*

ピカラ光

ピカラ光が遅いと感じる時にはどんな対処方法を取ればいい?

投稿日:

ピカラ光が遅いと思った時に自宅で出来ること

快適に使えるインターネット回線として注目されているのがピカラ光ですが
口コミなどを見ると通信速度が上がらないという意見もちらほらと。

まあ確かにインターネット回線がいつでも安定して高速通信が出来るというのは
ユーザーにとっては夢のような話だと思います。

でも遅いのはしょうがない、と思って諦めるのも早いです。
自宅でも対処する方法は必ずあります!

実際に自宅の設備をちょっと見直すだけでも通信速度が改善する可能性もあります。
まずは設備の見直しをしてみることがおすすめです。

設備の見直しでもだめなら回線の変更も

自宅の設備を見直しても通信速度が改善しない、という場合はピカラ光をやめて
別のインターネット回線に乗り換えてしまうという方法も・・・

通信速度と安定性に関しては最近とても注目されるサービスがあります。
これを使える回線に乗り換えてしまうのもおすすめの方法です。

でもまずはピカラ光の通信速度が遅い場合の対策を考えてみましょう。

ピカラ光は四国地方で使えるプロバイダ一体型の光回線サービス

まずは簡単にピカラ光について説明したいと思います。
ピカラ光は光回線を使ったインターネット接続サービスです。

提供しているのはSTnetという会社でこちらは四国電力の子会社になります。
そしてピカラ光で使っている光回線は四国電力が設置した回線です。

つまりピカラ光とは四国地方で使うことが出来る光回線を使ったインターネットへの
接続サービスなのです。

ちなみにプロバイダ一体型のサービスなのでプロバイダを選ぶことが出来ません。
支払いはプロバイダ料金と回線料金が一緒なのでわかりやすいです。

サービス提供地域は四国地方のみ

ではピカラ光はどこで契約できるのか。
契約可能地域は四国地方のみ、愛媛県、香川県、徳島県、高知県の4県のみです。

まあ四国電力が設置している光回線を使うので当然といえば当然ですが。
近い地域の山陽地方でも契約することは出来ません。

ちなみに月額料金は戸建てプランが5,200円、マンションプランが4,000円ですが
継続契約で割引があります。

ステップコース3とステップコース5があり、それぞれ3年契約と5年契約で
戸建てのみステップコース5を選ぶことが出来ます。

ステップコースを選ぶと戸建の場合1~2年目が月額4,500円になり、その後契約年数で
割引が増える形になります。

ただ最終的にはどちらのコースも戸建てが4,200円になります。
集合住宅の場合は3年限定で最終的に3,280円になります。

その他にもメリットが豊富

割引の他にもピカラ光の魅力、というかサービスは豊富です。
セキュリティソフトのカスペルスキーが使えるというのも大きなメリットです。

市販されているセキュリティソフトを使えるのでインターネット接続も安心です。
他にはフレッツ光のひかり電話と同じIP電話のサービスもあります。

月額料金もひかり電話と同じ500円なので使い勝手はいいかと。
ひかりTVと同じサービスはないのですが地元ケーブルテレビと提携したサービスなら。

基本的にはフレッツ光と同じような感覚で使うことが出来る光回線サービスという
印象でした。

ちなみにauのスマホを持っている場合はスマートバリューの対象になるのですが
その場合は電話のサービスも加入することが条件になるので注意しましょう。

通信速度は地域によってかなり変わる

では実際に使った場合の通信速度はどれくらいになるのでしょうか?
カタログスペックでは下り最速1Gbpsの通信速度が出せるのですが・・・

口コミと地域ごとのスピードテストのログを見てみると下り速度なら大体
15Mbpsから最速では400Mbpsを超える通信速度を記録したところもありました。

時間帯によってはかなり厳しい、という意見もありますが混雑する時間帯でも
地域によっては100Mbpsを超える速度が出せているようです。

ただ地域によってかなり変わっているようで、混雑していない状態でも下り最速
20Mbpsという地域もありました。

最近の測定結果のログだけを見たのでこれが全て、というわけではないのですが・・・
確かに速度が遅いと感じる人もいるようです。

口コミ評価でも意見は分かれるところ

単純にスピードテストではなく実際に使っているユーザーの意見も確認してみます。
口コミ評価でピカラ光の評判を探してみました。

まあ四国地方のみでのサービスが不満という意見もありますが、その他に関しては
概ね好印象という感じです。

ただ速いという口コミを見て申し込みをした人にとっては下り100Mbpsでも遅い
という意見はあるようで・・・

個人的には下り20Mbpsもあればインターネットを使う分には問題ないと思うのですが
人によってはこれでは遅すぎて使えないという意見もありました。

解約違約金が高いので契約期間には注意

口コミでもう一つ気になったのが、解約違約金の高さです。
一般的に継続契約した場合の違約金はフレッツ光なら9,500円程度です。

高いプロバイダでも18,000円くらいですがピカラ光の場合は15ヶ月以内に解約すると
違約金が35,000円かかります。

24ヶ月以内の解約なら解約違約金は10,000円まで下がるのですが・・・
安くなる契約が長い期間の契約なので違約金が高いのはとても危険です。

3年契約をして1年で解約すれば違約金が35,000円、確かに口コミではあまり
好まれないシステムだと思います。

速度が遅い時にはまずパソコンや周辺機器を変えてみる

では実際にピカラ光の通信速度が遅いときの対処方法を考えてみましょう。
やはり考えられるのは回線の最高速度に対応していない機材を使っていることです。

ピカラ光は下り最速1Gbpsの高速光通信が可能な回線サービスです。
まあ1Gbpsが出ることはないのですが確かに高速通信に期待ができるはず。

それでも遅い場合にはパソコンや周辺機器、特に通信関係がピカラ光の最高速度に
対応していないという可能性も考えられます。

例えばピカラ光からレンタルしているWi-Fiルーターがとても古い。
長期間使うことで割引されるピカラ光なら契約してから時間が経っているユーザーも。

その場合、契約時にレンタルしたルーターが古いもののままという可能性も。
それが下り1Gbpsに対応していないなら通信速度は上がりません。

それに使っているパソコン自体が古い場合も同じで、OSが古いままだと
インターネットの最高速度に制限がかかってしまいます。

パソコン自体を交換するのは難しいのですがOSのアップグレードや周辺機器の
交換くらいならできる可能性は高いと思います。

ルーターや本体と接続するためのケーブルを交換してみる

周辺機器の交換で一番簡単なのは接続ケーブルを交換してみること。
終端装置やWi-Fiルーターと本体をつないでいるLANケーブルも古いままでは?

通信回線が高速になったらちゃんとLANケーブルの通信速度も考えましょう。
LANケーブルの場合カテゴリー5までは通信速度が100Mbps上限になっています。

出来ればカテゴリー6以上、最新のカテゴリー7なら1Gbps以上の通信速度にも
対応しています。

一応5e以上なら1Gbpsに対応しているのですが、新しい方は通信ノイズが入らず
通信速度が上がりやすいので。

1,000円位の投資で通信速度が上る可能性があるのでおすすめです。

野外の通信設備の確認

以前私の自宅でも実際にあったのですが、電柱から自宅に回線を引き込むための設備が
古くなり壊れてしまうという可能性もあります。

一応雨風に耐えられるようにシーリングという保護をしているのですが、長い年月で
そのシーリングが剥げてしまう場合も。

そこから雨が染み込んで中が錆びついて通信ができなくなってしまった、という
トラブルが実際にありました。

ちなみに私はピカラ光ではない光回線を使っていたのですが。
多分どこでも同じような引込装置を使っていると思います。

集合住宅では勝手に屋外設備を点検してもらうのは難しいですが、戸建住宅なら
屋外設備の点検を頼むということも出来ると思います。

あまりにも通信が安定しない時には電柱や自宅の屋外設備も点検してもらいましょう。

どうしても改善しない場合はピカラ光から乗り換えてみる

色々と試してみても通信速度が改善しないならピカラ光を諦めて他の回線を
使ってみるという方法をおすすめします。

そもそもピカラ光は四国地方でのみ使える光回線ですが、四国全域で使える
というサービスではないのです。

一部地方では四国地方でも使えないところがあります。
つまり対応地域ギリギリの場合は通信が安定しない可能性も考えられます。

それならば安定している海鮮に乗り換えてしまったほうが速度に関するいらいらを
解消できるので精神的には安定すると思います。

ではどんな回線に乗り換えればいいのか。
色々と確認してみましょう。

auひかりに乗り換える

ピカラひかりではauスマートバリューが使えましたので、それを継続して使うなら
そのままauが提供する光回線のサービスを使う方法が良いと思います。

ピカラ光をやめてスマートバリューも無くなってしまうとかなり月額料金の負担が
大きくなるのでそれを防ぐ意味でもおすすめしやすいです。

一応対応プロバイダも@niftyやSo-net、BIGLOBE等大手プロバイダも選べるので
自分の好みのプロバイダと契約できるというメリットも。

ピカラ光ではプロバイダ一体型のサービスなのでプロバイダを選べない、というのも
ちょっと不満に思う人も多いところでした。

月額料金は戸建てが5,100円、集合住宅が3,800円です。
ピカラ光よりもちょっと月額料金は高くなりますが、これはピカラ光が安いからです。

ドコモ光に乗り換える

利用可能地域の問題を考えるとドコモ光のようにフレッツ光を使った光回線の
インターネットサービスのほうが使いやすいかもしれません。

その中でスマホの割引があるドコモ光ならドコモユーザーにはおすすめしやすいかと。
ただピカラ光を使っていたドコモユーザーがどこまでいるかは・・・

こちらもauひかりと同じく複数のプロバイダから選んで契約が出来ます。
対応しているプロバイダも多いのですが、プロバイダによって月額料金が変わります。

サービス提供開始を決めた当初から対応の発表をしていたSo-netなどは
戸建てが月額5,200円、集合住宅が4,000円です。

でも後から参加発表した@niftyなどは戸建てが5,400円に集合住宅が4,200円です。
選んだプロバイダによってはピカラ光よりもかなり高くなるので注意しましょう。

ソフトバンク光に乗り換える

もう一つの大手キャリア、ソフトバンクでも光回線とのコラボモデルがあり
やはりスマホの割引が使えるというメリットも他のキャリアと同じです。

こちらの場合はプロバイダがYahoo! BB限定なのでプロバイダを選ぶことが出来ません。
そしてスマホの割引にも光電話の同時加入が必要というちょっと問題点も・・・

ただどうせ割引で光電話をつなげるBBユニットをレンタルするなら、それを使う
IPv6 IPoE+IPv4ハイブリッドサービスを使うという方法も。

次世代のインターネット通信と言われるIPv6方式の通信を使えばさらに高速での
インターネット通信ができる様になるのですが・・・

これドコモ光に参加しているプロバイダでもv6プラスに対応している所なら
使えるのでソフトバンク光だけの目玉サービスというわけではありません。

月額料金も戸建て5,200円に集合住宅3,800円ですが高速通信サービスを使うなら
BBユニットなどのレンタル料金500円が必要になりますし。

ソフトバンクのスマホを安くしたい、という方以外にはおすすめしません。

プロバイダが提供する光コラボモデルに乗り換える

大手キャリア以外にも光コラボモデル、フレッツ光を提供しているプロバイダは
かなり多くあります。

その中でもソフトバンク光やドコモ光のように次世代通信規格のIPv6方式の通信を
提供しているプロバイダを選ぶと通信速度は速くなる可能性が高いです。

@nifty光に乗り換える

ドコモ光の対応プロバイダとしても契約できますが、@niftyでも光コラボモデルを
提供しています。

それが@nifty光で、こちらの方がドコモ光で契約するよりも安くなっています。
戸建てが4,500円、集合住宅が3,400円です。

まあこれは最初の契約のときの割引料金なので、それが終われば戸建ては5,200円
集合住宅は3,980円の月額料金になりますが。

ピカラ光でauスマートバリューを使っていた場合、@nifty光に変更すれば
こちらでもスマートバリューを適応させることが出来るのも魅力です。

次世代通信規格はJPNEのv6プラスが利用できるので問題なし。
別途オプション料金等必要ないのでコストの負担も増えません。

ただv6プラスに対応しているWi-Fiルーターを用意する、ない場合はレンタルで
月額300円が必要になるのですが・・・

サービス、月額料金ともにおすすめしやすい光コラボモデルです。

BIGLOBE光に乗り換える

同じくドコモ光で契約できるBIGLOBEも独自の光コラボモデルがあります。
BIGLOBE光では@nifty光と同じようにauスマートバリューが使えます。

やはりピカラ光からの乗り換えがしやすいのですが、IPv6接続まで考えると
ちょっと料金の負担が大きくなります。

通常BIGLOBE光だけなら戸建てが4,980円、集合住宅は3,980円です。
ただIPv6方式の接続をするためにはルーターのレンタルが必須になります。

月額料金500円でルーターレンタルをするのでその料金が含まれると
ちょっとだけ負担が大きいかな、という印象です。

ただBIGLOBE光の場合、公式サイトや加入代理店で設置工事比無料のキャンペーンを
展開しています。

ピカラ光から乗り換えてフレッツ光回線の設置工事をする費用がかからないというのは
ちょっと魅力的です。

ピカラ光は地域によって本当に通信速度が遅い

色々な口コミを見てみるとピカラ光に加入したけど通信速度が出ないという人が
以前はかなり多かったという印象です。

実際にスピードテストをしても0.5Mbpsという下り速度だった、という口コミも
あったのでかなり不安定だったのでしょう。

ただ現在多くのユーザーがインターネット通信の安定性を高めたOSを使っていて
以前のようなWindows XP等不安定なOSでは無くなっています。

インターネットの通信速度は使っているパソコンの性能によっても大きく変わるので
最低でもWindows7以降のOSを使うことをおすすめします。

周辺機器も変えてOSも新しいものにしても通信速度が上がらない、と言うなら
やはり回線乗り換えがおすすめですかねえ・・・

IPv6方式の通信は劇的に速くなる可能性があるのでおすすめですよ。

手軽なネット接続方法としてWiMAX2+もおすすめ

もう一つ、ピカラ光が遅い場合の乗り換え先としておすすめしたいのが
モバイル通信のWiMAX2+です。

スマホなどのLTE回線に比べるとちょっと利用可能地域が狭いのですが山間部など
かなり奥地にいかない限り十分にネット接続は可能です。

それにWiMAX2+の通信速度は下り最速708Mbps、まあこれは最新端末を使った
という条件もつくのですが。

口コミなどを調べてみると下り40Mbps程度は普通にでているのでピカラ光が
遅いと感じる状況なら確実にこちらの方が速いです。

それにWiMAX2+はモバイルルーターなので持ち運んでどこでもネット接続が
出来るようになります。

引っ越しなどで四国以外に行く場合でも違約金を気にせず、引っ越し先でも
使い続けることが出来るというメリットもあります。

学生なので今後の引っ越しが確実、転勤が多いので固定回線は契約しにくい
という方にはこちらもおすすめです。

-ピカラ光

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.