*

IPV6

V6プラスが使える対応プロバイダではここがおすすめ!

投稿日:

今、v6プラスに対応しているプロバイダを選ぶならココ!

インターネット回線の通信速度が速くなるサービスとして注目されているのが
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスです。

現在では色々な種類のサービスがありますが、中でも多くのプロバイダで
利用されているのがv6プラスというサービスです。

最近では対応したプロバイダも多くなりましたし、実際にどこを選べば良いのか
わからないという方も。

そこでどんなプロバイダを選べば良いのか、おすすめのところを紹介します。
私はプロバイダだけならキャンペーン特典の多いGMOとくとくBBをおすすめします。

まあ人によって状況は違うと思うので、それぞれのパターンでおすすめできる
対応プロバイダも紹介したいと思います。

現在の回線状態によってもちょっとおすすめは違う

例えば現在まだ光回線、フレッツ光の契約をしていない場合にはv6プラスを
使うことは出来ません。

基本的にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスはフレッツ光で行われています。
対象がフレッツ光利用者のみなのです。

プロバイダだけなら、と言ったのはそういう意味で、フレッツ光の契約も含めて
v6プラス対応プロバイダを選ぶ場合はちょっとおすすめも変わるので・・・

まずは現在フレッツ光を使っていてプロバイダを変更する、という場合に使える
対応プロバイダを確認してみましょう。

通信速度が速くなるが特殊な通信ができなくなる

それと簡単にv6プラスのメリットとデメリットについても確認しておきましょう。
まずメリットとしては手軽に高速化ができる可能性が高い。

V6プラスと同じ通信方式、つまりIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という通信方式は
混雑しているIPv4 PPPoE方式の通信を使いません。

つまり混雑している道路を使わず、バイパスを通ってインターネットという高速道路に
接続できるようになるという感じです。

渋滞回避が出来ればスムーズに、短時間で目的地に着きますよね?
これが出来るのがv6プラスというサービスです。

実感できるメリットとしては動画が止まらずに見られる、ゲームのアップデートなどで
大容量のダウンロードが必要でも短時間で出来るなど。

一方のデメリットとしては今までの通信方法で行っていた特殊な通信ができなくなります。
例えば固定IPを使うWEBカメラ等。

自宅にサーバーを立てている場合も使えなくなる可能性が。
今までと通信方法が違うので外部から接続できなくなる可能性があるのです。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式に対応していないゲームの場合、ネットゲームなのに
通信対戦などができなくなる可能性も。

基本的にIPを特定して直接通信する方法ができなくなる可能性があるので
これらのサービスを使っている場合は注意が必要です。

フレッツ光を使っていてプロバイダ変更で対応できるところ

一応回線設置工事なども考えられるので、今回はすべて戸建てプランということで
料金の確認などもしています。

まずは現在フレッツ光を使っていて、v6プラスの対応プロバイダに変更したい
と思った時に利用できるプロバイダを確認してみます。

GMOとくとくBB

私がおすすめするプロバイダがこちらのGMOとくとくBBです。
理由としては月額料金が安いから。

プロバイダ料金がv6プラスを使う場合には月額991円になりますが、この料金には
対応ルーターのレンタル料金も含まれています。

普通のプロバイダ料金が499円なのでルーターレンタルの料金としてはちょっと高い
という印象ですが、v6プラスには対応ルーターが絶対に必要です。

自分で購入したい、という場合はココを使う理由がないので別のところをおすすめします。
月額料金の安さと契約すればすぐにv6プラス月変える手軽さでおすすめします。

@nifty

プロバイダの中では大手の一つで、GMOとくとくBBに比べれば月額料金が高いですが
v6プラス利用にオプション料金などが必要ありません。

つまり現在@niftyを使っているユーザーがv6プラスを使いたいと思うなら申し込みを
行うだけで使えるというのは大きな魅力です。

まあ対応ルーターを用意する必要があるのですが、レンタルすると月額300円です。
長期間使うつもりなら自分で購入するほうがコストが安くなる可能性も。

プロバイダ料金は月額1,000円、格安SIMのNifMoを使っているなら割引もあるので
こちらをおすすめします。

Gaming+

こちらはeスポーツ、というかパソコンでのゲームをすることに特化したプロバイダ
という印象があります。

申し込みも普通の回線契約ではなくv6プラスの利用を前提としています。
つまりフレッツ光ネクストに加入している、加入することが前提です。

月額料金も3,218円と高めでv6プラス対応のルーターレンタルも行っていません。
基本的には全部自分で出来る人用、という印象です。

BIGLOBE

こちらはちょっと違うのですが・・・
実は以前はv6プラスの提供をしていましたが現在新規受付はしていません。

でもv6プラスと同じようなIPv6オプションというサービスを提供しています。
そして以前に契約した人はそのままv6プラスを使い続けることが出来ます。

2017年8月にv6プラスへの新規加入受付を終了しましたが、それ以前に
契約した人はv6プラスを使い続けることが出来ています。

まあ現在提供しているIPv6オプションも内容的にはv6プラスとほとんど変わらず
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信が出来るのですが。

ちなみにプロバイダ料金は800円、対応ルーターは現在レンタル必須で月額300円。
ルーターはv6プラス対応のものが動作するようですが利用は自己責任で。

ドコモ光を契約してv6プラスにしたい場合

プロバイダとしてはv6プラスのサービス提供をしていなくても、光コラボモデルの
ドコモ光で契約した場合はサービス利用が出来るというプロバイダもあります。

まあそこだけ見てもよくわからないのでドコモ光に対応しているプロバイダを確認して
それぞれのv6プラス対応を見てみます。

ドコモ光は複数のプロバイダが対応している光コラボ

普通の光コラボモデルとは違ってドコモ光の場合、複数のプロバイダが対応していて
それぞれドコモ光としてサービス提供をしています。

つまりプロバイダが変わってもドコモ光として提供されているので基本的には
月額料金が同じになります。

まあドコモ光に参入した時期によってちょっと料金が違うのですが。
ちなみに戸建てプランは月額5,200円なので今回はオプション料金を書くことにします。

GMOとくとくBB

ドコモ光の対応プロバイダとしてもおすすめしやすいのはGMOとくとくBBです。
こちらの場合対応ルーターのレンタルが無料です。

基本的にv6プラスでは対応ルーターを使うかひかり電話に加入してホームゲートウェイ
HGWと略される装置を使う必要があります。

ちなみにひかり電話は加入すると月額500円必要です。
この余分なコストが掛からない、というのはやはり魅力があります。

So-net

ドコモ光のみのv6プラス対応プロバイダはここです。
というか光コラボモデルでのみv6プラスに対応しています。

対応ルーターのレンタルがないので自分で用意する必要があります。
まあひかり電話に加入していればHGWがあるので必要ありませんが。

特徴的なのはドコモのポイントサービスを使って対応ルーターとの交換が出来ること。
多くのポイントを持っているならSo-netで交換するのも便利です。

他にはドコモ光のプロバイダとしては何も特徴がないという印象です。

@nifty

ここはどこも光への参加表明が遅かったので月額料金が5,400円です。
それ以外は普通にプロバイダとして使う場合と変わりません。

対応ルーターレンタルの月額料金も300円と同じ。
たとえv6プラスに加入しない場合でも月額料金に変更はありません。

ドコモのスマホを持っていて、格安SIMも使っているという方ならやすくなりますが
かなり限定されるユーザーなので広くおすすめはしません。

BIGLOBE

BIGLOBEもドコモ光の対応プロバイダです。
提供しているサービスも同じなのでプロバイダ単体と全く同じです。

やはり現在ではv6プラスではないIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスなので
厳密に言うとv6プラス対応プロバイダではないのですが・・・

ドコモ光で契約しても対応ルーターのレンタル料金は変わらないので、余計なコストを
かけたくないならおすすめしません。

光コラボモデルでv6プラスを使う場合

フレッツ光では多くのプロバイダと光コラボモデルを行っています。
光コラボモデルでは月額料金に大きく違いが出るのでかなり悩むところです。

今まで紹介してきたプロバイダも多くのところで光コラボモデルの提供をしています。
そちらの月額料金やキャンペーンを含めて確認してみることにしましょう。

ちなみに光コラボモデルは現状フレッツ光に加入していない場合でも加入できます。
その場合は光回線設置工事の費用がかかることになりますが。

キャンペーンを使ってこの工事費が安く出来るプロバイダもあります。
それを含めておすすめできるところを考えてみましょう。

@nifty光

光コラボモデルとしては普通のプロバイダです。
格安SIMの割引があるくらいで大きな割引キャンペーンの展開がありません。

月額料金は4,500円、回線工事をしている場合は18,000円が必要です。
分割にすると600円の30回払いになるので注意しましょう。

光コラボモデルとしては月額料金もそれなりに安く、v6プラスを使っても
オプション料金なども必要ないので支払い自体はわかりやすいです。

やはり対応ルーターレンタルに月額300円が必要なので長く使う場合は自分で
対応ルーターを用意したほうがいい場合もある、というのも同じです。

DMM光

月額料金は4,820円とちょっと高いのですが、現在キャンペーン中で新規の場合の
回線設置工事費が無料になるという魅力があります。

それにDMMモバイルを使っている場合もDMM光の月額料金が500円割引されます。
ただしDMMモバイルの対象契約商品は確認が必要です。

新規でフレッツ光を引く、DMMモバイルを使っているという場合にはお得ですが
すでにフレッツ光に加入している場合には大きな魅力がありません。

対応ルーターレンタルも月額300円が必要なのでやはり他のサービスを使っていないと
トータルコストはちょっと高くなりそうです。

So-net光コラボレーション

こちらの場合はauのスマホを持っていると割引ができるスマートバリューに対応して
ドコモ光のサービスとは違った内容となっています。

公式サイトから申し込みをするとキャッシュバックが受けられるなど特典も多く
割引などもかなり大きく展開しているようです。

でも割引は30ヶ月のみ、普通の金額になれば月額5,700円とちょっと高いです。
それに新規加入の場合の回線工事費用が800円の30ヶ月とやはり高いです。

対応ルーターのレンタルは月額300円、ひかり電話と同時加入の場合は
HGWのレンタル料金0円ですがひかり電話が月額500円。

色々なサービスが有って安く見えるのですが、基本的な料金が高いので割引が
終わった時に負担が大きくなるという印象でした。

ただauスマートバリューが使えるのはやはり魅力的だと思います。

enひかり

あまり聞いたことがないかもしれませんが、現在かなり安い料金で利用できる
光コラボモデルがenひかりです。

月額料金は戸建てプランでも4,300円とひかりコラボモデルでは最安値クラスで
新規加入の回線設置工事も15,000円と安くなっています。

まあ工事費用の分割がなく一括払いのみ対応というのはちょっと残念ですが。
基本的に多くのサービスが安く使えるのでおすすめの光コラボモデルです。

ただv6プラスの利用はオプション料金が必要で、月額160円です。
ルーターのレンタルはなく、ひかり電話加入の場合はHGWレンタルが月額300円。

対応地域も全国でお得に使える回線なのですが、サービス面でちょっとした不満が
残るプロバイダでもあります。

でも月額料金の安さはやはり魅力で、自分で色々と用意ができるならオプションに
頼らずお得に使えると思います。

月額料金で考えるならかなりおすすめの光コラボモデルです。

BIGLOBE光

やはり外すことが出来ないので一応こちらの紹介も。
現在はIPv6オプションですが内容はほぼv6プラスと変わらないので。

公式サイトやネット代理店で多くのキャンペーンが使えるのも魅力です。
現在なら新規加入の工事費が実質無料になるキャンペーンがあります。

月額料金も4,980円と安めでv6プラスのオプション料金はありません。
新規申し込みの場合はキャンペーンで対応ルーターがプレゼントされる場合も。

まあBIGLOBEではIPv6オプション加入ではルーターレンタルが必須なので
もらっても使うかは微妙ですが。

今から加入するとv6プラスではないので厳密には対応プロバイダでは無いのですが。
ある程度安く使いやすいと思います。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービス提供はv6プラスだけじゃない

ここまではv6プラスに対応しているプロバイダを見てきましたが、実はv6プラス以外にも
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを提供しているところはあります。

このIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信が出来るのはVNE業者、ネイティブ接続業者
という回線接続業者です。

プロバイダとは違うのですがインターネットに直接接続することができる業者で
プロバイダはここと契約してIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスをしています。

ちなみにv6プラスは日本ネットワークネイブラー(JPNE)というネイティブ接続業者が
提供しているサービスです。

他にもネイティブ接続業者はそれぞれの名称でサービス提供をしています。

BBIXはIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4というサービスを。
インターネットマルチフィードはTransixというサービスを提供しています。

名前は違いますがどちらもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスです。

現在登録されているネイティブ接続業者

現在ネイティブ接続業者として登録されているのは以下の業者です。

インターネットマルチフィード、日本ネットワークネイブラー、BBIX、ビッグローブ
朝日ネット、NTTコミュニケーションズ、FreeBit、アルテリア・ネットワークス。

ただこれらのVNE業者は全てがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを
提供しているわけではありません。

また提供予定、または提供未定というところも。
でも今後のサービスにはちょっと期待ができそうです。

インターネット回線が遅いと感じたらv6プラスはおすすめ

現在v6プラスに興味を持っている人を調べてみると多くの方がインターネット回線の
通信速度に不満を持っているようで。

確かにせっかく光回線を使っているのに快適にネットが出来ないのは不満がたまります。
それを解消するならv6プラスを使うのはとてもおすすめです。

単純に通信速度の改善が見込める、というだけではなくv6プラスでは次世代通信の
主流になると考えられるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式を使っています。

つまりいつかは今までのIPv4方式の通信ではなくなるはず。
その前にIPv6方式の通信にしてしまうのは悪くないと思います。

しかも通信速度が速くなる可能性が高いならあまり悩む必要がないかと。
ただし注意点は多くあります。

対応しているプロバイダとルーターが必要

単純にNTTにIPv6方式の通信に切り替えてもらっても速度は変わりません。
対応しているプロバイダと契約することが必要です。

更に対応しているプロバイダの通信をきちんと送受信できるようにルーターも
対応しているものを使う必要があります。

つまりIPv6方式の通信をするには対応している回線、対応プロバイダ、対応ルーター
この全てが必要になるわけです。

注目のv6プラスというサービスはIPv6方式の通信を行うサービスです。
対応している物を使う必要がある、ということを覚えておきましょう。

-IPV6

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.