手プロバイダが夜間に速度低下してしまうなら、それに対応する方法は
なにかあるのでしょうか?

基本的にはユーザーが集まって混雑しているために起きる減少なので
何も出来ることがない、ということになるのですが。

一応上記のような速度低下の原因もありますし、機材を見直してみるというのも
速度改善方法としてはおすすめできます。

ただ根本のインターネット回線の混雑というのはユーザーがどうにか出来ること
ではありません。

悪あがきのような方法はあるのですが・・・

プロバイダや回線業者に連絡をしてみる

回線混雑の状況を解消するためには通信設備の増強が必要です。
これは基本的にプロバイダや回線業者が行わなければいけません。

つまり「混雑していてまともにインターネットが出来ないから改善して」と
業者に直接頼んで改善策を取ってもらうという方法です。

インターネット上の通信速度計測サイトではプロバイダまでの速度と
インターネット内の速度を測ることが出来るサイトがそれぞれあります。

つまりプロバイダまでの通信速度が遅いなら回線業者に、プロバイダを通って
インターネット内の速度が遅いならプロバイダに相談をしてみます。

多くのユーザーが遅いという苦情を出せば改善される可能性もあります。
実際に通信設備の増強で速度改善が出来たという報告も。

まあ確実に成功するという方法ではないのですが、試してみると改善する
可能性はあるかもしれません。

IPv6オプションを使うと通信速度は速くなる

有効的な速度改善方法がないなら夜間の利用を控えるということになりますが
BIGLOBE光の場合は期待できる速度改善方法があります。

それがIPv6オプションに加入することです。

ちょっと難しい話になるのですが、今までの通信方法と違う方法でインターネットの
通信をするのがIPv6方式という通信方法です。

ただこの方式に対応しているプロバイダは少なく、しかも今までと違う方式の
通信なので対応しているサイト以外は接続が出来ないのです。

それではとても使いにくいので、この新しい通信方式を既存の通信方法でも
使えるようにしたサービスも開発されました。

ちなみに今まではIPv4方式という通信方法でインターネットに接続していました。
現在も多くのサイトがIPv4方式にのみ対応しています。

ただこの方式では多くのユーザーに対応することが出来ず、現状回線が大混雑を
起こしているという状況です。

それを解消できるIPv6方式で従来の通信もする、これが新しいサービスの
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法です。

そしてこの方式のサービスがBIGLOBEのIPv6オプションで、これを使うことで
通信速度に関する不満は解消されるはず。

IPv6オプションはどんなサイトでも高速になる

簡単にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信を説明すると、新しいIPv6方式に
対応させるためにIPv4方式のデータをIPv6方式のパケットで包みます。

つまり従来の通信をIPv6方式に見せかけることで高速通信が出来るようにします。
これでどんなサイトでも高速通信対応に出来るというわけ。

ただIPv6方式の通信をする場合、それはIPv6 IPoEという方式で今までのサイトでは
接続できませんでした。

ちなみにこの方式でIPv6サービスを提供しているのがOCNです。
こちらでは対応サイト以外は通信速度が上がらないので注意しましょう。

でもBIGLOBEではIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式を使っているのでどんなサイトも
高速通信で見ることが出来ます。

このサービスを使うことで夜間の混雑時にも快適にインターネットが出来るのです。

IPv6オプションは基本無料

ではIPv6オプションを使うためにはどうすれば良いのでしょうか?
基本的には申し込みをすればBIGLOBEユーザーなら誰でも使えます。

オプションなのですが利用料金は無料で、月額料金にオプション利用の負担が
かからないという魅力があります。

ただ完全無料で使える、というわけでもなく使うためには条件があります。
それがひかり電話を使うか、対応無線LANルーターをレンタルするかです。

回線とパソコンの間にルーターを挟む必要があるのです。

結果月額500円の負担が必要

このルーターを挟む必要、というのは技術的な問題です。
簡単に言えば電気信号を従来のように暗号化させないことが必要になります。

その対策としてひかり電話で使うホームゲートウェイかIPv6対応のルーターを
中継しなくてはいけません。

フレッツ光でひかり電話の契約をしていた場合、ホームゲートウェイの
レンタルをしているはずなので特別な機材は必要ありません。

ただホームゲートウェイがIPv6方式に対応しているかの確認はしましょう。
対応機種はBIGLOBEの公式サイトに載っています。

ちなみにひかり電話は月額500円、機材のレンタルは無料だと思いますが
ひかり電話の契約料金だけ負担がかかります。

Wi-Fiルーターレンタルも月額500円

ひかり電話の契約をしていない場合はIPv6方式に対応したルーターを使います。
BIGLOBEの場合は独自サービスなので市販のルーターではなくレンタルです。

まあ市販ルーターでも問題なく通信できるのですがBIGLOBEの保証が付きません。
トラブルが合った場合もサポートしてくれないので注意しましょう。

ちなみにルーターのレンタル料金は月額500円。
キャンペーンで最初の1年間はレンタル料金が無料になります。

レンタル料金の負担が増えるので結局は月額料金が増えることになりますが。
ただレンタルされるWi-Fiルーターは市販もされています。

実売価格は1万円くらいですから長い期間レンタルするなら購入したほうが
トータルコストは安くなるかも・・・

まあルーターレンタルをせずにIPv6オプションの契約が出来るのかはわかりません。
そこは直接相談してみてください。

BIGLOBE光が遅いと感じる人の疑問点

最後に実際にBIGLOBE光を使っていて遅いと感じたユーザーが疑問に思うことを
簡単にまとめてみることにしました。

私なりの回答、解決方法を出してみたので参考にしてください。

マンションタイプのフレッツ光が遅い、BIGLOBE光にしたほうが良いのか?

集合住宅でフレッツ光を使っていて、プロバイダがBIGLOBEだった場合に
光コラボにしたほうが通信速度は快適になるか?と言われると微妙です。

速度計測をしてプロバイダに問題があればフレッツ光契約のままでプロバイダだけ
変更したほうが良いと思います。

NTT網が混雑して遅いならまずはBIGLOBEでIPv6オプションに加入してみる。
速くなるなら光コラボの契約をするという方法がお得だと思います。

戸建てで安くしたいからBIGLOBE光に加入したいけど大丈夫?

光コラボは確かにフレッツ光よりも安くなる可能背位は高い。
でも光コラボからフレッツ光に戻すにはちょっと大変です。

戸建てなら周囲にヘビーユーザーがいることの影響もそれほど大きくないので
現状BIGLOBEをプロバイダで使っていて問題ないなら光コラボもありかと。

現在別のプロバイダを使っているならBIGLOBE光にすることで遅くなる
という可能性も考えられます。

その場合にプロバイダだけ変更できないのが光コラボモデルの欠点です。
契約にはよく考えたほうが良いと思います。

フレッツ光を引いている戸建てにBIGLOBE光を新規で設置できるか?

新規の回線設置工事費用が必要になりますが、基本的には出来るはずです。
ただ同じ契約者で2回線を引くのはかなり特殊だと思いますが・・・

例えば従来のフレッツ光が遅いので別のプロバイダにしたい。
でも家族がプロバイダのメールを使っているのでプロバイダの変更ができない。

こんな場合ならわざわざ回線を引く必要はありません。
フレッツ光は1回線で2つのプロバイダを契約できるからです。

NTTへマルチセッションの申し込みをすれば回線分岐、HUBを使うだけで
複数のプロバイダ契約ができます。

ちなみに光コラボモデルの契約をしたフレッツ光でもマルチセッションで
複数のプロバイダ契約をする事が出来ます。

当然契約するプロバイダの月額料金が別に必要になりますし、使っている回線は
同じなので同時に使えば通信速度は遅くなる可能性もあります。

更に契約するプロバイダを増やすには工事費1,080円が必要です。
最大数は回線ごとに決まっていて、増やすたびに工事費がかかります。

家族とプロバイダを分けたいならこんな方法もあります。

-biglobe光

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.