*

IPV6

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6接続サービスとはどんな内容のサービス?

投稿日:

通信速度の改善ができる可能性のある接続サービス

光回線を使ってインターネットをしていても通信速度が遅い、と感じることは
ありませんか?

特にIP電話やテレビ回線なども光回線を使っているとパソコンがとても遅く感じる
という場合も多くなります。

この状況を改善することが出来る方法として注目されているのが、新しい接続サービス
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6というサービスです。

提供しているところによってv6プラスなどちょっと名前が違うのですが、基本的には
名前が違うだけで同じサービスというものも多くあります。

確かにサービスの利用をすると通信速度が改善する可能性が高く、多くの方が注目する
サービスのひとつなのですが・・・

これを使うことでなぜ通信速度が改善されるのでしょうか?
というかIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6とはどんなサービスなのでしょうか?

ちょっと詳しく調べてみることにしましょう。

IPv6は新しい接続サービスの一つ

まずはIPv6について、これは新しいインターネット接続サービスの一つです。
従来のインターネットはIPv4という接続方式を使っていました。

単純に説明するとIPとはインターネットプロトコル、つまりインターネット上の住所で
これがないとインターネットに接続することが出来ません。

まあ身分証明の一つということでしょうか、そのバージョンが4のものを使っていました。
それがIPv4ということです。

ただこのままではインターネットを続けていくことが難しくなったので新しいバージョン
IPv6を開発しました。

ではこのIPのバージョン6を使うことでなぜ通信速度が速くなるのでしょうか?

IPv6には通信速度改善というメリットがない

まずはIPv6を使うことのメリットを調べてみると、IPv4では枯渇してしまいそうな
IPアドレスがIPv6ならかなりの数が増えるので足りなくなることがなくなるということ。

つまり単純にIPv6にすることでは通信速度を改善することはないのです。
ではなぜ通信速度が速くなるのでしょうか?

それは接続方式がIPv4とIPv6では変わっているからです。
まあこれはちょっとした問題点でもあるのですが・・・

IPv6を使った接続方式では従来とは違ってインターネット内に独自の迂回ルートを作り
そこを使うことで混雑しているネット網を使わずに通信するという方式です。

そしてその独自ルートは従来の通信網よりも高速で通信が出来るのです。
つまりこれが通信速度の向上が見込める理由ということに。

でもこれらの方法には互換性がない、というのが問題点になります。
もう少し詳しく説明をしてみましょう。

PPPoEよりも速度が速いのがIPoE

インターネットに繋げるにはプロバイダに接続して貰う必要があります。
そのプロバイダにつながる道が混雑している、というのが現状のインターネットです。

光回線がどれだけ速い、と言ってもそれはインターネット内部のことでプロバイダまでの
通信速度は接続方式によって決まっているので変わりません。

今までのIPv4ではPPPoEという方式なので通信速度は最高でも200Mbpsです。
これがIPv6になるとIPoEという方式になり最速1Gbpsになります。

ただしこの2つの接続方式には互換性がない、つまり今まで使っていたPPPoE方式の
通信網でIPoE方式の通信をする事が出来ないのです。

そこで一度IPv4の方式でIPv6の通信をする技術を作ってみました。
たしかに今までの通信網で使えるのですが、今度は同じなので区別がつかなくなりました。

それを解消するためにIPv6通信をするために特別な装置を設置するなど問題が多くなり
結局この方法は現在余り見かけることが無くなりました。

これがIPv6 PPPoEという方式です。

IPv6 IPoEでは一部のサイトしか速度が上がらない

互換性がない通信をするとどうなるのか。
これは単純に対応しているサイトのみちょっと快適になる、ということです。

実は現在まだIPv6に対応しているサイトというのが多くはありません。
大手の動画配信サイトでもIPv6に対応していないところもあるのです。

そんなサイトに接続するとどうなるか、IPoEを使うことが出来ないので今までと
変わらないPPPoEでの接続をすることになります。

つまり通信速度が変わらず、IPv4での接続のままということに。

画期的な新しい通信の接続方式でもあるIPv6なのですが、これを利用するためには
本体機器、プロバイダ、通信網、サイトの全てが対応している必要があります。

そして現状ではサイトの対応が遅れているので、通信速度改善という恩恵を
受けることが出来るのは一部のサイトのみということになります。

でもそれではもったいないので、新しいIPv6方式の接続が対応していないサイトでも
出来るようにしたサービスを開発しました。

それがIPv4 over IPv6という接続方式です。

IPv4の通信をIPv6パケットで包む

ではIPv4 over IPv6とはどんな技術なのでしょうか。
簡単に説明するとIPv4をIPv6のフリをして通信するということです。

通常データ通信は情報をパケットというカプセルに入れて保護をして流します。
このパケットをIPv6と同じにしてIPv4のデータを流すのです。

プロバイダで情報を受け取った時にIPv6のカプセルを外せば中にはIPv4の
データが入っているのでそれを使ってIPv6未対応のサイトに接続できます。

でもIPv6のパケットを被っているので通信網自体はIPoEを使えるのです。
これで混雑している通信網を回避して高速通信が出来るようになります。

IPv6未対応のサイトも高速になる可能性があるサービス

IPv4 over IPv6の接続方式を使えば今までの接続方式しか対応していないサイトでも
IPv6方式で接続ができるので通信速度が全てのサイトで上る可能性があります。

つまり現在提供されているIPv6接続方式の中でもIPv6 IPoEとIPv4 over IPv6の
両方が使えるサービスを選べば通信速度の改善ができる可能性は高い、ということ。

単純にIPv6のサービスをしているところを選べばいい、というわけではないことが
わかってもらえたかと思います。

では次にどんなプロバイダを選べば良いのか、そちらも確認してみましょう。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6ができるのはネイティブ接続業者

現在提供されているIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のサービスは各業者によって
名称が違っています。

例えばv6プラス、IPv6高速ハイブリッドIPv6 IPoE+IPv4、transix
IPv6オプションなどです。

でもこれらは全て提供されているところが違うだけでサービスの内容は同じ。
つまりIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のサービスなのです。

ではなぜこんなに色々な名称があるのか?
それは提供しているネイティブ接続業者の違いが名前の違いになっているから。

IPv6という接続方式はプロバイダではなくネイティブ接続業者、VNE業者とも言われる
一般のプロバイダとは違うところを使います。

まあユーザーはプロバイダが契約しているネイティブ接続業者を使うことになるので
好きなように選べるわけではないのですが・・・

つまりIPv6を使う時はネイティブ接続業者までの通信網にプロバイダの通信網を使い
ネイティブ接続業者がインターネットに接続してくれるというわけです。

ネイティブ接続業者と契約しているプロバイダ

では実際にネイティブ接続業者と契約しているプロバイダを探してみましょう。
現在プロバイダの全てがネイティブ接続業者と契約しているわけではありません。

BIGLOBE、@nifty、GMOとくとくBB、インターリンク、Gaming+です。
後は光コラボモデルならIPv6が使えるというプロバイダも。

So-netのドコモ光、DMM光、IIJ4mio光、ソフトバンク光、などです。
基本的にはフレッツ光を使っている場合にIPv6を使えるということです。

光コラボモデルになると色々な割引の条件があるのでお得になる可能性がある
組み合わせというのもあります。

乗り換えなどを考えるなら真剣に考えたほうが良いと思います。

対応機器を用意する必要がある

対応しているプロバイダの契約をすればすぐにIPv6での通信が出来る
というわけではなく、対応している機器を設置することも必要です。

ただこちらはサービス提供しているネイティブ接続業者によって対応機器も違いますし
場合によっては何も用意する必要がありません。

基本的にはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のサービスではそれほど特殊な機器は必要なく
IPv6 PPPoEのような専用の機材は必要ありません。

ただルーターや終端装置がIPv6のパケットを未承認で通過できるようにする必要があり
それに対応している機材を使う必要があるのです。

簡単に言うとIPv6に対応しているか?ということ。
そしてv6プラスの場合はNTTのひかり電話の分配器があれば問題ありません。

他のサービスの場合はIPv6ブリッジやIPv6バススルーなどの機能がついたルーターを
用意する必要があります。

プロバイダによってはレンタルが出来るのでそれを利用するのも一つの方法かと。
購入する場合は安いものは5,000円程度で販売されているはずです。

購入する前に相談することがおすすめ

ひかり電話を使っていない場合は基本的に対応したブロードバンドルーターを
使う必要があります。

ただ提供しているIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のサービス内容によっては対応の
確認が取れていない機種などもあります。

プロバイダがどこのネイティブ接続業者と契約しているのかは公開している場合も
あるのですが、わからないというプロバイダもあります。

つまり先に端末を買ってしまって対応していない、となると痛い出費になります。
まずは申し込みの時に必要な機材などの確認をしておきましょう。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6は申し込みをして数時間で適応される場合もありますが
基本的には1日くらい時間がかかります。

その間に対応端末を買って来てもそれほど時間のロスにはならないかと。

プロバイダの混雑も解消できる可能性があるのがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6の接続方式を使うもう一つのメリット、それがプロバイダの
混雑を解消することができる可能性があることです。

インターネット接続は個人でできないので必ずプロバイダを経由します。
この時に多くのユーザーが集まることでインターネットへの入り口が混雑してしまいます。

どんなに回線速度が速くてもプロバイダで詰まってしまっては通信速度も上がりません。
でもIPv6を使えばこの混雑を通らずにインターネットが出来るのです。

ネイティブ接続業者を使っての接続なので基本的にプロバイダの混雑を気にせずに
インターネットへの接続ができるようになります。

以前は大手のプロバイダではユーザーが多すぎて夜間の時間帯には通信速度が
全く上がらないという不満もありました。

でもIPv6では対応しているプロバイダがほとんど大手のプロバイダなので
大手と契約するほうが通信速度が高くなる可能性もでてきました。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6の接続方式ならどんなサイトでも通信速度の改善に
期待ができる様になるので、困っているならおすすめしたい方法です。

-IPV6

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2018 All Rights Reserved.