*

IPV6

v6プラスの対応ルーターでおすすめの商品とは?

投稿日:

v6プラスに対応しているルーターでおすすめの商品はこれ!

次世代のインターネット接続方式として注目されているのがIPv6方式の接続で
中でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式は従来の通信でも速度アップが見込めます。

インターネットが快適に使えるようになる、と注目されているIPv6方式ですが
使うためには対応しているホームゲートウェイかルーターが必要です。

ルーター取扱いメーカー各社でも対応ルーターは色々とあるのですが・・・
そんなルーターの中から私のおすすめを紹介したいと思います。

好みや性能の違いなどもあると思うのですが、エントリーモデルとしては
NECプラットフォームのAterm WG1200HP3が私のおすすめです。

性能とコスパを考えるならBUFFALOのWXR-1900DHP3も良いと思います。

この他にも各社色々なルーターの提供があるので、それぞれの特徴なども詳しく
確認してみたいと思います。

IPv6対応ルーターがv6プラスに対応しているとは限らない

今回調べてみてわかったのですが、メーカーでIPv6対応と販売しているルーターの
全てがv6プラスに対応しているわけではないということ。

基本的にv6プラスはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のネット接続サービスですが
他にも同じ方式を使っている接続サービスがあります。

そちらで使えるからと言って同じIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のv6プラスでも
正常に動作する、という保証にはならないようで・・・

一応メーカーでv6プラス動作確認済みというルーターを紹介したいと思います。

BUFFALO製のv6プラス対応ルーター

対応ルーターを出しているメーカーの中では一番多くの種類から選ぶことが出来ます。
私のおすすめの一つもこのBUFFALO製のルーターです。

特徴してはほとんどの対応商品がハイエンドモデル、というかそれなりに高いです。
中にはDUALコアCPUを搭載しているモデルなんかも。

後は可動式アンテナを使っている商品も多く、広い家庭内でも細かく送受信の
可能エリアを調整できるというところでしょうか。

では対応商品を詳しく確認してみます。

対応しているのは10種類のルーター

対応ルーターを出しているメーカーでは一番種類が多いです。
特徴的な商品もあるので個性的、という印象のメーカーです。

WTR-M2133HP

こちらは珍しい円形をした外観のルーターです。
パラボラアンテナのような形をしているWi-Fiルーターです。

特徴としてトライバンドルーター、周波数が2.4Ghlzと5Ghlzが2種類の
3種類の周波数を使い分けることができます。

他の家電と電波干渉を西区区なるというメリットが有り、苑の外周に沿って
アンテナの向きを変更できるという可動式アンテナも装備しています。

希望小売価格は27,700円、実売価格は2万円弱というところでしょうか。

WXR-2533DHP2

4x4の可動式アンテナを装備したDUALコア搭載の高性能Wi-Fiルーターが
こちらの商品です。

4本の大型アンテナを自由に可動させることが出来るのでどんな部屋の形にも
対応することができます。

DUALコアのCPUを搭載していることで複数の周波数を同時に使っても
確実に処理をする事が出来ます。

一度に多くのWi-Fiを使うという家庭には最適と思えるルーターです。
希望小売価格は27,700円、実売価格が18,000円ちょっとという感じです。

WXR-2533DHP

こちらは前の商品のマイナーチェンジ前のルーターです。
同じくDUALコアCPU搭載の可動アンテナのモデルです。

基本的にはWXR-2533DHP2と同じで単純にマイナーチェンジしただけ。
ただ現在BUFFALOでは販売終了の商品になっています。

実売価格では18,000円程度とやはり同じくらいの金額で取り扱われているようですが。
同じ機種の最新版があるのでいまいちおすすめしにくい機種ではあります。

WXR-1901DHP3

可動式のアンテナ搭載をしたちょっと低価格のエントリーモデルです。
電波干渉自動回避や空いている周波数に自動切り替え出来る機能などはちゃんとあります。

ひかりTVでの動作確認もされていて家庭向けのWi-Fiルーターとして使いやすいという
印象の商品です。

希望小売価格は16,500円、実売価格でも14,000円位と購入しやすい金額ではあります。
でも私のおすすめと似ているのでこちらはおすすめしていません。

WXR-1900DHP3

私のおすすめルーターの一つです。
特徴的には上記のWXR-1901DHP3とあまり変わりません。

というか基本的に中身は一緒で、型式番号だけが違うという商品です。
型番の違いは販路の違いらしいですが・・・

多分1901のほうがショップ限定商品という感じで販売されているのでしょう。
中には全く一緒ですが、実売価格がちょっと違っているのです。

当然可動式アンテナ、周波数の自動切り替え、DUALコアCPU搭載など
BUFFALOのWi-Fiルーターの特徴的な機能は全て装備しています。

希望小売価格は同じ16,500円ですが、こちらは実売価格11,000円程度です。
性能を考えても実売価格が安くコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。

WXR-1900DHP2

これも基本的にはWXR-1900DHP3と同じで、こちらもマイナーチェンジです。
というかこちらは不具合が報告されることも多いモデルでした。

ファームウェアの更新などで解消できるものもあるのですが口コミではちょっと
安定しないWi-Fiルーターとして知られています。

まあパソコン機材との相性などもあるので、全ての人の環境で使いにくいという
ことはないと思うのですが・・・

現在は生産終了、実売価格は13,000円くらいです。

WXR-1900DHP

DUALコアCPU搭載の初期モデルがこちらの商品です。
現行モデルに比べるとアンテナが太く3本しか無い、という外見的な特徴があります。

通信速度や対応周波数などは現行モデルと変わらないのですが、そのスタイルが無骨で
やはり昔のルーターだな、という印象です。

まあWXR-1900DHP3でもアンテナは3本なのですが。
可動式アンテナを搭載したというモデルはやはり衝撃的でした。

ただこちらの場合は販売当初のファームウェアではIPv6方式に対応していないので
購入してからすぐにファームウェアの更新が必要です。

現在は生産終了、実売価格は20,000円弱とそれなりに人気のある商品のようです。

WXR-1750DHP2

こちらはDUALコアCPU搭載モデルではなくなったWi-Fiルーターです。
対応周波数は2バンドですが同時に使うのがちょっと難しくなります。

基本的には広い家庭で複数人数同時に使えるようにする、という商品ではなく
一人暮らしなどで使うことが前提という印象です。

可動式アンテナ搭載などBUFFALOらしい商品ではありますが、2.4Ghlzの
通信速度が450Mbpsとちょっと遅いのが気になるところです。

希望小売価格は14,300円、実売価格が1万円弱と購入しやすい商品ではあります。

WXR-1751DHP2

こちらもWXR-1900DHP3と同じように中身が全く同じ商品でした。
何かBUFFALOにはこんな商品が多いですねえ・・・

利用できる周波数、通信速度なども全く同じです。
希望小売価格は14,300円、実売価格が何故かこちらが11,000円と高いです。

WXR-1750DHP

こちらはWXR-1750DHP2のマイナーチェンジ前のものです。
性能的には大差ないのですが、やはり昔の本体です。

現行のモデルやDUALコアCPUモデルなども手軽に購入できる価格帯なので
今あえてこのWi-Fiルーターをおすすめする理由が見つかりません。

生産終了モデルですが実売価格は1万円程度とそれなりに人気があるようです。

アイ・オー・データ社製のv6プラス対応ルーター

BUFFALOと並んでパソコン周辺機器のメーカーとしてはとても有名な企業が
アイ・オー・データです。

こちらでもIPv6対応ルーターは多く取り扱われています。
中でも現在v6プラスに対応しているのは5種類。

特徴としては比較的購入しやすい価格帯の商品が多いこと。
性能的には問題なく、どんな部屋にも合う定番のデザインが多く取り扱われています。

まあデザイン的には普通で特徴がない、とも言えるのですが・・・

どの商品もファームウェアは最新のものを利用

アイ・オー・データのルーターは全てファームウェアを最新のものに変更してから
利用することを推奨しています。

IPv6方式の通信のために購入した場合はv6プラスに限らず最新のものを適応して
使うようにしましょう。

WN-AX2033GR2

Wi-Fiとしては最新の11acに対応して理論値として1733Mbpsの通信速度が期待できる
高速通信に対応したWi-Fiルーターがこの商品です。

アンテナは内臓ですが360度全方向に対応していてどこにいてもネット接続に師匠がない
接続に関しては安定している商品です。

また接続する子機に向けて電波を発信するビームフォーミングWにも対応しているので
アンテナの向きや位置を気にせずにネットが出来るように設計されています。

2.4Ghlzの通信速度が300Mbpsとちょっと遅いのが気になりますが、希望小売価格が
13,100円で実売価格1万円弱と購入しやすいのが嬉しいところです。

WN-AX2033GR

こちらは上記のWN-AX2033GRのマイナーチェンジ前の機体、後継機がでていますが
性能的には後継機とあまり変わりません。

使える機能も変わらないのである意味使いやすいのですが以前はIPv6方式には
対応していませんでした。

ただ2018年2月に最新ファームウェアが配布され、こちらでIPv6方式に対応して
v6プラスにも使えるようになりました。

希望小売価格は13,100円で実売価格は7,000円位。
旧機種ですが在庫があればお得という印象はあります。

WN-AX1167GR2

外見はWN-AX2033GR2と殆ど変わらないのですが、11acの最高速度が867Mbpsと
ちょっと遅くなっている廉価版のWi-Fiルーターです。

360度対応の内蔵アンテナなどは変わらず、本体性能以外の機能はほとんど変わらず
キッズフィルタリング機能なども使えるのは嬉しいところです。

スマホからのネットワーク設定も可能になるソフトにも対応しているのでパソコンを
使わずにネットをしている人にも使いやすいルーターです。

希望小売価格が8,300円、実売価格は6,000円から7,000円の間とこちらもかなり
購入しやすい価格帯のルーターです。

WN-AX1167GR

上記ルーターのマイナーチェンジ前の機体です。
やはりこちらも後継機が発売されていますが、今でも在庫があるようです。

基本的な機能は変わらず、やはり5Ghlzの11acが867Mbpsというのも同じ。
前世代のルーターだとしてもファームウェアの更新で問題なく使えそうです。

希望小売価格が8,300円で実売価格は7,000円くらい。
ショップによっては後継機のほうが安く変えるかもしれません。

WN-AX1167GR/V6

WN-AX1167GRのIPv6方式対応ルーターとして販売された端末です。
基本的な性能は変わらないのですが一番古い型番になります。

通信速度などは変わらないのですが一つ、搭載している機能がちょっと古いです。
ビームフォーミングがWではないのでiPhoneのみの対応です。

他の機能的にはほとんど変わらず、対応ソフトなども同じです。
希望小売価格はオープン価格ですが現在取扱店を見つけられません。

すでに在庫があるショップを探すのが難しそうなルーターでもあります。

エレコムのv6プラス対応ルーター

パソコンの周辺機器メーカーとしては低価格帯の商品が多いという印象があり
Wi-Fiルーターもそれなりに買いやすい価格帯の商品が多くあります。

その中でv6プラスに対応しているのは最新のルーターのみとなっているようです。
気になるのはエレコム製品がパソコンとの相性が出やすいと言われていることですが・・・

こればっかりは接続してみないとわからないので、あまり気にせずに紹介してみます。

WRC1750GSV

3x3の11ac対応のWi-Fiルーターです。
11acの5Ghlzは1300Mbpsという高速通信ができる様になっています。

2.4Ghlzも400Mbpsという通信速度なので性能的には問題なさそうです。
DUALコアCPU搭載等他のメーカーのルーターの性能に見劣りしません。

最新機種なので性能も多く、一戸建てでも3階くらいなら中継点がなくても
十分届く性能になっています。

これだけの性能で希望小売価格は11,540円、実売価格でも9,000円を切るくらいの
金額で購入できるというのは確かに安いと思います。

ただ私はエレコムの商品と相性が悪いらしく、あまりいい思い出がないのでちょっと
おすすめはしにくいというのが正直なところです。

NECプラットフォームズの対応ルーター

NECプラットフォームズ、と言われるとあまり聞き慣れない方も多いと思いますが
Atermといえばわかる方も多いのでは。

インターネット以前のパソコン通信の時代からモデムを販売していたのがNECで
Atermシリーズも多くのモデムが販売されています。

それを受け継いでいるWi-Fiルーターなので本体の安定性は抜群です。
ただNECがv6プラスの動作確認をしているのが1種類というのが残念です。

ちなみにIPv6対応のルーターは3種類あり、そのうちの一つがv6プラス対応です。

Aterm WG1200HP3

アンテナ数2x2で2ストリーム、2種類の周波数帯の対応しているWi-Fiルーター。
規格値としては11acの5Ghlzが867Mbpsという通信速度です。

基本的なWi-Fiルーターの機能は搭載されていて、ビームフォーミングや
バンドステアリングなどの機能も搭載しています。

Wi-Fiルーターの性能としてはハイエンドモデルと比べると見劣りしますが
普通に使うルーターとしては何も問題ありません。

では私のおすすめポイントはどこなのか?
まあ趣味の問題ですが、本体の形がとてもスタイリッシュに感じることです。

真四角なボックスタイプが多いWi-Fiルーターの中で独特なデザインをしている
Atermシリーズはとても格好良く見えます。

それにかなり昔から続いているシリーズなので安定性は高く、相性の問題も
あまり聞いたことがありません。

希望小売価格はオープン価格で実売価格が7,000円くらい。
価格的にもおすすめしやすいエントリーモデルがこちらのルーターです。

NTTドコモが販売しているv6プラス対応ルーター

ちょっと特殊なWi-FiルーターがNTTドコモが販売しているルーターです。
こちらはドコモ光に対応したルーターとして取り扱われています。

ドコモ光以外のインターネット接続でも使えるのでしょうが・・・
一応こちらの商品はドコモのサポート対象商品となっています。

ドコモ光ルーター01

名前もドコモ光ルーター01と完全にドコモ光専用という印象のルーターです。
本体性能的には2バンド、5Ghlzと2.4Ghlzに対応しています。

それぞれの通信速度は867Mbpsと300Mbpsなので性能的にもそれほど悪くなく
とりあえずの問題はなさそうです。

まあはっきり言って中身はNECのルーターだと思うのですが。
外装デザインも完全にAtermと同じですし。

ドコモショップでの価格は9,590円で他のショップで購入すると高くなる可能性が。
ちなみにどこのプロバイダを使っていてもこのルーターの相談はドコモで受け付けます。

v6プラス対応と非対応のルーターの違いについて

多くの人が疑問に思うのがv6プラスに非対応のルーターを使ったらv6プラスを
利用することが出来ないのか?ということだと思います。

これは一応v6プラス対応のルーターを使ったほうがおすすめはしやすいです。
理由としてはメーカーが動作確認をしてくれているから。

ルーターの販売メーカーがv6プラスで実際に自社のルーターが正常に動作するのかを
確認しているので安心して使うことが出来る、ということです。

単純にIPv6対応ルーターの場合はv6プラスでも問題ない可能性はありますが
確実ではないのです。

IPv6方式の通信には多くの種類があり、その中でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という
方式の通信サービスの一つがv6プラスなのです。

他の通信方式と違っているところがある可能性も高いので、動作確認がされている
ルーターを使うほうが確実なのです。

IPv6に対応していないルーターは通信できない

もう一つ、今まで使っていたルーターをそのまま使いたいと思ってもそのままでは
IPv6方式の通信すら出来ない可能性が高いです。

しかもv6プラスはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法なので
対応していないルーターでは接続させることが出来ません。

やはりおすすめしやすいのはちゃんと動作確認がされているv6プラス対応の
Wi-Fiルーターです。

-IPV6

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.