*

事業者変更

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えは転用?事業者変更の手順

更新日:

光コラボを使うメリットの1つに携帯キャリアの割引が使えるという特典があります。
キャリアごとにセット割のようなものを光コラボとのセットで使えるようになります。

でもキャリアを乗り換えた後にはこの割引サービスが適応されなくなります。
そこで光コラボ同士の乗り換え、という方法をおすすめします。

最近では事業者変更という手続きが可能になり、光コラボ同士の乗り換えも簡単に。
例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順などを紹介してみます。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは簡単にできる

まずは事業者変更という手続きについて、これは今までの光コラボ同士の乗り換えの
手間をかなり省いて手軽に乗り換えが出来るようにする手続きです。

以前の光コラボ同士の乗り換えでは光回線の交換工事が必要でした。
つまり光回線の撤去と再設置という工事を行っていたのです。

でも事業者変更ではこの回線工事が必要なく、とても手軽に光コラボ同士の乗り換えが
出来るようになりました。

手続きとしてはフレッツ光から光コラボに乗り換える転用と同じような感じです。
それを光コラボ同士の乗り換えで行うということになります。

回線工事がないので工事費用の負担がない

回線工事をしないので、その工事にかかるユーザーの負担は全てなくなります。
例えば工事の申込みや工事日程の調整などを考える必要がありません。

さらに回線工事をしないので当然ですが工事費用もかからなくなります。
しかも光回線で使っていたオプションや周辺機器もそのまま使い続けられます。

かなりの手間がなくなるのでとても簡単に乗り換えができるということになります。

ひかり電話の電話番号もそのまま使い続けられる

光コラボ同士の乗り換えでは使っていたオプションのひかり電話の電話番号の問題が
とても大きなものでした。

状況によってはひかり電話の電話番号が変わってしまう可能性があったのです。
でも事業者変更では基本的にひかり電話の電話番号が変わることはありません。

この電話番号の問題が解消されることで多くのユーザーが光コラボ同士の乗り換えを
手軽に行えるようになったのです。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順を確認

事業者変更の手軽さを確認したところで、実際に乗り換えをする場合の手順を
確認してみたいと思います。

今回はソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、事業者変更を使った時の
手順を確認していきましょう。

確認するのは実際にユーザーが事業者変更をする時に行うこと、手続きなどで
連絡をするなどの手順だけにしました。

ソフトバンク光に事業者変更承諾番号の払い出しを頼む

事業者変更の手順としてはまず現在契約している光コラボ業者に連絡をして
事業者変更承諾番号の払い出しをしてもらいます。

転用をする時、携帯キャリアでMNPをするときにも契約内容移行のための
番号をもらいますがそれと同じです。

事業者変更の手続きのためには事業者変更承諾番号が必要なのでそれをもらいます。
ちなみに番号の払出しは現在のところ電話でのみ受付ということです。

ソフトバンク光には0800-111-2009まで電話をして番号払出を頼みましょう。

ドコモ光に新規加入申込みをする

事業者変更承諾番号をもらうことが出来たらドコモ光への新規加入申し込みをします。
おすすめはプロバイダから申し込みをすることです。

新規加入申し込みはWEBからも出来るので、そちらから申し込んでも大丈夫です。
申込確認の電話がかかってくるのでそこで事業者変更を使うことを伝えます。

何度か電話での確認や連絡があるかもしれませんが、基本的にはこれだけで
ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えの手続きは完了です。

新しいIDとパスワードでインターネット接続をする

事業者変更の申込後1週間程度でドコモ光とプロバイダから書類が郵送されます。
こちらには新しい契約者IDとパスワードが記載されています。

そのIDとパスワードを使ってインターネットへの接続ができれば乗り換えは
無事に完了、ということになります。

Wi-Fiルーターを使っているならそちらの接続設定なども変更する必要がありますが
ソフトバンク光の解約手続きなどは必要ありません。

事業者変更の手続きをしている、という時点でソフトバンク光は解約するという
意思表示をしていることになります。

光コラボ業者同士が手続きをしている中でソフトバンク光の解約手続きもしているので
ユーザーがすることはありません。

プロバイダメールの利用状況の確認など、やることはある

事業者変更を使ってのソフトバンク光からドコモ光への乗り換え手順としては
これだけですが、実際にやったほうがいいことはもう少しあります。

例えばソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでは必ずプロバイダの変更になるので
プロバイダのサービスの利用状況を確認しておく必要があります。

ソフトバンク光のプロバイダ、Yahoo! BBのメールアドレスが乗り換えで使えなくなる
という状況になります。

重要な連絡先にYahoo! BBのメールアドレスを使っていたら連絡ができなくなります。
登録しているメールアドレスの変更が必要なところを確認しておきましょう。

それにソフトバンク光からドコモ光に引き継ぎができないNTTオプションもあります。
こちらの対応方法も考えておく必要があります。

ソフトバンクのIP電話サービスには注意が必要

光回線を使った電話の通話サービス、これをIP電話サービスと言います。
まあ実際にはインターネット回線を使った電話サービスになりますが。

事業者変更で光コラボ同士の乗り換えをする場合、NTTが提供するひかり電話なら
何も手続きをする必要がなく同じ電話番号を使い続けることができます。

でもソフトバンク光ではIP電話サービスが複数あります。
NTTのひかり電話以外にも自社が提供するIP電話サービスがあるのです。

そしてソフトバンク光が提供するIP電話サービスでは事業者変更で手続きをせずに
乗り換えることが出来ません。

こちらの状況も確認してみましょう。

光電話(N)なら手続きの必要なし

ソフトバンク光で光電話(N)というIP電話サービスを使っていた場合、事業者変更で
ドコモ光乗り換える時に特別な手続きは必要ありません。

この光電話(N)というのはNTTが提供するひかり電話のことなので事業者変更の時に
何も手続きをする必要がありません。

フレッツ光からソフトバンク光に転用した時、ひかり電話を使っていればこちらの
光電話(N)に切り替わっていると思います。

ソフトバンク光に新規加入をして光電話(N)を申し込んだ場合でも事業者変更なら
何の手続きも必要ありません。

ホワイト光電話ならアナログ戻しが必要

ホワイト光電話というサービスを使っている場合はアナログ戻しをする必要があります。
こちらはそのまま電話番号をドコモ光のサービスに移行することが出来ません。

ホワイト光電話はYahoo! BB独自のサービスになるので、NTTのサービスひかり電話へ
電話番号をそのまま移行できないのです。

一度アナログ回線に電話番号を戻して、アナログ電話の電話番号をひかり電話に
番号ポータビリティで移行させるという手続きが必要になります。

ソフトバンク光加入の時にアナログ電話を番号ポータビリティでホワイト光電話に
移行した場合はもう一度アナログ回線に戻して番号を使い続ける必要があります。

ホワイト光電話に新規加入でもらった番号はアナログ戻しが出来ない

注意点としてはホワイト光電話に新規加入でもらった電話番号の場合、アナログ戻しを
行えないということです。

アナログ戻しとは名前の通り、アナログ回線で使っていた電話番号をIP電話に移行して
その電話番号をまたアナログ回線に戻す手続きのことです。

ホワイト光電話のように最初から光回線で使うIP電話でもらった電話番号は
アナログ回線で使えないのでアナログ戻しが出来ません。

この場合は光コラボの乗り換えで電話番号が変わってしまうので注意しましょう。

ソフトバンク光からドコモ光で事業者変更が使えなかった時の乗り換え手順

事業者変更が始まるまではどんな手順で光コラボ同士の乗り換えをしていたのか。
そちらも確認をしてみましょう。

事業者変更が始まる以前の乗り換え方法を知っていると、現在の光コラボ同士の
乗り換えが事業者変更でどれほど簡単になったのかがよくわかります。

簡単に言えば光回線の交換が必要だったわけですが。
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合で確認します。

ドコモ光に新規加入申込みをする

手順としては何種類かあるのですが、多くおすすめされていたのは最初に
乗り換え先の光コラボに新規加入申込みをする手順です。

新規加入申し込みをして回線設置工事の予定を立ててから、それに合わせて
乗り換えの手続きをしていくという方法です。

つまり申込みと一緒に回線設置工事の予約もします。
工事場所の下見などもあり2週間から4週間くらいで工事予約日が決まります。

ソフトバンク光に解約の連絡をする

回線工事の予約日が決まったら現在契約している光コラボ業者、今回なら
ソフトバンク光に解約の連絡をします。

解約する場合はいつまで契約を続けるか、解約予定日を決めることになります。
この解約予定日を先ほど決まった回線工事の予約日にします。

これで回線の撤去工事と設置工事を1日にまとめることができます。

回線工事の立ち会いをする

工事日程の調整が上手く行けば1日、まとまらなかった場合は2日の回線工事に
立ち会うことになります。

光回線の工事は室内工事が必要になることも多いので、立ち会いが必要という
ことも多くなります。

集合住宅の場合、回線分配方式によっては室内工事がないので立ち会い不要
ということもあるのですが。

一戸建ての場合にはほとんどの場合で立ち会いが必要になります。

レンタル器材の返却

回線工事が終わればインターネットへの接続はできます。
ただし乗り換えの手順としては最後にレンタル器材の返却という手続きがあります。

光回線の交換をしたことで以前の光回線で使っていた機材は使えなくなります。
自分で用意したWi-Fiルーターなどは大丈夫ですが。

この場合、ソフトバンク光から貸し出された機材は全て返却することになります。
返却期限を過ぎると違約金が発生するのでかなり注意が必要でした。

工事日程の調整と工事費用が大きな負担

回線設置工事は季節によって中々予約が取れないということもあります。
また土日に工事を頼むと追加料金が発生します。

それにこの場合、日程調整が上手にできないとインターネットを使えない期間や
2重回線というトラブルの発生があります。

工事までに時間がかかり、その予定がわかりにくいというのが調整をするために
とても大変でした。

しかも回線工事にはそれぞれ工事費用がかかります。
撤去費用が10,000円くらいで設置費用は光コラボ業者で変わります。

ドコモ光なら一戸建ての新規設置工事が18,000円かかります。
キャンペーンを使わないとこの工事費用の負担もかなり大きなものになりました。

ひかり電話の電話番号移行は必ずアナログ戻しが必要

もう1つ、ひかり電話の電話番号の移行はどんな状況でも必ずアナログ戻しを
申し込む必要があったのです。

事業者変更が始まる前は光回線の撤去と再設置になったので、一度ひかり電話の
サービスを解約することになりました。

ひかり電話を解約するとその時に使っていた電話番号は使えなくなります。
使えなくなる前にアナログ戻しでアナログ回線の電話番号に移行する必要がありました。

当然光発番の電話番号はアナログ戻しが出来ないので、ホワイト光電話だけではなく
光電話(N)やひかり電話で新規加入した時の電話番号も移行させることが出来ません。

ひかり電話に関してはかなり乗り換えのリスクが高いという印象でした。

事業者変更なら簡単な手順でユーザーの負担も少なくなる

以前の乗り換え方法を確認してから改めて事業者変更での手続きの手順を見てみると
かなり簡単にソフトバンク光からドコモ光など光コラボ同士の乗り換えが出来るようになっています。

確かに光コラボ業者やプロバイダからの確認や承諾の連絡は来るのですが
以前のように工事日程の調整などは必要なくなります。

後は事務手数料や事業者変更承諾番号の発行手数料など料金がかかるのですが
回線工事費用のような高額の料金発生がありません。

さらに事業者変更でも光コラボ業者の新規加入キャンペーンの対象になる場合も多く
お得な特典が利用できるという魅力もあります。

何よりひかり電話を使っている場合、電話番号が変わる可能性がないというのが
とても大きなメリットになります。

事業者変更が使える今なら光コラボ同士の乗り換えもおすすめしやすくなりました。
キャリアの変更と一緒にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えも考えることをおすすめします。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-事業者変更

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.