*

BIGLOBE

BIGLOBEで契約できるIPv6プラスとIPv6オプションの違いって何?

投稿日:

BIGLOBEのサービスv6プラスとIPv6オプションに違いはない

インターネットが遅いと思っている人、何とかして回線速度を回復したいという
ユーザーにとても注目されているのがIPv6を使ったサービスです。

対応プロバイダとしてBIGLOBEもサービスの提供をしていますが
そのサービス名前がちょっとわかりにくいという声も。

そこでBIGLOBEのサービスを見てみるとv6プラスというサービスの他に
IPv6オプションというサービスがあるのがわかりました。

でもこれって何が違うの?という疑問があると思います。
まあ確かにわかりにくいですよねえ・・・

はっきり言うとこの2つのサービスに大きな違いはありません。
ただ細かいところがちょっと違うのですが。

ではどこが違うのでしょうか?
どちらのサービスを契約して使えば良いのでしょうか?

色々な疑問があると思いますが、それを解説していきたいと思います。

現在加入するべきサービスはどっち?

大きな違いがないのならどっちに入ってもいいということでしょうか?
それともどちらかのサービスに入るほうが良いのでしょうか?

これは単純に答えが出せます。
今から加入するなら間違いなくIPv6オプションです。

その理由は、現在v6プラスは新規加入受付をしていないから。
まあ簡単に言うとv6プラスをIPv6オプションに変えてサービスを提供しているのです。

ということで現在、IPv6を使ったサービスを使おうと思ってBIGLOBEに加入したなら
間違いなくIPv6オプションに入ることになります。

選択の余地がないので迷うこともありません。
他にBIGLOBEで使えるサービスもないので胸を張っておすすめできます。

ただこの2つのサービスは単純に名前が変わったと言うだけではないのです。
それぞれのサービス内容の違いについても確認してみましょう。

v6プラスは他の会社の設備を使っていたサービス

現在は終了しているv6プラスでは通信設備の一部を他の会社のものを使っていました。
詳しく言うとIPv6通信を行うためのVNE施設が別の会社のものでした。

このVNEを使うことで従来のPPPoEとは違い、プロバイダの混雑が影響しない
インターネット通信が可能になるのですが・・・

ちょっと難しい話になるのでこれは後ほど。
それでBIGLOBEは新しくVNE事業者としてもサービスの開始を行います。

つまり新しく開始したIPv6オプションでは他社のVNEを使わずに自社の施設を使って
サービスを提供するようになります。

これに伴ってちょっとサービス内容も変わってきています。

IPv6オプションでは市販のルーターのサポートをしていない

自社施設を使うことになり、今までサポート対象になっていた市販のWi-Fiルーターが
サポート対象外になりました。

通常IPv6通信のサービスを使うためには回戦のオプションサービス加入と一緒に
対応機器の利用も必要です。

つまりインターネットモデムやWi-FiルーターもIPv6に対応している必要があります。
以前のサービスではルーターが市販のものでもサポート対象でした。

でも今回自社施設を使うに事になって、ルーターも自社で提供するひかり電話対応の
ルーターか、レンタルできるWi-Fiルーターのみになりました。

まあ「どっかで買ったルーターを使ってIPv6につながらなくても知らないよ」と
言われているようなものです。

ひかり電話に加入しているなら問題なくそのまま使えます。
サポート受けたいならBIGLOBEでルーターをレンタルする必要があります。

月額500円程度のコストがかかることになりますが、サポートを受けたいなら
借りるしかありません・・・

でも本当に他の市販ルーターはIPv6に接続できないのでしょうか?

市販のルーターでもIPv6通信ができる

BIGLOBEのサポート対象にはなっていなのですが、実は市販のルーターでも
問題なくIPv6通信をすることは出来るんです。

まあBIGLOBEが確認していないので自己責任で、ということになるのですが。
実際に市販のルーターで問題なく使えているユーザーもいました。

当然IPv6に対応していることも必要で、ルーターの設定など自分で行う必要があり
通信に弱い人にはおすすめできる方法ではありませんが。

それにIPv6通信はセキュリティもきちんと設定しないとこちらの情報が丸わかりになり
とても危ないことになってしまいます。

自分で設定するのが難しいと思ったら自動設定ができるルーターを使うか、素直に
BIGLOBEのサポートが受けられるレンタルを行いましょう。

なぜIPv6オプションは通信速度が速くなるのか

では後回しにしていた「なぜIPv6で通信すると速度が速くなるのか」について
ちょっと解説してみます。

現状インターネットに接続するためには必ずプロバイダを通しています。
つまりプロバイダが混雑していると回線速度が高くても通信速度がでないのです。

高速道路は普通、一般道よりも速い速度で走ることが出来ますが、渋滞していると
かなり遅いスピードで通行することになりますよね?

これと同じことがインターネット回線でも起きている、と思ってください。
これを解消するために別の通信回線を使っているのがIPv6という方式です。

混雑しているプロバイダの接続ポイントを使わずにVNEと言われる業者の
接続ポイントを使ってネット接続することで混雑を回避しているのです。

渋滞回避の方法がv6方式の通信

もう少し詳しく説明するとIPv6方式の通信には2種類があり、プロバイダがVNE業者と
契約をして混雑する回線を使わずにネット接続させる方法。

もう一つが今までの通信網をスルーさせてインターネットの接続する方法です。
トンネルを作って渋滞している地域を回避する、という感じでしょうか。

まあもう一つあって、こちらはあまり速度の改善が見込めない方法なのですが・・・
これらの通信方法についても後でもう少し詳しく話したいと思います。

IPv6接続をすることでネットゲームができなくなる?

一つ心配なことが、色々なところで説明されているIPv6にするとネットゲームが
できなくなる可能性があるということです。

正しくは一部のネットゲームなどのサービス、つまりネットゲームに限らずに
インターネットに接続できなくなる可能性がある、ということです。

理由は独自のポートを使ってインターネット接続するサービスが使えない場合も
出来るからです。

固定IPアドレスを使って行うサービスの場合、IPv6にすることでIPアドレスが
変わってしまうから使えなくなる可能性があるのです。

ただネットゲームに関しては大手のゲームの場合、サービスの提供をしている会社が
対応してくれることも多いです。

つまり現在も続いている人気ゲームなら、そのゲームを提供している企業が
IPv6に対応してくれるので問題ありません。

でも自分でサーバーを開設している、という場合は設定を最初からやり直しになる
という可能性も高いです。

昔v6プラスに加入した人はどうなっている?

現在契約できるIPv6オプションとv6プラスの違いは説明しましたが、以前にv6プラスに
加入している人はどうなっているのでしょうか?

現在提供されているIPv6オプションに自動的に変更されているのでしょうか?
これも調べてみたところ、以前契約した人はそのままの契約内容でした。

つまり現在でもBIGLOBE以外のVNEを使ってネット接続をしている状態です。
市販のルーターもサポート対象のままとなっているようです。

勝手にサービス内容の切り替えをされていない、というのは安心ですが切り替えをしたい
という場合は新たに申し込みが必要になります。

IPv6オプションに申し込むのは簡単?

実際にIPv6オプションを使おうと思った時に申し込みをするのは難しいのでしょうか。
BIGLOBEからなら手軽に申し込みをする事が出来ます。

ただ対応している回線は当然ですが決まっています。
それに対応している機器を持っていなければ使うことが出来ません。

それらの確認も含めてBIGLOBE光に加入しているととても便利かと。
まあ普通のプロバイダ契約でもNTTへの申し込み代行などはやってくれるはずです。

基本的にプロバイダのIPv6オプションとフレッツ光のv6プラスは違うサービスで
以前は別々の申し込みが必要でした。

ただ現在では対応しているプロバイダがほとんど代行してくれます。
問題はユーザーが対応機器を持っているか?ということだけです。

自分の持っている機器の確認はしっかりと行っておきましょう。

すぐにでもIPv6オプションに乗り換えたほうが良い?

現状インターネット回線の遅さにとても困っている、という状況ならIPv6オプションに
申し込みをしてみるのも解決方法になると思います。

特にBIGLOBEユーザーなら自社の設備を使ってのIPv6接続なので混雑はほとんど無く
かなり通信速度が上る可能性が高いです。

ただし全部のインターネット接続が快適になるわけではありません。
場合によっては今までとほとんど変わらないという可能性も。

その理由はIPv6は対応しているサイトだけが通信速度の恩恵を受けられるから。
つまりIPv6に対応していなければ従来の通信方法での接続なのです。

ちょっと例を上げて解説してみましょう。

対応している動画配信サイトの場合

現在IPv6に対応しているYoutubeの場合、今までは混雑しているときには動画を
見るためにバッファの時間がかかっていたと思います。

色々な動画を切り替えて楽しみたい、という時にはそのタイムラグがとても気になり
集中できないという場合も多かったと思います。

でもIPv6オプションを使えば混雑している時間帯でもサクサクと動画の再生が出来る
ということが期待できます。

そしてIPv6に対応していない動画配信サイトはたとえBIGLOBEでIPv6オプションに
加入したとしても今までどおりの通信速度のままです。

BIGLOBEのサービスを変えても全てのサービスが高速で楽しめる、ということではなく
対応しているサイトのみ高速になるのです。

現在利用されているIPv6の通信方式は3種類

では現在利用できるIPv6方式の通信方法について、もう少し詳しく説明します。
実は今まで通信が速くなる、と言っていますが早くならない可能性も。

高速道路で例えをしましたが、現状高速道路につながる料金所で渋滞が起きているのが
インターネット回線の世界です。

この料金所を通らずに別の入口を作って提供しているのがVNE業者、ネイティブ業者と
言われる接続業者です。

ここにIPv6という新しい方法の、今までにない通信方法で接続するのが
IPv6 IPoEという接続方法です。

ただしこれではIPv6に対応していないサイトは高速通信での接続ができません。
そこで今までの回線方式と同じ通信をIPv6でも行ってみました。

それがIPv6 PPPoEという接続方法です。
ぶっちゃけこれは今までの通信と同じなのでIPv6の意味がありません。

そして今までのIPv4もIPv6方式の通信をしてしまおう、という接続方法が
IPv4 over IPv6という接続方法です。

ではこのIPv4 over IPv6という接続方法を更に詳しく調べてみましょう。

従来の通信もIPv6で通信出来るようにした接続方法

簡単に言うとIPv4の通信もIPv6のフリをさせてVNEを使って通信してしまう。
つまりIPv4にしか対応していないサイトでも高速通信ができる様になる。

PPPoEで行う通信は利用する通信網の問題で下り最速200Mbpsが最高速度です。
でもIPoEなら下り最速1Gbpsまで出すことができます。

この接続方法で従来のIPv4も使えるようにすれば対応していないサイトでも
通信速度が上る可能性は高いのです。

つまり現状でIPv6の契約をするならIPv4 over IPv6の接続方法を行っている
サービスを選べばいいというわけです。

BIGLOBEで提供しているIPv6はどんな接続方式?

ではBIGLOBEではどんな方法のIPv6を提供しているのでしょうか。
以前はJPNEというVNEを使っていたのでv6プラスの提供でした。

このv6プラスはIPv4 over IPv6の方式だったので以前に契約した方も通信速度の
向上は実感できていると思います。

では新しく自社で設備を設置している新しいBIGLOBEではどうなのでしょうか?
こちらもIPv4 over IPv6に対応している通信方法です。

当然フレッツ光コラボモデルのBIGLOBE光でもIPv6での通信ができる様になっています。
通信速度の改善に期待するならBIGLOBEはおすすめできると思います。

ネット回線の乗り換えで解決できる課題は意外と多い


今使っているネット回線に不満をもっている人は結構多いです。

私の周りにもマンションのネットが遅い、月額費用が高く家計に響いている、などの声をよく聞きます。

でも光回線の場合に限って言えば、速度が遅い、月額が高いなどの問題は、ネット回線の乗り換えや転用(光コラボ)で解決できると思ってます。

逆にモバイルルーターの場合はWIMAXは電波が繋がりにくい場合もありますし、値段もちょっと高めです。
スマホの20ギガプランは高いし、安いモバイルルーターは速度が遅い、などすべての要望を満足させるのは
かなり難しいです。
※価格、速度、通信量、などどれかを我慢しないと選べなくなります。

でも光回線の場合は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、といった
携帯キャリアごとに毎月のスマホ料金から割引がある光回線があります。


現在フレッツ光を引いているひとは「転用」で、
フレッツ光以外の回線を引いている人は「乗り換え」で、
安さと速さを両立できる可能性が非常に高いのです。


じゃあ、さっそく乗り換えるために、ドコモショップに行こうと思った人は注意が必要です。

ドコモショップなどの各携帯キャリアのショップで光を契約しようとした場合は
ちょっともったいないです。

あと携帯キャリアの公式サイトから光回線を申し込んだ場合も同じです。

というのは、ドコモ、ソフトバンク、auの光回線はいろいろとな代理店を通しても
販売しているからです。
代理店は大量に光回線を売っているので(正確には取次)、販売手数料を潤沢にもらっています。

特に成績の良い代理店は他の代理店よりもたくさん販売手数料をもらっているので
その分、申し込んだ人にキャッシュバックや値引きなどのキャンペーンを打ちやすいのです。


公式サイトでももちろんキャンペーンはありますが、このような代理店だと公式サイトのキャンペーン+独自のキャンペーン、があるので2倍お得に契約できるのです。

もちろん悪徳代理店もいます。
キャッシュバックと言っておいて、「○○オプションを契約しないとその金額はキャッシュバック対象とならない」といったケースもあります。
後出しジャンケンのようなひどさですね。。

あとipv6対応していないプロバイダもだめですね。


V6プラスやIPv6対応など呼び方は各プロバイダで違ったりしますが、簡単にいうと速度をより、高速化するために技術です。

今はほとんどなくなってきましたが、予算の関係でV6対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

「優良代理店」「V6プラス対応のプロバイダ」を各キャリアごとに紹介

ところでドコモ光の契約数が500万件を突破したのをご存知ですか?

毎年ドンドン光回線を契約している人が伸びているのは、宣伝しているというのも
あると思いますが、やっぱり、スマホ料金が安くなる、という理由が一番多いのではないでしょうか。

光回線のセット割で安く、速いネット回線に乗り換えるのがトレンドになりつつあります。

最後にキャッシュバックが早めにもらえて有料オプションがない「優良代理店」で「V6プラス対応のプロバイダ(高速化)」が申し込めるサイトを下記に紹介しておきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

↓↓スマホがドコモの人はドコモ光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがソフトバンクの人はソフトバンク光で、高速化&安さを両立できます。






↓↓スマホがauの人はauひかりで、高速化&安さを両立できます。













-BIGLOBE

Copyright© 光回線の乗り換えでおすすめは高額キャッシュバック? , 2019 All Rights Reserved.